2021.07.17
NEWS

どれも一緒……じゃない!同じに見える8種のビール専用グラス、その巧妙な仕掛け

向暑の候、上がりゆく気温に比例して、ビールも旨くなっていく今日この頃。

ただでさえ旬真っ只中のビールが、さらに1段も2段も格上げされるグラスが手元にあったなら……幸福度のサーモメーターはもはや青天井でアゲアゲ(死語)である。

“サンサ”シリーズは、タンブラータイプは180ccから480ccまで5種(写真左)、ボウルタイプは370ccから550ccまで3種(写真右)の展開。木村硝子店 www.kimuraglass.co.jp

さて、ここにズラっと並ぶのは、“ビールが美味しくなる!”と評判のビール専用グラス“サンサ(sansa)”シリーズだ。

テーブルウェア界の名門・木村硝子店と、100種類ものビールを最適なグラスとともに楽しめる赤坂のビアバー、サンサの店主・橋本一彦氏がタッグを組んで開発したものである。

タンブラータイプ5種と、ボウルタイプ3種で展開され、それぞれサイズ違いで計8種がラインナップ。どれをどう使えばいいのかパッと見では判断しにくいが、各ビールとの相性を知れば、新たな世界が広がるのだとか。

薄玻璃(うすはり)ガラスでできた極薄グラスは飲み心地も抜群。木村硝子店 www.kimuraglass.co.jp

橋本さん曰く、「グラス選びは口径の大きさがポイント」だとか。

「口径が小さければ繊細でシャープな味わいが際立ち、大きければ柔らかさを堪能できます。ビールにのど越しの良さを求めるなら、タンブラータイプです。グラス底の丸みにより液体が暴れず、そのままのキレを味わうことができます」。

ほうほう。そんな理論があったとは。では、ボウルタイプは?

「より芳醇なテイストがお好みならボウルタイプがオススメです。タンブラーよりも液面が大きく、ガスは適度に少し抜け、温度も高くなりやすいため、味は優しい方へと向かっていきます」。

自分にとってのイットビアグラスが見つかれば、より自宅飲みが楽しくなりそうだ。木村硝子店  www.kimuraglass.co.jp

なるほど、のど越し派はタンブラー、芳醇さを感じたいならボウルタイプと。形のざっくりとした傾向はわかった。じゃあ、このサイズの違いにも何か深い意味があるのかしら?

もちろん、あるのだ。橋本さんのコメントとともに、一覧でまとめてみたゾ。

木村硝子店 www.kimuraglass.co.jp

1  サンサ473(480cc) 2530円
タンブラータイプの最大サイズ。「ホップの香りと苦味が特徴のアメリカンスタイルのペールエールと合います。口の中に流れ入る液量が多く、ビールをたくさん飲みたいという人に◎」
●好相性ビール:シエラネバダ ペールエール/よなよなペールエール

2  サンサ371(380cc) 2310円
「334ml小瓶や350ml缶をまるまる1本注ぐことができます。キンキンに冷やして一気に飲みたいビール向きですね」
●好相性ビール:サッポロ黒ラベル/キリンラガー

3 サンサ284(290cc)2090円
「昨今のビールは個性的な銘柄が増えていますが、350ml程度のものが主流です。1本飲むと最後が少し疲れてしまうという声もあるので、このサイズは、味わいがはっきりしたビールをほどよく楽しむのにジャストサイズ。残った分はシェアしましょう」
●好相性ビール:パンクIPA

4 サンサ223(230cc) 1980円
「勢いよく注ぎ、泡を立てることで香りが堪能できるベルギースタイルの華やかなビール(350ml)に最適です。このグラスで丁度2杯楽しめます」
●好相性ビール:常陸ネストホワイト/水曜日の猫/ヒューガルデンホワイト

5 サンサ171ドラフト(180cc) 1870円
シリーズのなかで最小サイズ。瓶ビールに合わせる、ひと口グラスのイメージだ。「口径が小さいグラスには、香りやアルコール度数の強いものがおすすめです」
●好相性のビール:エビス/プレミアムモルツ/ミスティックチェリー

木村硝子店 www.kimuraglass.co.jp

6 サンサ ボウル568UK(550cc) 3630円
サンサシリーズ最大のボリューム。「グラスに空間を残すように100ml程度注いでみて下さい。温度が高くなっても美味しい、アルコール濃度の強いビールをゆるゆると楽しめます」
●好相性ビール:シメイブルー

7 サンサ ボウル473US(450cc) 3300円
「タンブラーと違い、液体が線ではなく楕円の面で口に運ばれるため、モルトや麦の香ばしい味わいが感じられます。ロースト感のあるビールなんかとは特にぴったりです」
●好相性ビール:伽羅(コエド)

8 サンサ ボウル391 (370cc) 2860円
女性の手でもホールドしやすいサイズ。「350ml缶が1本注げます。時間の経過とともにぬるくなっても味わいが際立つアイルランドビールなどに向いています」
●好相性ビール:ギネスドライスタウト

ビールの個性と気分に合わせてグラスを使い分ければ、宅飲み時間がもっと豊かになりそう。ゆっくり自宅時間を満喫したい今、本当に必要なのはこんなアイテムかも?

 

[問い合わせ
木村硝子店
www.kimuraglass.co.jp

都川あんり=文

# サンサ# ビアグラス# 木村硝子店
更に読み込む
一覧を見る