「Tシャツは男の快楽だ」特集 Vol.76
2021.07.01
LIFE STYLE

“サーフィンと防災”を掛け合わせた未来型プロジェクト。その実態を中心人物に聞く

東日本大震災の被災地、宮城県亘理町で未来的な試みが動き出した。サーフィンなどのカルチャーと「防災」を掛け合わせ、新しい文化を発信する試み。

だが、どのように「掛け合わせる」のか?中心人物の2人に聞いた。

 

復興の手段としてのサーフィンとは?

新たな復興支援のカタチ。“サーフィンと防災”を掛け合わせた未来的プロジェクトとは

[左]ワンテーブル 社長 島田昌幸さん Age 38
北海道出身、宮城県仙台市在住。当時勤務していた会社のオフィスで被災。その翌日から支援活動を始めた。2016年、防災事業ベンチャー「ワンテーブル」を起業。7年かけて長期保存可能な防災備蓄ゼリー「ライフストック」を開発した。自身もスポーツ好きな一面を持つ。

[右]プロサーファー 湯川正人さん Age 29
東京都出身、神奈川県茅ヶ崎市育ち。17歳でISA U-18日本代表に選出。プロ資格取得後も試合には出場せずに波を追うフリーサーファーとして活動。プロサーファーを軸にファッションブランド「メイソン・メイズ」や、クリエイティブレーベル「GODPANIC」を手掛ける。

東日本大震災時、低平地が広がる宮城県仙台市では海岸から内陸へ約5kmを超えて津波は到達した。あれから10年が経ち、沿岸部もインフラが整備されてきた。

次なるステップはカルチャーの創出となる。そう考え、人々の心と生活を豊かにし、被災地ならではの知見を発信するため、動き出した地元企業がある。

それが5年長期保存可能な防災備蓄ゼリー「ライフストック」を手掛けるワンテーブル。同社は、サーフィンやスケートボードなどのカルチャーで地域を盛り上げながら防災意識を高めるWATARI TRIPLE「C」PROJECTをスタートさせた。

では、どのように各カルチャーと防災をつなげていくのか?そしてどのような地域づくりを目指すのか?総合プロデューサーでワンテーブル社長の島田昌幸さんと、同プロジェクトに参画するプロサーファーの湯川正人さんに聞いた。

——プロジェクトにサーフィンを取り入れた理由を教えてください。

島田 震災から10年が経って、防潮堤や道路などハード面は整備されました。ただ生活再建、仕事づくり、文化財の補修といったソフト面は遅れていて、ずっと心を育てていく必要性を感じていたんです。

特に沿岸部は津波という大きな災害があり、以来、海に入っていない地元の人たちも、生まれて一度も海に入ったことのない子供たちもたくさんいます。

ときに自然は猛威を振るい、人命を奪う場合がありますが、人は自然との調和のなかで生活していくべきではないかと思っていますし、だからサーフィンを通じて海に入っていいんだと思えるきっかけづくりをしたいと思いました。

津波による恐怖から完全には解放されなくても、もう一度海や自然とともにある暮らしを取り戻していく。そのような機会にできればと思っています。

——サーフィンと防災をどうつなげていくのでしょうか?

島田 防災を突き詰めて考えると、人と人のつながりが大事であるということに思い至りました。災害時には、顔と名前を一致させて覚えている人の多さが、結果として多くの命を救うことにつながる。

たとえば、車椅子で動けないおじいちゃんがあそこの家に住んでいると知っていることが大切で、つながりがあれば、助けられる命も多い。かといって防災訓練を繰り返すだけでは面白みに欠ける。

サーフィンやスケートボード、アートといったカルチャーがコミュニケーションツールになれば、楽しみながらつながっていける。そこで各界のオーソリティの協力が必要になりました。

——サーフィンでは湯川さんの力が必要になったわけですね。

湯川 今回はサーフィン部門のプロデュースを担当し、プロサーファーの練習しやすい環境づくりなどを手掛けていきます。サーフィン環境の面でいうと仙台エリアは常に波がある印象ですし、加えて海外で活躍するための語学、メンタルケア、身体のメンテナンス方法なども習得できる場にしていく予定です。

さらにWATARI TRIPLE「C」 PROJECTはスポーツ、音楽、食、アート、テクノロジー、ヘルスケアという6つの分野から構成され、各ジャンルでトップを目指す人が亘理町に集います。互いを刺激しあい、成長を促せる場所にしていけると思っています。

