欲求不満はファッションで全解放せよ!! 「感動の服」特集 Vol.71
2021.04.03
LIFE STYLE

4人のサーファーが始めた兼業農家「ザ ・ファーマーズ」の約1年と目指す将来

千葉県一宮町を拠点とするサーファーたちが手を組んで農業を始めた。

彼らの名はザ ・ファーマーズ。

趣味ではなく、広大な農地を借りて農作物を販売する兼業農家として日々奮闘している。

なぜ彼らは農業を始めたのか?その魅力を伺った。

 

地球環境に配慮する最大の自己表現を見つけた男たち

海と大地、そして地域との共生を目指す「ザ ・ファーマーズ」の兼業農家スタイル
ザ・ファーマーズのメンバー[左]サーフボード工場運営 森山鉄兵(49歳)、[中]蕎麦屋 櫟原貴司(46歳)、[右]サーフボード工場運営 大西兼司(48歳)。

発起人の森山鉄兵さんはサーフボード工場を切り盛りしながら生活すべてをサーフィンに捧げるなか、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに「農」を生業のひとつに加えようと決心した。

「毎年冬になるとオーストラリアに出張して、バイロンベイにあるローカルブランドのサーフボード工場で3カ月ほど働いているんです。でも去年はコロナ禍の影響で帰国が早まった。

帰ってきたものの、冬場だったので日本のサーフボード工場は仕事が少ない。そこで何かできることをやろうと思って、一緒に工場を回している大西兼司くんに『俺は工場をしばらく休んで、農業をやってみるよ』と話したんです」。

20代の頃から、いずれ農業をやろうと思っていた森山さん。いざ始めようと近所の農園を見学しに行くと、実際の作業に衝撃を受けた。想像以上に農薬を使っていたのだ。

森山さんは農薬が地球に不自然な影響を与えてしまう話をバイロンベイで聞いていた。最終的には自分たちのカラダと海にシワ寄せが来るのだと。

「俺にはそれをやるのは無理だと思った。そしてある日、今日はいないもうひとりのメンバーに『自分なりに農業をやってみようと思う』と話したら『一緒にやりましょうよ!』と言ってくれたんです。

そうしたら大西くんも参加することになって、しばらくして草刈りした草をトラックに積んでいたところに来た(櫟原貴司さんの愛称)イチくんが『俺もやりたい』と言い出して」。

こうしてサーフィン仲間だった4人によってザ ・ファーマーズが結成された。2020年5月のことだ。

NEXT PAGE /

地球に優しい農業で成り立つ道を模索する

森山さんには、農業をやるために5年ほど前から目をつけていた温室ハウス付きの農場があった。いよいよ農業を始めようというとき、持ち主であるいちご農園の会長さんに思いきって直談判をして借りることができた。

今ではすっかり整った農場だが、当時は背丈くらいの雑草が足を踏み入れられないほど生い茂っていたという。

「賃料は月20万円。これをきれいにして、さらに20万円払うのかよって思った(笑)」。

会長さんから「とりあえず刈れ」「刈ったら耕運機を貸すから耕せ」「時間がないからあそこに植えろ」という矢継ぎ早の指示が飛び、メンバーで力を合わせてそのとおりにこなしていると、農薬を撒かずとも夏には初めて育てた野菜を収穫できた。

「季節のものを育てればほとんど虫はつかないんです。虫が多い夏の野菜でもまったくやられなかった。なすもピーマンもオクラもモロヘイヤも」。

ただ、うどんこ病(葉の表面に白いカビが生える病気)にかかってしまう農作物も。そのような病気を防ぐ秘密は「堆肥」にあることを知る。

「農家は儲からないし大変だという固定観念を打ち砕きたい」と話す森山さん。「お金にならないとメンバーが出ていってしまうので(笑)」。

「肥料は根っこから植物に力を与えるもの。土に力を与えるのが堆肥です。土が元気なら病気になりにくいし、虫にも強くなります。すると野菜自身の免疫力も上がるからパワーがある。それを食べれば、もちろんカラダにいい」。

日々自然から学びがあり、やればやるほど奥深い農業にサーフィンと通ずるものを感じているというザ・ファーマーズのメンバーたち。森山さんは将来のビジョンを次のように話した。

「畑にカフェを併設して、コーヒーや自分たちが作った野菜のコールドプレスジュースを提供したいです。さらにキャンプ場も付いていて宿泊ができ、いろんな体験ができる場所にしたい。会長の家はこの土地で29代続いている農家さん。でも跡取りがいなくて。もしかしたら、俺たちが30代目になるのかな……」。

楽しみながら、海と大地、そして地域コミュニティとの健康的な共生を目指す。そんな彼らの農に取り組む姿勢は、日本中の海辺の町を盛り上げることにつながるかもしれない。

ザ・ファーマーズのポジティブな挑戦はまだ始まったばかりだ。

NEXT PAGE /

SURF DATA

[左]大西さん
サーフ歴:29年
海に行く頻度:毎日
お気に入りのサーフボード:サイコム サーフボードのツインフィッシュ
好きなサーファー:一緒にサーフィンをする仲間たち
あなたにとってサーフィンとは:パワースポット

[中]櫟原さん
サーフ歴:20年
海に行く頻度:週3日くらい
好きなサーファー:小野塚智之。地元、東京・北千住の先輩でザ・ファーマーズのロゴも作ってくれています
あなたにとってサーフィンとは:大切なもの。仕事・食事・睡眠・家族・サーフィン!!

[右]森山さん
サーフ歴:30年
海に行く頻度:波がいい日、いい時間はいつも
お気に入りのサーフボード:ミッドレングス・シングルフィン。波のサイズがあるときにマニューバーを描くのが気持ちいい

ザ ・ファーマーズのホームポイントはサンライズ。彼らが住む千葉県一宮町にあるビーチブレイクで、一年中コンスタントにいい波が立つ人気のサーフポイント。あらゆるサーファーを受け入れてくれるファンウェーブが特徴。

NEXT PAGE /

NORF DATA

[左]大西さん
ノーフ歴:10カ月
畑に行く頻度:毎日
野菜作りで参考にしているもの:経験者の意見
農業の魅力:発見の毎日
あなたにとって農業とは:挑戦

[中]櫟原さん
ノーフ歴:8カ月
始めたきっかけ:飲食店をやっていのでもともと興味があった。自分で育てた野菜を使った料理を提供したい
畑に行く頻度:仕事以外の日に毎日
育てるのが好きな作物:ビーツ。真っ赤な色がきれい

[右]森山さん
ノーフ歴:8カ月
始めたきっかけ:若いときからいつかやろうと思っていた。新型コロナ禍をきっかけに始めた
畑に行く頻度:週3〜7日
育てるのが好きな作物:ビーツ、キウイ、ベリー系
農業の魅力:自然の中に入れること

農場は各メンバーの家や海から車で5〜10分程度の場所にある。現在3カ所で耕作していて、畑、温室ハウスがそれぞれ700坪くらい、山間にあるキウイ農園は500坪ほどの広さ。

 

熊野淳司、高橋賢勇、朴 玉順(CUBE)=写真 高橋 淳=編集・文 菅 明美、増山直樹=文

# サーフ&ノーフ# 兼業農家
更に読み込む