「Tシャツは男の快楽だ」特集 Vol.55
2021.06.24
LIFE STYLE

未来の五輪候補選手・酒井仙太郎くんの父が語る“サーフィンと親子関係”

数々の大会で入賞し、注目を集めるトップジュニアサーファーの酒井仙太郎くん。父親の正太さんは、我が息子ながら本当に頼もしく育っていると話す。

聞けば、サーフィンを通して親子ともども人生における大切なことを学んでいるという。

 

湘南移住をきっかけに一家全員でサーフィン開始

未来の五輪候補選手・酒井仙太郎くんの父が語る“サーフィンと親子”の良き関係
[右]酒井正太さん Age  40 [左]仙太郎くん Age 14●2014年、神奈川県藤沢市へ引っ越したことをきっかけに家族全員でサーフィンを始めた酒井さん一家。程なくして仙太郎くんはコンペティションに開眼。近年、入賞常連のトップジュニアサーファーとして注目を集め、日本サーフィン連盟による「2021年サーフィン強化指定選手」のひとりに選ばれるなど、着々と実力を伸ばしている。正太さんは、仙太郎くんのサポートと自営の仕事の合間を縫ってはサーフィンを楽しむ。

今年中学校3年生になった酒井仙太郎くんは、日本サーフィン連盟による「2021年サーフィン強化指定選手」に選出されている期待のジュニアサーファー。未来の五輪出場候補選手として、多くのコンテストで活躍している。

大人顔負けのサーフィンをする子供の親は昔からのサーファーだったり、サーフィン業界の関係者であることが多い。しかしながら、酒井家は違う。

海のある暮らしに憧れて湘南に移住し、家族みんなで一緒にサーフィンを始めたのだ。父親の正太さんは移住のきっかけを次のように話す。

夕暮れ時、気持ちよさそうにボトムターンをする仙太郎くん。きれいなラインを描くサーフィンが持ち味のトップジュニアサーファーだ。

「以前は建設関係の会社に勤め、神奈川県の海老名にいました。生まれ故郷の山形へ帰ろうかと思っていたのですが、仕事の責任が大きくなってきたため、腹を決めて会社を作り自営業へ。永住するなら海の近くがいいと思い、湘南に決めました」。

山形にいた頃はスノーボードやスケートボードを楽しんでいた正太さん。当時から海、サーフィンへの憧れを強く抱いていたという。

酒井家が湘南に引っ越してから迎えた初めての夏。一家揃ってサーフショップの門を叩き、スクールを受けた。それからというもの、家族でサーフィンを楽しむ日々が始まった。なかでも仙太郎くんは海にのめり込み、好きだった鉄道の趣味などすっかり忘れてサーフィンに没頭している。

左から長女の胡晴ちゃん、母親の康子さん、愛犬のわらび、仙太郎くん、正太さん。週末には一家揃って海に行く。サーフィンのために平日の学校はサボらせないのが酒井家の鉄則。

酒井家のサーフィンはゼロからのスタート。親子で協力し、手探りで勉強を重ねたと正太さんは振り返る。

「テイクオフ、ボトムターン、カットバック、オフザリップ、エアーと段階的にサーフィン雑誌やネットで調べて勉強しました」。

ライディングの撮影は仙太郎くんの上達に欠かせない。あとから動画を見返し、海の中での自分のイメージやうまいサーファーの動きと照らし合わせてサーフィンを改善するという。

仙太郎くんはというと、「好きなサーファーのビデオをスローモーションで観てイメージする。技をかけている場所や体の使い方などに注目します。あとは父や母に撮ってもらった自分のサーフィンのビデオを見返し、ダメなところとかを見つけて次につなげる。自分ではうまく乗っていると思っても、映像で見るとイメージと全然違うんです」と、動画でテクニックを吸収。

自ら予習・復習の術を身に付ける我が子を見て、正太さんは頼もしく思った。また、独学で得た意見をふたりでぶつけ合いながら、日々サーフィンに磨きをかける関係が喜ばしいと言う。

仙太郎くんはサーフィンについて気付いたことや課題を事細かにノートに書き記している。内容はテクニックから食事にいたるまで多岐にわたる。「学校の宿題の提出もきちんと守る。そのあたりは親よりしっかりしています」と正太さん。

