“職遊融合”時代のリアルライフ Vol.14
2020.10.31
LIFE STYLE

「伊豆下田でしか得られない時間がある」からワーケーションする代理店マンの3年間

「“職遊融合”時代のリアルライフ」とは……

自分らしく生きるためには“定住こそがリスク”かも。そんなことを思わせるコミュニティが「リビングエニウェアコモンズ(LAC)」だ。

そのリアルユーザーたちに話を聞き、新しいライフスタイルの可能性を導く本企画。今回は静岡県・下田市で地域を活性化させるプロジェクトに携わる長谷川 光さんを尋ねた。

PROFILE
東急エージェンシー勤務
長谷川 光さん
1969年、東京都生まれ。総合広告会社の東急エージェンシー勤務。シティプロモーションアドバイザーとして静岡県・下田市役所で地域を活性化するプロジェクトに携わる。市役所と契約した2017年から都内と下田で行き来する生活を送る。

 

3年前に自然豊かな下田市での業務がスタート

静岡県・下田市「リビングエニウェアコモンズ(LAC)」。
伊豆半島の南端に位置する下田。海や山、紫陽花や河津桜など自然が豊富で散策するだけでも気持ちが良い。

東京・赤坂にある東急エージェンシーに勤務する長谷川光さんは、2017年4月から静岡県の下田市役所に定期的に勤めている。理由は総務省による地域おこし企業人制度というプログラム。

マーケティングのスペシャリストなど、必要だけれど不足している人材を地域の自治体に企業が派遣するものだ。

「地方創生の一環による制度で、人材の東京一極集中を是正し、地域に分散させようとするものです。プログラムがスタートしてからの3年間、だいたい週に2〜3回の頻度で下田に来ています。契約先は観光交流課。観光戦略の立案、PRプランの実施が職務内容になります。

下田の主要産業は観光業で、財政の7〜8割を占めている状況ながら、観光交流客数は長く減少傾向にあるんです。そこで、その傾向を上向かせるためにはどうすればいいかと考え、ほかの観光都市との差別化を狙いました」。

下田へのアクセスは電車か車。電車利用の場合は東京駅始発の特急「踊り子」号などで終点の伊豆急下田駅へ。また熱海まで新幹線で行き、在来線に乗り換える方法も。都心からは2時間半ほどの旅程となる。

平成25年4月に作られた「下田市観光まちづくり推進計画」には、観光交流客数のピークは昭和62年の626万人、平成21年度には半分以下の300万人を下回ったとある。

電車が伊豆半島に入ると車窓には真っ青な太平洋が広がる。そしてこの海が伊豆の大きな魅力となっている。

長谷川さんは、伊豆半島の南端という地理的条件から、新幹線の停車する熱海や、伊豆半島の北部や中部にある地域と同じく、温泉、美味しい魚、美しい海、1泊2日での旅行、を売りにしているだけでは、観光地として生き残るのは難しいと感じた。

もっと若い人、これからの時代を切り拓いていく人材に目を向けてもらうためには時代に則した戦略が必要であり、長期滞在できる施設やワーケーションを可能にする環境が必須だと考えた。

「下田の良さを現代風に上書きした戦略を考え、それにフィットする実態づくりを緩やかにしていきながらPRしていく。そのためには事業者の誘致や、移住定住における新サービスを生み出す人たちの支援策が必要でした。職務内容が産業振興や町づくりの分野に踏み込んでいったんです。

そうした仕事の流れの中で出会ったのがLACです。ちょうどLAC伊豆下田の立ち上がりのタイミングで、それならば市も推奨しますので、成功事例を作っていきましょうとなりました」。

NEXT PAGE /

LAC伊豆下田ユーザーとの町づくり

日本の多くの地域と同じように下田市も高齢化が進んでいる。2015年の総人口に占める65歳以上の割合は4割近く。

その背景には若い世代の多くは進学で下田を離れる事情があり、観光に勤しむ地元の人たちも高齢者が多い。しかしLACは若者を呼び寄せる。その若者たちが、町を活気づけている。

「観光地ながら中心地でも夜7時を過ぎると人の姿が見えなくなるのが下田です。けれどLACは、いつも若い人たちで賑わいを見せています。

彼らの多くは一見さん的な旅行者というより、もっとローカル事情に関心を持っているのが特徴。長めの滞在やリピート滞在を通して、下田という町をより深く知ることに興味を抱く人たちです。

そのため地元の人にも顔馴染みができ、また顔が知られていくので、『空き家があるから改築して何かお店や新サービスを始めてみない?』と促したり、『LACに来る連中はいい奴らだから応援する』といった声が聞かれるようになりました」。

7月から本格始動した空き倉庫の利活用プロジェクト「ウィズ・ア・ツリー」。LAC伊豆下田のユーザーを中心に、この巨大倉庫が新しい交流の場に生まれ変わる。詳細はこちら

実際、LAC伊豆下田ユーザーを中心に『ウィズ・ア・ツリー』というプロジェクトが始まった。

空き倉庫を所有する建築家さんの「町の人が交流する場に作りかえたい」といった思いから始まったもので、“下田にいる人と下田に来る人を繋ぐ場所”として期待されている。

現在は空間の利用方法に関する協議やリノベーションプランの策定中にあるが、完成後にはこの場所を目的に下田に新しい人たちが訪れると予想される。

そして彼らは恐らく従来の観光戦略では捉えきれなかった人たち。下田の土地柄に小さくない関心を抱く、“未来の市民”の可能性さえはらむ若者である。

町に活気をもたらすのが仕事の長谷川さんも、祭りに参加するほど地元の人たちとの交流を深めてきた。
NEXT PAGE /

孤独なアパート暮らしから楽しいLAC滞在へ

そして長谷川さん自身もLAC伊豆下田の利用者だ。下田に来たばかりの頃はアパートを借りていて、今も仕事の関係からホテルに泊まるときもあるというが、基本的には伊豆滞在中の拠点はLAC伊豆下田にしている。

