僕らの好きな街で着るアウトドア Vol.69
2018.01.21
WATCH

約100人の女性に聞いてわかった、オトコに着けてほしい時計とは?

オトコにとって時計選びは、その個性が滲み出るもの。とはいえ、長年自分の主観だけで選んでいると、ちょっと独りよがりになっているかも。たまにはパートナーの意見も参考にしたいところである。

ということで、約100人の女性にアンケートを取り、オトコと時計の関係について緊急リサーチ。そこから見えてきた、オトコと時計の“いい関係”とは?

 

Question:
男性を見たとき、顔の次につい目がいくのは?

Answer:
“手”は口ほどにモノを言う!

当然、服や髪型でしょう。と思いきや、グラフのとおり意外にも時計という回答が最多。「スタイリッシュな時計を着けている男性は、それだけでお洒落な人だなと思う」(A・Sさん)「手や指先がきれいな人は清潔感があって目がいきます。その際に一緒に視界に入る時計も、男性の印象を左右しますね」(N・Nさん)とのこと。

ほかにこんな意見も……


野口志穂さん

時計ももちろん大事ですが、
髪型に清潔感がある人は好感度が上がりますね。

 

久保貴和子さん

時計に気を使う人はマメそうだし、
自分に自信がありそうで素敵だと思います!

 

男性の時計へのこだわり、しっかり女性にも伝わっているようです。時計以外にも「指輪を見てしまう」との意見も多く、世の女性は男性の“手”に注目することが多い模様ですね。

ちなみに、「時計に目がいく瞬間って?」に対する自由回答を集計した結果……。

1位:車のバックミラーを直すとき 19人
2位:ネクタイや襟を直すとき 11人
3位:時計を外すとき(着けるとき) 10人
4位:手をつなぐとき 6人
5位:レストランなどのテーブル席で向かい合ったとき 3人

車内でのさりげない行動が1位に。そのほか、さりげない瞬間が挙げられた。共通するのは、「見せようとしていないときこそ目がいく」(F・Hさん)こと。見せつけるような仕草は逆効果ってことですね。

 

Question2:
“あっ、素敵!”と感じる時計の着け方って?

Answer1:
TPOを考えたオトナな選択

いい年したオトナである我々OC世代は、ある程度TPOや気分に合わせた時計選びができるとスマートらしい。「シーンや季節に応じて、タイプの違う時計をしてほしい」(Y・Nさん)そうだ。要するに、使い分けが大事ってこと。

例えば、平日はシンプルな3針タイプでも、休日にはダイバーズを着けるような。また、「夫はひとつの時計を大事にしていますが、休日と平日でベルトを変えて楽しんでいます」(J・Iさん)という上級者も。

 

Answer2:
ラフ&ドレスのギャップ

「お洒落な男性は、ファッションの足し引きを心得ているイメージ。服と時計はちょっとギャップがあったほうが好きですね」(U・Yさん)。やはり出てきたキラーワード、“ギャップ”。え〜っと、具体的には?

「Tシャツとデニムのラフなコーディネイトなのに、腕元にはきれいなドレスウォッチ」(Y・Bさん)だとか。肩肘張らない普段の装いにこそ、きちんとした時計を。そうすることで自然とギャップが生まれ、それだけで3割増しに見えるらしい。

 

Answer3:
オトコらしくタフに、シンプルに

タフな印象の時計をシンプルに着けこなすのも、女性からは高評価を得ている。「スポーツウォッチやミリタリーウォッチなど、ゴツめの時計が似合うのは男性の特権って感じがします。

筋張った前腕とボリュームのある時計を見ているだけで、頼り甲斐も感じます」(K・Aさん)。カーボンやチタンといった特殊素材を使った時計も人気。でも、タフな時計を手に入れるより、引き締まったいいカラダを手に入れるほうがタイヘンかも!?

 

Answer4:
隠しきれない少年ゴコロ

「結婚式の二次会で、ジャケットにサーフウォッチを合わせた男性がいて。遊び心があって素敵だなと感じました」(M・Nさん)。ここでいう遊び心とは、つまり少年ぽさのこと。

趣味を感じられる時計を着けている男性は「自分の“好き”を持っている」(K・Tさん)という印象に結びつく。それって、TPOの話と矛盾しない? なんていうツッコミは野暮。男性の時計の好みが千差万別のように、女性の目線も多種多様なのだ。

 

こんな意見も……

小原千佳さん

やりすぎないのがいい。服はシンプルだけどそのうえで、時計などの小物にこだわる人にキュンとします。

 

 

 

Question3:男性に着けてほしい時計のブランドは?

Answer:
1位: IWC  23人
2位:ジャガー・ルクルト 18人
3位:パネライ 16人
4位:オメガ 11人
5位:タグ・ホイヤー 8人
次点:ウブロ、カルティエ、ブライトリング、ゼニス、エルメス、Gショック

あのブランドのイメージは理想の男性像と同じ!

今回のアンケートでは、「大人っぽくて上品」「仕事ができそう」「知性を感じる」と称賛されたIWCが好感度ナンバー1の座に輝いた。質実剛健、そのうえで清潔感があるといった具合いで、「IWCのブランドイメージは、そのまま理想の男性像ともいえます」(K・Uさん)といった意見も。

そのほかランキング圏内には、ジャガー・ルクルトやパネライなど、男性からも人気の高い有名ブランドがずらっと名を連ねたが、その一方で、本誌のスナップでも着用者多数の大定番、ロレックスがベスト10から漏れたのには驚きを隠せませんね。

そして上位3ブランドにおける“推しモデル”はこちら!

[左]1位 IWC ポルギーゼ・クロノグラフ [中]2位 ジャガー・ルクルト レベルソ・クラシック [右]3位 パネライ ルミノール マリーナ

 

 

今回のアンケート結果はいかがでしたか?
「余計なお世話だ!」なんて思わず、たまには女性のこんな素直な声に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

# 女性目線# 腕時計
更に読み込む