そのように我が子の成長を見るのは何よりの楽しみだが、ちょっと残念なこともあるという。

「息子がうまくなるにつれ、自分がサーフィンする時間が減りました。今ではバリバリのコンペティションサーファーだから、ポイント取りがうまい人ばかりが集まるところに入るので、僕はなかなか入れないんですよ。

『仙太郎の親父、邪魔だったぞ!』なんて言われるのは嫌なので(笑)。波が良ければビデオを撮ってあげたいですしね」と正太さん。

NEXT PAGE /

親子で波に乗りながら人生を切り開く術を学ぶ

2019年、WSL主催の「ビラボンスーパーキッズチャレンジ」グロメットクラスでビッグイベント初優勝。「ずっと欲しいと思ってたGショックが賞品だったから、とてもうれしかった」と喜びを語る。

仙太郎くんに将来の夢を聞くと、「CTサーファーになることです」とはっきり答えた。ワールドサーフリーグ(WSL)のチャンピオンシップツアー(CT)は世界最高峰のコンテストツアー。サーフィンのコンペティションシーンにおいては、CTの年間チャンピオンこそが世界一だ。

ツアーメンバーはわずか32名の狭き門。これまで日本人のサーファーでメンズのCTに入ったのは、カリフォルニアで生まれ育った五十嵐カノア以外にいない。

カリフォルニアでのひとコマ。ワールドツアー参戦を目指す仙太郎くんは幼くして海外で経験を積んでいる。今行きたい国は長いライトブレイクがあるメキシコ、南アフリカとのこと。

「現実的には波がある環境と英語が大事だと思っています。正直なところ、湘南だとあまり波が立たないので、どんどん海外に出てほしい」と話す正太さん。仙太郎くんは中学生ながら既に海外経験が豊富だ。

カリフォルニアやオーストラリアを旅したことがあり、夏休みや冬休みには、インドネシアのバリ島で行われる「サーフキャンプ」というサーフキッズを集めた長期合宿にひとりで参加している。

また普段から日本中の大会を転戦しているため、仙太郎くんは日本中、世界中に友達がいる。サーフィンの選手を終えても、人生は続く。気は早いが、サーフィンから得た経験や思想、そして仲間こそが生涯の財産になると正太さんは考える。

日本中の大会を転戦しているため同世代のサーフィン仲間がたくさんいる。この日サーフィンに出かけたのは南房総。波のいいところに行けば、必ずのように友達に会える。

「どんなスポーツでも選手生命は短い。でも、大好きなサーフィンに携わることができていれば大丈夫だと思っています。

サーフィンに対してネガティブなことはあるかと仙太郎に聞いたら、嫌なことでも嫌じゃないと言いました。試合に負けてへこんでも、さらに頑張る気持ちになるから嫌ではないと。それは本当にすごいことだと思う。

だから僕は仙太郎が世界で戦える選手になれるよう全力で協力する。そして、仙太郎がいつまでもサーフィンに関わって生活ができるように育てています。

僕は長年仕事一筋だったので、今思うとそれが馬鹿らしく感じるときもあります。彼にはサーフィン仲間同士で模索して、人生の抜け道を考えていってほしいですね」。

海の中で同じ景色を見ながら過ごす、親子のサーフセッションはかけがえのない時間。夏の波が小さなとき、仙太郎くんは母・康子さんや妹・胡晴ちゃんも誘って一緒にサーフィンを楽しむ。

好きであることは最上のモチベーション。サーフィンも人生もその考えを指針に進めば、どんな逆境に置かれても前向きに歩んでいける。家族はサーフィンを始めてからそんな価値観を共有するようになったと、正太さんはうれしそうに微笑んだ。

「サーフィンを始めてから親子関係は良くなりました。一緒に勉強している時間が長くあるからだと思います。親と子供でそういった関係はあまりないじゃないですか。

仙太郎はサーフィンはうまいし、ひとりで海外へ行ったりとすっかり頼もしい。本気で世界を目指すと言っているので、これからもサポートしてやりたいと思っています」。

 

PEDRO GOMES、熊野淳司、高橋賢勇、清水健吾、鈴木泰之、柏田テツヲ=写真 小山内 隆、高橋 淳、大関祐詞=編集・文 加瀬友重、菅 明美=文

# サーフィン# 親子# 酒井仙太郎
更に読み込む