「Tシャツは男の快楽だ」特集 Vol.6
2021.06.08
LIFE STYLE

「海ではいつでも自由」事故に遭い、ニーボードと出会い、気付いた乗り方の多様性

小林征郁さんは事故で怪我を負ったことがきっかけでニーボードを始めた。

そうして知ったのは、人はそれぞれの個性に合わせて道具を選べば、サーフィンは誰にとっても身近であり、海はいつでも自由を与えてくれることだった。

 

ニーボードから見いだした、サーフィンの新たな楽しさ

車椅子サーファーがニーボードと出会い気づいた“アダプティブサーフィン”という乗り方の多様性
サーファー 小林征郁さん Age 41●群馬県生まれ。20歳の頃、サーフィンの帰りに交通事故に遭い脊髄を損傷。下半身不随となったものの、ニーボードに光を見いだす。2016年以来、日本代表として「ISA世界パラサーフィン選手権」に連続出場。ワールドチャンピオンを目指して邁進中。またピースカフェを愛知県東海市で経営、群馬県高崎市で監修している。

ボードの上に正座をして波に乗るニーボードを知っているだろうか。起源は古く、1960年代。ロングボードが全盛だった頃にさらなるスピードとスリルを求めて生まれた、より切り立つ波に適したサーフィンだ。

日々ニーボードを楽しむ小林征郁さんは、その魅力をこう話す。

「サーフボードに立って乗るよりも体全体が波に近いため、小さな波でもサイズが大きく見える。体感スピードがすごく、波のエネルギーを強く感じます。波の斜面に腕全体を入れたりしながら、全身を使ってターンをメイクするのも楽しいですよ」。

豪快でスリリングなサーフィンを見せる小林さん。嬉々とした表情から、小林さんがどれだけ自由を感じて楽しんでいるかが伝わってくる。波があるなしにかかわらず、ほぼ毎日海に入るという。目標はワールドチャンピオンだ。

特有の楽しさがあるものの、世界のサーフシーンを見てもマイナーといえるニーボード。小林さんもサーフィンを始めた頃からそのスタイルだったわけではない。

18歳でサーフィンの虜になった小林さんの入り口はショートボード。海に通い始めてからというもの一気に視野が広がる感覚を覚え、数年すると「もっとサーフィンを追求したい」とオーストラリアへの留学を決意。しかし出国1週間前、アクシデントは起きた。

「海外の波に挑むのだから練習しとかなければと気合を入れて千葉の海に行きました。その帰り道で、交通事故を起こしてしまったんです」。

腕を伸ばして波を掴み、このようにターンする。

高速道路での酷い事故で車は全損。小林さんは脊髄を損傷する大怪我を負い、下半身不随となってしまった。ICUに担ぎ込まれて即入院。激しい体の痛みとともに、小林さんは大きな精神的なダメージを受けた。

「本当にごめんと、初めて親に謝ったことを覚えています」。

だが小林さんは家族や仲間の応援を受けて、持ち前のポジティブなマインドで事故から数週間後には心を前に向かせる。

またサーフィンがしたい。再び海外への思いを蘇らせ、カリフォルニアに渡った。そこでニーボードと運命的な出会いを果たしたのだった。

NEXT PAGE /
初めて自分で作ったニーボード。体の使い方のクセなどを考慮してシェイプしたところ、「調子いいです!」とご満悦。

「サンディエゴで初めてニーボードを知ったときにピンときたんです。

ボディボードは知っていたけれど、なぜか当時の僕にその選択肢はなかった。でも正座で波に乗るということに関してはすっと入り込めました」。

「2018 ISA 世界パラサーフィン選手権」のパレードにて、一番前で日の丸を振る小林さん。仲間とともにジャパンアダプティブサーフチーム(JAST)を結成し、チーム一丸となってメダルを目指す。大会は「世界中の友達に会うことも大きな楽しみ」だと話す。©️ISA / Chris Grant

小林さんはニーボードでサーフィンを再開。初めは手探りだったものの、世界中の海に通って腕を磨き、今では「ISA 世界パラサーフィン選手権」日本代表を務めるほどに。

そうしてさらなる熱を上げながら、海に入れる幸せを噛み締めている。

「ニーボードは立たなくていいから、年配の方や腰痛持ちでも楽しみやすいと思います」と、小林さんからのニーボードのススメ。

「海の中では車椅子いらずで自由になれる。海に入ると体のむくみが取れたり、本当に自由を実感するんです。

乗り方は人それぞれでよくて、立つだけがサーフィンじゃない。それはアダプティブサーフィンが伝えられる大きなことだと思う。パラサーフィンの大会ではショートボードやロングボード、ニーボードやウェーブスキー、うつ伏せ、アシストを受けながら波に乗ったりと、さまざま。

アダプティブは“適応性のある”という意味。道具は、その人の個性で選べばいい。とにかく海で気持ち良さを感じるのが第一です」。

 

PEDRO GOMES、熊野淳司、高橋賢勇、清水健吾、鈴木泰之、柏田テツヲ=写真 小山内 隆、高橋 淳、大関祐詞=編集・文 加瀬友重、菅 明美=文

# サーフィン# ニーボード
更に読み込む