2020.08.15
NEWS

夏の寝苦しさを解消する救世主。“鳥居”の下敷きになって空飛ぶような快眠を

「何だコレ?」「鳥居の下敷き?」と思ったそこのアナタ。

摩訶不思議な形をしたこの“物体”が、夏の寝苦しさを解決してくれる“救世主”となるかもしれない。

電動リクライニングベッドや体圧分散ベッドなど、収納ベッドのパイオニアとして数々の寝具を生み出してきたアテックス社による渾身の作。「空調寝具 快雲SOYO」2万2727円/アテックス 0120-486-505

名前はずばり「空調寝具 快雲SOYO」。その名のごとく空調機能を搭載し、雲の中にいるような快適さを感じられるれっきとした寝具だ。

特長は、寝具内に搭載したエアテクノロジーによって、体温の上昇を軽減してくれること。

夏になると、「暑くて深夜に起きてしまう」なんてことがよくあるが、これも体温の上昇が原因。快適な睡眠を実現するには、適切な体温を保つことが重要なのである。

仕組みは、寝具の足元に搭載されたファンによって、寝具内に風の流れを作り、体内にこもった熱を排出。適切な体温にすることで、快適な寝心地を体感できる。本体には、弾力性のある3Dエアファイバーや柔らかなポリエステル綿を、そしてファブリックには優れた通気性を備えたメッシュ生地を採用しているため、触り心地も抜群だ。

しかも、冬は電源を入れず、この寝具の上から布団をかければ、中に空気層が生まれて暖かく快適!というまさに一石二鳥の寝具なのだ。

内蔵されたファンは家庭用コンセントとモバイルバッテリーからでも起動でき、電源のない場所でも使用可能。ファンの強さは3段階で調整できる。

とはいえ、「そもそもなぜこの形なのか?」という疑問だが、実はこの奇妙な形は、さまざまな就寝スタイルを可能にするための機能的な形なのだ。

例えば、仰向けの体の上に寝具を乗せれば、掛け布団代わりとして使えるし、ストレートネックが気になる人は首枕にと、自分の寝方に合わせて自在にフィットさせることができるのだ。

そして、寝具の中にすっぽりハマったときの心地良さに病みつきになる人も多いという。

アテックス社が考えた就寝スタイルは11通り。自分好みの寝方を見つけてみるのも良さそうだ。

枕でもマットレスでもない不思議な寝具は、体温を適切に保ってくれるだけでなく、一人ひとりの就寝スタイルにも寄り添ってくれる。

この唯一無二の寝心地は、使って体感してみるべし。

 

[問い合わせ]
アテックスサービスセンター
0120-486-505

# 寝具
更に読み込む