2021.02.23
NEWS

約38万リットルを浄水できる凄腕ギア。災害時の飲み水はこれで確保しよう

「備え有れば患い無し」と言うように、何事も準備を整えておくに越したことはない。

東日本大震災から10年が経つ今、改めて災害時の備えを見直しておいてはいかがだろうか?

例えば“飲み水”。

もしも断水したらと考えると、ある程度の量を確保したい。しかし多量のペットボトルを備蓄しても、避難の際に持ち運ぶのが大変だ。

でも、このギアを備えておけば、もう心配はいらない。

「ソーヤー ミニ SP128」3960円/ソーヤープロダクツ(アンプラージュインターナショナル https://uneplage.co.jp

「ソーヤー ミニ」という超小型の浄水器である。パッと見凄そうには思えないが、小さなボディの中には高性能フィルターが搭載され、汚れた水を飲み水に変えることできるのだ。

実はコレ、キャンプや登山などのアウトドアフィールドで高い人気を誇るギアなのだが、防災グッズとして購入する人も多いという。

人気を集めるいちばんの理由は、使い方が超簡単だから。

まずソーヤー ミニの本体を、水の入ったペットボトルや付属のパウチの飲み口に装着する。あとは本体に口を付けて、そのまま水を飲むだけでOKだ。

水がフィルターを通る過程で素早くろ過されるので、口の中に届くまでにちゃんと飲み水になっている。また、本体に付属のストローを付けて吸えば水筒やコップの水を直接飲むことが可能だ。

ろ過した水はこのようにボトルなどに溜めておくこともできるので、家族の飲料水をまとめて確保したいときにも便利だ。

なぜ、こんなに簡単に水がろ過できるのか。その仕組みはこう。

本体の内部に0.1ミクロンの穴が無数に空いた、ホローファイバーメンブレーンという膜が内蔵されていて、水がこの穴を通ることでキレイにろ過される。

このろ過機能はかなりのもので、水中のバクテリアや微生物など、有害な病原菌を99.99999%除去することが可能なのだ。

ソーヤー ミニ本体、500mlパウチ、ストロー、洗浄用注射器がセットになっている。3960円/ソーヤープロダクツ(アンプラージュインターナショナル https://uneplage.co.jp

しかも驚くことに、これほど小さいボディなのにろ過できる水の総量は、38万Lにも及ぶ。浄水する過程で薬品は一切使っていないので、安心して飲めるのもうれしい。

全長は13.5cm、重さは55gと超軽量だから、防災バッグの中でも嵩張らないし持ち運ぶ負担も少ない。

ひとつ備えておくだけで、もしもの時に間違いなく頼れる存在となるハズだ。

 

[問い合わせ]
アンプラージュインターナショナル 
https://uneplage.co.jp

# アウトドアギア# ソーヤー ミニ# 浄水器# 防災グッズ
更に読み込む