「下田は観光地ですから、ホテルの場合は、夏になると料金が跳ね上がったり予約が取れなくなったりします。

通年で仕事があることを思えば定宿が欲しい。そこでアパートを借りていたのですが、LACを利用して改めて思いました。こちらのほうが楽しい。アパート時代は寂しかったなと(笑)」。

白浜海岸にある白浜神社の赤い鳥居は下田を象徴する場所のひとつ。長谷川さんの好きな場所でもあり、透き通る海、青い空、白い砂浜、そこに真っ赤な鳥居というコントラストが美しい。

仕事を終え、市内の居酒屋でひとりで飲み、ひとりの部屋に帰る。それがLACだと多くの人がいる。

しかもオープンマインドな人が多く、共用スペースで仕事をしていると「こんにちは」といった挨拶から会話が始まっていく。孤独感はないし、利用者は何かしら下田への思いを持っているため、情報交換、意見交換へと発展。有意義な時間となることが多い。

1Fのロビーの作りがオープンな雰囲気なのもいい、と長谷川さんは言う。

「ガラス張りで街に開いている感じなんです。だから外から入ってきやすい。それにワークスペースでありコミュニティスペースだから、常に人がいて賑やか。とても居心地の良い場所なんです」。

採光の良い共用スペースはオープンな雰囲気がいい。長谷川さん(右)も打ち合わせなど仕事によく使い、またユーザーとの会話も楽しんでいる。

さらに屋上も気にいっている場所だという。

「まだ雨ざらし状態できちんと使えていないんですが、景色がとてもいいんです。今後テーブルと椅子がセットされたら、抜群の夕日スポットになりますよ。仕事終わり、もしくは仕事を休止して、ビール片手にみんなで乾杯。考えただけで最高ですよね」。

屋上から見た町の光景。港町・下田のいつもの暮らしを感じることができる。

もう長く来ていることから、下田の魅力の捉え方が変わったという。観光的な場所へ行くのではなく、日常にある美しい瞬間や光景に、下田はいいなと思う。好例が夕日。今日の夕景は綺麗だぞと思えたら、仕事を意識的に早く終わらせ、お気に入りスポットへ向かう。

例えば、白浜神社。赤い鳥居ごしに見る夕景の太平洋は格別であり、また町中では河口に停泊する漁船を交えた港町らしい景観も素晴らしいという。

「LACのウッドデッキで、空をピンクに染める空間に包まれながらくつろぐひとときも最高です。それは東京では味わえない、下田ならでは時間であり感覚なんです」。

港町での夕暮れは長谷川さんのお気に入りタイム。幸福感たっぷりなハッピーアワーとなる。
NEXT PAGE /

新しいスタイルの旅の拠点として

改めて、外からの人の流入という視点に立ったとき、下田は外国人に人気だという側面がある。

これまで下田は、都心にオフィスを構える外資系金融会社の幹部のような富裕層が、週末やショートバカンスを過ごす場所として選ばれてきた。彼らは金曜午後に下田に入り、真っ青な海を臨める眺望の良い家に滞在し、週明けに都内へ戻っていく。

そのようなライフスタイルが可能な人たちに、風光明媚な下田は人気が高いのだ。

趣味の自転車で走ることも。すると程なく絶景が目に飛び込んでくる。こうした美しい環境は外国人にも愛されてきた。

そしてこのコロナ禍。さらにLACのような場所がありリモートワークができるなら、下田時間を生活に組み込める人はもっと多くいそうである。

「すでにその動きは始まっています。下田に通い始めてから3年ほどになりますが、今、海岸線沿いなどに建つ良物件への問い合わせが多いと聞きます。実際に売れていくスピードも早い。

購入者の多くは下田を拠点にしたいと考え出した日本の人。僕自身、今の時期でも東京のオフィスに行くのは週に2回程度ですから、下田を本拠に東京へ通うという生活へシフトすることも可能といえます。実際、そういう視点で旅行をしている人が増えてきたようです。

多拠点のある新しい暮らしを考えて相性の良い場所を探す。そんな旅の拠点にもLACは機能していると思います」。

ホテルに短期滞在して帰る従来の旅行とは異なる、新しい時代にフィットする旅行のスタイルも、LACは提供しているのである。

まだ冬が開けきらない時期に満開となる河津桜。温暖な気候も下田の魅力のひとつだ。

 

「リビングエニウェアコモンズ(LAC)」
あらゆる制約に縛られることなく、好きな場所で、やりたいことをして暮らす生き方を実践するための“コミュニティ”。現在、会津磐梯、伊豆下田、岩手県の遠野など日本全国5カ所に展開する(詳しくはHPを参照)。いずれもWi-Fi環境や電源などを完備したワークスペースと、長期滞在を可能にしたレジデンススペースからなる複合施設だ。2020年中には計10カ所のオープンを目指している。
上に戻る

「“職遊融合”時代のリアルライフ」とは……
モーレツ社員が礼讃された高度成長期から、ライフワークバランスが重視される2000年代へ。そして今、ワーク(職)とライフ(遊)はより密接となり、「そもそも区別しない」生活が始まった。ワーケーションなどのサービスも充実し、職場の常識も変わり、身の回りに新しい暮らしを実践する仲間も増えてきた。さて、あなたはどう生きる?
上に戻る

小山内 隆=取材・文

# リビングエニウェアコモンズ(LAC)# ワーケーション# 下田市
更に読み込む