NEXT PAGE /

カルチャーを使ったWATARI TRIPLE「C」PROJECTとは?
JR仙台駅から30kmほど南下したところに位置する亘理町の沿岸部を拠点とする本プロジェクト。プロジェクト名にある3つのCは「カルチャー(Culture)」「耕す(Cultivate)」「挑戦(Challenge)」であり、この地から新しい才能、新しい文化を創出していくことを意味する。

拠点となる約30万㎡という広大なフィールドには防災センターを設置。防災インフラを土台に、サーフィンやスケートボードを含めたスポーツ、移動弱者を助けるモビリティなど人を支えるテクノロジー、高齢者の医療を支えるヘルスケア、音楽、アート、食という6分野のコンテンツを展開して、世界初の「防災カルチャー」作りを目指す。

——具体的なアイデアがあれば教えてください。

湯川 一例は、世界を目指すプロサーファーに来てもらい地元の子供たちとサーフィンしてもらう、というもの。触れ合い自体が貴重な体験になり、海という自然に触れられる機会にもなります。何よりサーフィンのように自然と直に触れ合うスポーツは意外と少ない。

そしてサーフィンにハマったら、「明日の波はどうだろう?」とか、未来の波や気象のことをずっと考えますよね。そのようなポジティブな思考の仕方、気持ちの持ち方も体験を通して獲得してもらえるといいなと思っています。

島田 まずはサーフィンやスケートボードで、「あそこに行けば自分の仲間がいる」と思えるチームを作りたいんです。そのチームには世界を目指す若きサーファーに所属してもらい、子供たちにサーフィンを教えてもらう。

そうすれば子供たちにとっては“サーフィンを教えてくれるお兄ちゃん”となり、大人たちにとっては街から生まれたヒーローとなる。一過性のイベントでは生まれない文化が生まれていくと思うんです。

湯川 第一歩としてオーディション企画を始めました。サーファー、スケーター、ミュージシャン、アーティスト、カメラマン、クリエイター、クラフトマン、プロジェクトマネジャーという8つの分野で世界を目指す若い人を対象にしています。

今は応募を締め切り、選考段階にあるのですが、選ばれた人たちには亘理町へ移住してもらい、共同生活を送りながら技術を磨き、子供向けスクールなどに携わることで本プロジェクトに参加してもらいます。地域に根付き、応援されながら、世界へ羽ばたいていく才能を亘理町から輩出したいと考え、生まれた企画です。

島田 やはりゼロから自分たちで作っていくことが、とても大切なんです。ここはまだ更地で、サーフボードを置くプレハブの建物だったりを自作しているのですが、そうしたプロセスは関わった人同士のつながりの純度を高めてくれます。

タイトなつながりを地域で生み出せたときには、「防災」という言葉を使わずとも、困ったときに助け合えるチームになっていると思うんです。

——島田さんはサッカー経験者ですが、今回は日本におけるメジャースポーツが入っていません。

島田 戦略的に1人で参加できる分野に絞りました。個人で参加でき、かつ参加するとチームというコミュニティに加われる。そうした個々人がつながることで生まれた結束力は防災の強さを生むと思います。

さらに今後は亘理町を起点に全国展開していこうとも考えています。各地にはカヌーの聖地があるだろうし、カヤックやフィッシングを楽しめる場所もある。各地域に見られる自然をフィールドとするアクティビティには多様性があり、自由に楽しむためにも1人で参加できることは重要なんです。

そして各地域が交流していければ、とても強い防災ネットワークができる。そのようにも考えています。

取材後、サーフィン部門には村上舜プロの参加が決定した。今後、日本を代表するトッププロサーファーは宮城県亘理町へ移住。しっかりと根を下ろし、世界を目指す一方で、島田さんや湯川さんらと被災地ならではの「防災カルチャー」づくりに参加していくことになる。

 

PEDRO GOMES、熊野淳司、高橋賢勇、清水健吾、鈴木泰之、柏田テツヲ=写真 菊池陽之介、諸見里 司、来田拓也=スタイリング 小山内 隆、高橋 淳、大関祐詞=編集・文 加瀬友重、菅 明美=文

# サーフィン# 東日本大震災# 防災
更に読み込む