「自宅を楽しい場所No.1計画」特集 Vol.35
2021.02.19
LIFE STYLE

藤井隆行が「ギャラリー サイン」代表と語る、広くて深いインテリアの歴史

家族との住まいを構え、心地いい暮らしについて考える年齢になったオーシャンズ世代。ここでは、その重要なファクターのひとつであるインテリアの話をしよう。

連載「私的傑作批評」でも独自の審美眼を披露しているノンネイティブ・デザイナーの藤井隆行氏が、友人でもあるギャラリー サイン・代表の溝口至亮氏を招き、これからのモノ選びについて対談する「ぼくらがモノを買う理由」。

まずは最先端のインテリアが並ぶ部屋から、モノの在り方と可能性を紐といていく。

 

広くて深いインテリアの世界、まずは背景を知ることから

藤井隆行が「ギャラリー サイン」代表と語る、広くて深いインテリアの歴史
今回、インテリアのグッドサンプルとして撮影現場に選んだのは、まるでNYのような空気感を持つアパレルブランドの代表K氏の自宅。1990年代後半から始まったイームズブームが飽和状態になり、代わって評価の上がっていたジャン・プルーヴェ、シャルロット・ペリアン、ピエール・ジャンヌレの作品を合わせることで、それぞれに主張の強いインテリアがひとつの空間に自由に共存する。

ギャラリー サイン
溝口至亮さん Age  43
ピエール・ジャンヌレやジャン・プルーヴェなど、フランスのデザイナーをはじめ、柳宗理や丹下健三など20世紀を代表する建築家のオリジナル作品を扱う「ギャラリー サイン」を運営。インテリアの歴史や背景に造詣が深く、専門雑誌に多く寄稿する。

ノンネイティブ ・デザイナー
藤井隆行さん Age 44
「洋服とは、人生を投影するための道具である」をコンセプトに、実用性に特化したニューベーシックを発信。厳選した素材と機能で現代に寄り添ったデザインは業界内にもファンが多い。元来のインテリア好きが、溝口さんの存在でさらに開花。

ーー藤井さんが“インテリアの師”と仰ぐ溝口さんに、今日はオーシャンズ世代のインテリアについて、そしておふたりが考えるこれからのモノの買い方について語っていただきます。まずは溝口さんと藤井さんの関係について教えてください。

藤井 溝口さんは僕のインテリアの先生なんです。歴史、在り方、扱い方など、いろいろ教えてもらいました。インテリアを“家具”ではなく、“作品”と呼ぶとかね。モノに対してまずリスペクトありきの姿勢にもハッとさせられました。

溝口 藤井さんと知り合うまで僕の周りは年上の方がほとんどだったので、同年代の友人ができてうれしかったですよ。共通の知り合いもいたので、自然と仲良くなった感じですね。

インドのチャンディーガルにある大学で使われていたピエール・ジャンヌレのハイスツールを、キッチンへと続く誰も見ない廊下にさりげなく配置。「ストリート感が漂うシュプリームのステップスツールとヴィンテージのミックス感が面白い。家主のオリジナリティを感じる空間」。(溝口さん)
NEXT PAGE /

藤井 溝口さんと会うまでは、北欧系のインテリアが好きだったんです。家族構成が妻と娘2人という女子の多い家なので、自宅にも柔らかな印象のインテリアを置いていました。

でも、溝口さんと出会った縁もあって、ピエール・ジャンヌレの椅子を一脚買わせてもらって。さらに日本のインテリアにも興味が湧くようになり、おかげで好きなインテリアの世界が広がりました。ちなみに、溝口さんはどういうインテリアのスタイリングが好きなんですか?

ピエール・ジャンヌレ●1896年、スイス生まれ。ル・コルビュジエの従兄弟にあたり、生涯彼の右腕として多大な功績を残す。1950年からはコルビュジエとともに取り組んだインド・チャンディーガルの新都市計画に尽力した。ⒸGetty Images

溝口 僕はインテリアに関しては“引き算”の考えなので、余白を楽しむ空間づくりが好きです。たくさん並べるというよりは、少ないものでスタイリングを楽しんでいますね。

藤井 そういうインテリアの知識ってどう身に付けたんですか?

