https://oceans.tokyo.jp/watch/2017-1206-2/

唯一無二の“ダイヤ”入り腕時計は、歳を重ねるほど欲しくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加

地球上の天然物で最も硬いダイヤモンド。それには、永遠の価値があるともいわれる。だからこそ時を刻み続ける時計と相性がいいのだろうか。そして、男は年を重ねるほどに、ダイヤモンドの輝きに相応しくなっていくのだ。


これぞキング・オブ・ダイヤモンドの風格

HARRY WINSTON
ハリー・ウィンストン/HW オーシャン・バイレトログラードオートマティック 42㎜

K18WGケース、42㎜径、自動巻き。885万円/ハリー・ウィンストン 0120-346-376

オフセンターダイヤルとレトログラード表示という、ブランドを象徴する意匠と機構を備える。スポーティかつメカニカルな魅力に、計367石、約4.5カラットのラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンドを贅沢にセッティングし、男のジュエリーウォッチを提案。まさにキング・オブ・ダイヤモンドの称号に相応しい。


品格のデザインにダンディズムが宿る

ROLEX
ロレックス/チェリーニ タイム

K18WGケース、39㎜径、自動巻き。219万円/日本ロレックス  03-3216-5671

ロレックスというとプロフェッショナルモデルに目がいきがちだが、こうしたドレスタイプも華やかなダンディズムを醸す。ベゼルにダイヤモンドを配し、気品あるラグジュアリーをさりげなく演出する。


気骨ある男のためのオールブラック

OSSO ITALY
オッソ イタリィ/ヴィゴローソ ルチェンテ

SS(ブラックPVD加工)ケース、46㎜径、自動巻き。90万円/オッソ ジャパン 03-6427-8786

ブランド名のオッソはイタリア語で“骨”を意味し、気骨ある人物像をイメージする。ボリューム感のあるケースに3Dインデックスを採用し、ベゼルのブラックダイヤモンドはオールブラックの時計を飾り立てる。


舞い落ちる雪を思わせる大小のダイヤモンド

RALPH LAUREN
ラルフ ローレン/RL888 コレクション

SSケース、38㎜径、クオーツ。69万円/ラルフ ローレン 表参道 03-6438-5800

シンプルなラウンドケースながら、アラビア&ローマ数字を組み合わてアールデコ調に配したユニークダイヤルが個性を主張。ベゼルを飾るダイヤモンドは大小をちりばめ、ひらひらと舞い落ちる雪片の繊細な美しさを喚起させる。


傷ついた男を癒やすダイヤモンドのきらめき

SEIKO GALANTE
セイコー ガランテ/スプリングドライブ SBLA105

SSケース、44.9㎜径、スプリングドライブ。100万円/セイコーウオッチ 0120-061-012

国産ブランドでは珍しい、艶やかな世界観を表現するセイコー ガランテ。ケースとベゼル、文字盤や風防を使って荒々しい傷を緻密に表現した。この大胆なデザインを、3カ所の円柱と文字盤の12時位置に添えたダイヤモンドが優雅にまとめる。数量限定50本。


海の気配を感じるブラウンM.O.P.

CARL F. BUCHERER
カール F. ブヘラ/マネロ ペリフェラル

SSケース、40.6㎜径、自動巻き。120万円[予価]/ブヘラジャパン 03-6226-4650

ベルベットブラウンで彩られたマザー・オブ・パールの文字盤は、シックななかにも海の気配を感じさせる。それを美しく飾るのが、周囲を取り巻くダイヤモンド。SSならではのマッシブな硬質感は男らしさを引き立てる。自社キャリバーを搭載しながらも価格は控えめ。


スポーティなブルーをラグジュアリーに

LONGINES
ロンジン/ロンジン マスターコレクション

SSケース、40㎜径、自動巻き。28万2000円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7351

2005年に登場したマスターコレクションはタイムレスなクラシックスタイルで支持を得る。文字盤とストラップにブルーを採用してスポーティな躍動感を演出する一方で、ダイヤモンドインデックスがエレガンスを湛えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スカルを笑わせたベル&ロスと時を戻したロンジンのクリエイティブ魂
2018.10.13
ティファニーの四角い時計がリニューアル! 425本限定で帰ってきた
2018.10.12 / NEWS
レトロで華麗な名作腕時計が、腕元を彩る未来への羅針盤となる
2018.10.05
未来を見る男の名刺代わりとなる、“古きをたずね、新しきを知る”時計
2018.10.03
シンプルなアイテムにさりげない遊び心。大人ってそういうこと
2018.10.09
ギャルソンを堪能するためのストイックなシンプルスタイル
2018.10.06
タフで無骨。オールドスクールなヘリテージカジュアル
2018.10.03
青。色使いに長けたブランドの持ち味を楽しむ
2018.09.30
「旅」を感じる大人のバイカーズカジュアル
2018.09.28
ヴィンテージならではのシワ感とサイジングで”味”を味方に
2018.09.24
ゴキゲンな色とモノ選びで装うことを楽しむ!
2018.09.22
ナチュラルな色みでモスト・ユルユル・ジャケットスタイル
2018.09.20
手首と足首を見せれば、クリーンな装いでも……
2018.09.18
テイストの異なるアイテムを思いきってマッチアップ
2018.09.16
白シャツでチルがサマになる、モノ選びと小さなテクニック
2018.09.14
ほっこりニットで”ゆるカジ”は簡単に手に入る !?
2018.09.12