夏まで待てない……「Tシャツ」大特集! Vol.55
2020.07.19
LIFE STYLE

男の料理に欠かせないキッチン道具。こだわりの味の裏にあった○○専門な8つ

料理にこだわる男は、道具にもウルサイ。

ハーブやスパイスを調合するすり鉢に、餃子を美味しく焼くためのフライパン。どれも究極のひと皿を作るには欠かせないのだ!

 

使い勝手の良さと高いデザイン性が魅力

イタリアで手に入れたすり鉢、すりこぎ

イタリアで手に入れたすり鉢、すりこぎ
肉のローストや煮込みなど、僕の料理はハーブやスパイスをよく使うんです。そこで手放せないのがこのふたつ。

サイズがちょうど良く、細かくすり潰せる点がお気に入りです。丸みのある独特なデザインもポイントで、我が家のキッチンを楽しく彩ってくれます。

ラ・ヴィア・ラ・カンパーニュ オーナー
ロシャン・シルバさん(43歳)

 

 

ロケ先で発見! 受け継がれる家庭の道具

ポルトガルのカタプラーナ鍋

ポルトガルのカタプラーナ鍋
出合いは、ロケで訪れたポルトガル。かの地では各家庭にカタプラーナ鍋があり、代々受け継がれているんです。

肉も魚もおいしく蒸せて、存在感のあるドーム型の形状はパーティでも大人気。現地で見た光景のように、僕の鍋もいつか我が子に使ってもらいたいな〜。

料理研究家
コウケンテツさん(45歳)

 

 

ハーブやスパイスのほか、ニンニクやしょうがのすり潰しにも

「コール&メイソン」のハーブ&スパイスグラインダー

「コール&メイソン」のハーブ&スパイスグラインダー
1919年にイギリスで創業したミルブランドの逸品は、厳選された黒い花崗岩を使って耐久性とデザイン性を両立。石なので匂いが残らず、使ったあとの手入れが簡単です。

乾燥したものから水分を含む食材まで幅広く対応してくれるので、何かと重宝していますね。

ボールドマン PR
宮本哲明さん(36歳)

 

NEXT PAGE /

熟練の技が発揮された日本で唯一の馬毛こし器

「大川セイロ店」の裏ごし細目

「大川セイロ店」の裏ごし細目
食べた人みんなが、一様に「おっ!」と驚くほどの滑らかな口当たり。日本国内で唯一の馬の毛を使ったこし器を作る職人、大川良夫さんの技はさすがのひと言です。

ポテトサラダからポタージュ、味噌汁用の味噌の裏ごしまで、この道具を使うと仕上がりが段違いですよ。

料理研究家
土屋 敦さん(50歳)

 

 

リーズナブルだから気軽に試せて大活躍

オンラインでさくっと手に入るミニせいろ

オンラインでさくっと手に入るミニせいろ
せいろって、用途が限られているせいか迂闊に手を出せない方も多いかと思います。でも、これはネットで1つ800円ほどで売られているもので気軽に使えます。

これで点心を蒸せばホームパーティが盛り上がるし、味もレンジでチンするより格段上に仕上がります。

リアルバーベキュー 代表取締役
井川裕介さん(36歳)

 

 

カレー作りに欠かせない

「ライフストーン」のミル

「ライフストーン」のミル
最近はカレー作りに没頭。多いときは週2でカレーです(笑)。スパイスを挽くことから始まりますが、電動ミルだと熱が入って香りが飛んでしまうんです。

石製のミルを使うと風味が全然違う。武骨な見た目もいいですし、購入のため神奈川県まで足を運んだ甲斐がありました!

アーティスト ドラゴン・アッシュ
桜井 誠さん(41歳)

 

NEXT PAGE /

最高の餃子作りに

「グリーンパン」のクラフト フライパン

「グリーンパン」のクラフト フライパン
お店よりもウマい餃子を家で味わうならこれですね。表面がセラミックスコーティングで温度調整は若干シビアですが、蓄熱量は抜群。それでいて鉄製のようなメンテナンスが不要です。

弱めの中火で焼けば、皮のもちもち感と餡のジューシー感を存分に楽しめます!

餃子ジョッキー
小野寺 力さん(44歳)

 

 

専用鍋で作るパエリアにどハマり中

「エルシッド」のパエリア鍋

「エルシッド」のパエリア鍋
2019年に国際パエリアコンクール日本大会のMCを務めて以降、パエリアがマイブーム。

フライパンでも作れないことはありませんが、専用鍋は中央に向かって傾斜がつき油が底に溜まる仕様になっているため、より作りやすく、いい感じにつくお焦げもたまりません!

料理芸人
クック井上。さん(45歳)

 

 

増山直樹、菊地 亮=文

# すり鉢# せいろ# フライパン# 料理
更に読み込む