https://oceans.tokyo.jp/watch/2018-0703-2/

エルメス、タグ・ホイヤーetc……意外な変貌にドキッ!とする名作時計の現在進行形

このエントリーをはてなブックマークに追加

名作と呼ばれる時計は数多くある。その中でもハリウッドの銀幕スターをも魅了するような美しいデザインの名作時計は、今なお進化を遂げる現在進行形モデルなのだ。その有名すぎるアイツの変貌にドキッ!

HERMÈS
エルメス/ケープコッド
歴代のデザイナーたちを本気にさせた美しきスタイル

SSケース、縦29×横29mm、クオーツ。36万8000円/エルメスジャポン 03-3569-3300 ©Calitho

名作時計の誕生には、反骨心ともいえる作り手の情熱が欠かせない。1991年にデザイナーのアンリ・ドリニーが手掛けたケープコッドこそ、その証左だ。

正方形の時計を作ってほしいという当時の社長に対し、ドリニーが提案したのはエルメスのジュエリー「シェーヌ・ダンクル」から着想を得たデザイン。そして「文字盤は正方形だろ」と、とぼけたのだった。

逸話は終わらない。’98年にはマルタン・マルジェラがこれに着目。基本スタイルをいっさい変えることなく、独創的なドゥブルトゥールストラップを考案し、自身のクリエーションに昇華したのだ。

新作にもその伝統は息づき、幾何学模様を纏った文字盤がその美しい魅力を伝えている。


CARTIER
カルティエ/タンク サントレ
ハリウッドの銀幕スターも虜にした名作を復活

11月発売予定。世界100本限定。Ptケース、縦46.3×横23mm、手巻き。255万円[予価]/カルティエ 0120-301-757 ©Cartier

タンクは多くの派生モデルを持ち、そのいずれもがタイムレスな魅力を持つ。

それは基本の精神性を変えることなく、時代の感性を自在に受け入れ、アレンジし続けてきたからだ。ゆえにそのクリエイション自体がひとつの価値観となり、名作と讃えられるのだ。

タンク サントレは1921年に誕生。モデル名はフランス語でカーブを意味し、手首に沿うようなケースのシェイプから名付けられた。

心地良い装着感までも両立させた美しき魅力は時代を超越し、’80年代にはタンク アメリカンに受け継がれた。

そしてこの最新作は’29年に俳優、フレッド・アステアに販売されたアーカイブに着想を得たアラビア数字のインデックスが魅力だ。


MAURICE LACROIX
モーリス・ラクロア/アイコン オートマティック スケルトン
スケルトン文字盤の先駆けがさらに洗練

SSケース、45mm径、自動巻き。63万円[11月発売予定]/DKSHジャパン 03-5441-4515

現在のウォッチデザインのトレンドであるスケルトン文字盤は、凝ったムーブメントの仕上げに加え、デザインされたオープンワークが個性を演出する。

モーリス・ラクロアは、1993年にブランド初のスケルトン文字盤のカリプソ・スケルトンを発表した、この分野におけるパイオニアでもある。

自動巻きを初搭載したアイコンの新作では、その本領を発揮。

DLCコーティングを施したブラックのブリッジは、1時位置から同心円状に広がる特徴的なデザインに加え、サンドブラストとサテンの異なる仕上げで立体感を強調する。

存在感のあるベゼルとも調和し、スケルトンの美観をさらに洗練させるのだ。


TAG HEUER
タグ・ホイヤー/ホイヤー モナコ キャリバー11 ガルフ エディション
印象的なガルフストライプが復活

SSケース、縦39×横39mm、自動巻き。63万円/タグ・ホイヤー 03-5635-7054

世界初の自動巻きクロノグラフムーブメントを搭載したモナコは、斬新な角形ケースとも相まって名作の誉れも高い。

そして何よりもその名声を築いたのは、映画『栄光のル・マン』においてだろう。主演のスティーブ・マックイーンが腕に着用したシーンは今も鮮烈に記憶に残る。

そしてモナコとともに強く印象づけたのが、レーシングカーを彩ったブルーとオレンジのガルフストライプだ。

今年、タグ・ホイヤーはガルフ オイル インターナショナルとパートナーシップを締結して、改めてその絆を深めた。

記念モデルはモナコブルーとストライプが並び、華やかに文字盤を飾る。その腕元に“ル・マンの熱狂”が蘇ってくるだろう。


※本文中における素材の略称は以下のとおり。
SS=ステンレススチール、K18=18金、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、YG=イエローゴールド、Pt=プラチナ、Dia=ダイヤモンド

このエントリーをはてなブックマークに追加
スカルを笑わせたベル&ロスと時を戻したロンジンのクリエイティブ魂
2018.10.13
ティファニーの四角い時計がリニューアル! 425本限定で帰ってきた
2018.10.12 / NEWS
街というアウトドアに、キャンプなロエベとサーフなエルメスを
2018.10.12
レトロで華麗な名作腕時計が、腕元を彩る未来への羅針盤となる
2018.10.05
オーシャンズな男よ、100%ハワイを遊べ!
シンプルなアイテムにさりげない遊び心。大人ってそういうこと
2018.10.09
ギャルソンを堪能するためのストイックなシンプルスタイル
2018.10.06
タフで無骨。オールドスクールなヘリテージカジュアル
2018.10.03
青。色使いに長けたブランドの持ち味を楽しむ
2018.09.30
「旅」を感じる大人のバイカーズカジュアル
2018.09.28
ヴィンテージならではのシワ感とサイジングで”味”を味方に
2018.09.24
ゴキゲンな色とモノ選びで装うことを楽しむ!
2018.09.22
ナチュラルな色みでモスト・ユルユル・ジャケットスタイル
2018.09.20
手首と足首を見せれば、クリーンな装いでも……
2018.09.18
テイストの異なるアイテムを思いきってマッチアップ
2018.09.16
白シャツでチルがサマになる、モノ選びと小さなテクニック
2018.09.14
ほっこりニットで”ゆるカジ”は簡単に手に入る !?
2018.09.12