溝口 学校で専門の勉強をしたわけではなく、ただ好きだっただけです。通っていた学校も普通の大学だったんですよ。洋服やインテリアを好きな人も周りに全然いなかったので、毎週ひとりで原宿の店に通っていましたね。ちょうどチャールズ&レイ・イームズがブームになる、ちょっと前だったと思います。

藤井 ファッション業界もみんなが「イームズ、イームズ」言い出す前ね。

チャールズ&レイ・イームズ●1907年、アメリカ生まれ(チャールズ)。1912年、アメリカ生まれ(レイ)。夫婦で活躍したデザイナー。柳 宗理や剣持勇など、イームズ夫婦の作品に影響を受けた日本人建築家やデザイナーは数知れず。ハーマンミラー=写真協力

溝口 雑誌で気になる作品を発見しては扱っている店を調べて、足を使ってひたすら見に行っていました。インテリアに関する洋書も欲しかったんですけど、とても高額だったので……。日々アルバイトをしては貯めたお金で神保町や池袋の古書店で買い漁っていましたね。ほんと、すごい貧乏学生でしたよ(笑)。

藤井 やはり現物を見ないとわからないもの?

溝口 はい。誌面ではわからないことも現物を見てわかることがたくさんあるんです。“これはどうなっているんだろ?”という疑問点を自分なりにまとめて、現物で“やっぱりそうだった!”って答え合わせをして。

藤井 現物で得る感動は、紙とは違うってことね。

溝口 でも、雑誌をたくさん切り抜いていましたね。すべては残せないから、好きな部分だけスクラップして。ちなみに、今も大切に保管しています。

藤井 僕も中学生の頃、ニューバランスの1500が欲しかったから、雑誌から切り抜いて貼っていたなぁ。どこで売っているかも当時はわからなくて。

NEXT PAGE /

背景や理由を調べると、もっとインテリアが楽しくなる

「2000年代に入ると、アートとデザインがボーダーレスになり、アートとしての家具作品が世に数多く登場しました。その代表作が、壁際に置かれたマーク・ニューソンの大理石の椅子です。大理石の薄いブルーと、バンクシーの作品『鳥の手榴弾』の色合いを統一させることで空間に柔らかな空気感が生まれました」。(溝口さん)

溝口 雑誌でも洋書でも、見ているうちに自分の好きな形やデザインってなんとなくわかってくるんですよ。これは好き、これは苦手、とか。流行に関係なく、感覚で理解しますから。

で、例えば好きな椅子が雑誌に載っていたとして、そこに絨毯やテーブルが上手にスタイリングされていると、“あぁ、この椅子はこういうものと相性がいいんだ”と、なんとなく見えてくる。洋服と一緒ですね。

藤井 本当にそうですね。あと、その作品をよく理解することも大切ですね。ジーンズはなぜこの形なのか、マウンテンパーカはどうしてこうなったのか、と同じ。どういう背景や理由があってこの作品が生まれたのかを調べると、もっとインテリアの捉え方が楽しくなる。

溝口 ちなみに今日撮影したお宅は上級編ですけどね。古い家具とアート、そしてストリート作品が絶妙にミックスされていて、すごいと思います。

藤井 確かに。ここはなかなか初心者には難しい。でも、本当に勉強になります。そういう意味では、昔と違って今はセンスを養える時代ですよね。どこからでも情報の入り口があるし。インスタにアップされたインテリアひとつ見てもすごく勉強になる。

溝口 ただ、情報が入りやすいからこそ、間違った情報もネットには溢れているので。そこは気をつけてほしい。服と違って気軽にポチッと購入できないものですから。インテリアに関しては、信頼できるショップやスタッフを見つけることがおすすめです。

藤井 その点、僕は溝口さんと知り合えてラッキーでしたね。知り合うまではインテリアの世界って格式が高かったから。前から「ギャラリー サイン」は知っていたけど、知り合いしか店に入れない空気だったし。

溝口 格式を高くしているつもりはなかったんですけど(笑)。やはりラインナップ的に高額なものが揃っていたのでお客さまも40〜50代から、という感じにはなっていましたね。

藤井 まさにオーシャンズ世代ですね。
 

溝口至亮(ギャラリー サイン)=写真 仁田ときこ=文

# インテリア# 家具# 藤井隆行
更に読み込む
一覧を見る