https://oceans.tokyo.jp/watch/2018-0416-2/

カルティエもエルメスも。ジュエリー化が進む高級時計の最前線

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年1月にジュネーブで開催されたSIHH(国際高級時計見本市)。そこで発表された新作の数々から、今シーズンの傾向や注目すべきポイントが見えてきた。

オーシャンズでは、気になったキーワードをもとにオススメの一本を7回にわたって紹介。

今回は、ブレスレットやストラップも抜かりない、ジュエリーのような優雅さや気品を感じさせるスペシャルな5本を取り上げる。


新機軸のブレスレットが名作ウォッチの新境地を開く

CARTIER
カルティエ/サントス ドゥ カルティエ LM

SSケース、縦39.8×横47.5mm、自動巻き。74万円[予価]/カルティエ 0120-301-757 © Cartier

1904年に登場した世界初の本格メンズリストウォッチの魅力が、さらに輝きを増した。

Eric Sauvage © Cartier

美しいケースフォルムを崩すことなくベゼルからブレスレットへのラインをつなげ、全体の一体感を強調。ブレスレットはインターチェンジャブルかつ、工具なしで手軽にコマを調整できるのもうれしい。


シルバージュエリー本来のエレガンスが甦るミラネーゼブレスレット

HERMÈS
エルメス/ケープコッド

SSケース、縦29×横29mm、クオーツ。40万7000円/エルメスジャポン 03-3569-3300 © Calitho

エルメスのシルバージュエリー「シェーヌ・ダンクル」をモチーフにしたケースにミラネーゼブレスレットを組み合わせ、ラグフレームからワイヤーワークへと連なるデザインが一体感を醸し出す。ブレスレットの滑らかな動きだけでなく、着け心地もエレガントだ。


高いデザイン性とフィット感をもたらすラバーのあしらい

F.P.JOURNE
F.P.ジュルヌ/クロノグラフ・モノプッシャー ラトラパンテ

K18ローズゴールドケース、44mm径、手巻き。1272万円/F.P.ジュルヌ東京ブティック 03-5468-0931

コンビカラーのブレスレットは、ヴィンテージカーのバンパーの緩衝ラバーに着想を得て、コマ間にショックアブソーバーとなるラバーを纏う。2時位置のプッシュでクロノグラフのスタート/ストップ/リセットを、4時位置のプッシュでスプリットセコンドが作動。


マッターホルンの雪壁への憧れをストラップに込める

HUBLOT
ウブロ/ビッグ・バン ウニコ アルプス フロステッドカーボン

フロステッドカーボンケース、45mm径、自動巻き。267万円/ウブロ 03-3263-9566

ケース素材に採用したのは、氷の結晶やマッターホルンの岩石を思わせる小片をちりばめたカーボン。そんな世界観をより深く演出するのが、暖かく柔らかなシープのシアリングウールとシープスキンのカドリーカフを組み合わせた存在感抜群のストラップ。交換もワンクリックで容易だ。世界限定100本。


全体の調和にひと役買うブレスレットを新たに採用

RALPH LAUREN
ラルフ ローレン/RL オートモーティブ 45㎜ スケルトン スティール

SSケース、44.8mm径、手巻き。344万円/ラルフ ローレン 表参道 03-6438-5800

ラルフ・ローレン氏が所有する1938年型ブガッティの世界観を注ぐコレクションのなかでも、手巻きの名作ムーブメントを搭載する人気シリーズ。新採用のブレスレットはウッドベゼルと美しく調和し、スケルトンダイヤルとも相性が良い。

付属のレザーストラップと付け替えれば、よりヴィンテージ感が増す。


決して顔だけじゃない、細部に至る徹底したエレガンスへの追求が生んだ名品の数々。これを見れば、腕時計は時を告げる道具でもあるが、手元に華を添える装飾品でもあることを再認識する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
1000万円超の価値は確かにある! 最新技術が詰まった雲上級のカラクリ時計
2018.05.01
トクベツな満足感をもたらす、歴史ある名作時計の周年復刻系
2018.04.20
痛快な遊びゴコロにニンマリ。 2018年のベストウォッチはコレ!
2018.04.13
男は背中で……じゃなく、手元で男らしさを語れる時計ベスト9
2018.04.21
質と薄さの両立に感動! 控えめながら異彩を放つ名門の新作時計たち
2018.04.15
定番色、派手色、挿し色など、シンプルで大人っぽく装う男たちの色使いのコツ
清潔感が漂う男の理由はネイビー、もうひとつは……
2018.12.18
ストリートな装いがミルキーホワイトでマイルドに
2018.12.15
海っぽさと、陽気なイエローでチルなムードを纏う
2018.12.12
キャメルで際立つ、優しい装いと父親像!?
2018.12.09
日焼けしたブラウンレザーに見いだすタフなムード
2018.12.06
デニムブルーはやはり男らしさのエッセンスである
2018.12.04
大人の貫禄とモスグリーンの親和性に大いに納得
2018.12.02
表情豊かに黒を着たいから シルエットを工夫する
2018.11.29
爽快な細身ブリーチが、年相応にはけるヒミツが知りたいか?
2018.11.24
オールタイムベストな軍モノ×デニムを新鮮に
2018.11.21
バイカー風に楽しむなら 色使いの工夫をお忘れなく
2018.11.17
エレガントなアウターに力を添える黒の魅力
2018.11.14