NEWS Vol.499
2019.12.30
NEWS

キャンプやラン、スノボの安全確保に。軽くてタフで明るい高機能ライト

アウトドアは実際に遊びに出かけるときはもちろん面白いが、街でギアを物色するのも楽しみのひとつ。いろいろな状況をシミュレーションしながら「何を買おうかな?」と選んでいるときもワクワクする。

でもそれをやるのは、絶対にないと困るマストアイテムをゲットしてからにしよう。例えば、何かと後回しにされがちなヘッドライトなどだ。

「Magicshine」
「Magicshine MOH25」9240円/創翔 greenfunding.jp/lab/projects/3330

ヨーロッパやアメリカで人気の、タフで高機能ながら小型化を実現したヘッドライト「Magicshine」。電池を含めてもわずか72gの軽量コンパクトボディながら、500ルーメンの明るさで80m先まで照らすことができる。

「Magicshine」

白色LEDと赤色LEDを切り替えることができるうえ、フリッカー対策済みで光がチラつかないのもポイントが高い。

「Magicshine」

「Magicshine」

1.5mの落下試験をクリアしたタフさもなかなかのもので、不意な衝撃にも強い。また、IPX8の防水性能を誇り、水深2mの水中で30分ほど稼働する。海や川などの水辺でも気兼ねなくガンガン使用できる。

「Magicshine」

電源は充電池と乾電池のハイブリッド型。マイクロUSBでの充電も可能だ。ヘッドバンドに滑り止めが付いていたり、誤点灯を防ぐロック機能を搭載しているなど、細かいところまで気が利いている。

こいつがひとつあれば、キャンプはもちろん、登山、ナイトラン、ウィンタースポーツなどに大活躍。あらゆる環境での安全確保をサポートしてくれる。もしアクティビティに興味がなくても、防災のために常備しておくのは賢い選択といえるだろう。

 

[商品詳細]
Magicshine
GREEN FUNDINGプロジェクトページ
greenfunding.jp/lab/projects/3330

中山秀明=文

# Magicshine# アウトドア# ニュース# ヘッドライト
更に読み込む