夏まで待てない……「Tシャツ」大特集! Vol.15
2020.06.19
LIFE STYLE

俳優・平 岳大さんが語る、平穏が戻ったら再び行きたいスペイン旅

注目の人に、人生を楽しむ秘訣を聞くインタビュー。今回のお相手は俳優の平 岳大さんだ。

45歳になった今もイキイキと進化し続ける、そのパワーの源に迫る。

 

仕事でもプライベートでも、面白いことが起こる予感があります

注目の人に、人生を楽しむ秘訣を聞くインタビュー。お相手は俳優の平 岳大さんだ。

一見、強面。だが、そこはかとない哀愁と繊細さを漂わせる、俳優、平岳大。今年1月に配信されたBBC / Netflix共同制作のドラマ「GIRI/HAJI」では、日本人初の主演を飾った。15歳で単身渡米し、アメリカの大学を卒業。国際色豊かなバックグラウンドと唯一無二の存在感を活かし、近年、活躍の場を世界へと広げている。

「僕、食べることが好きなんですよ。それ以外、楽しみ、ないから(笑)」。

向かい合った瞬間、飾り気のないひと言をポツリ。張り詰めていた現場の空気が急激に緩んでいく。が、「食べることが好き」といえども当然、ワールドワイドな俳優に相応しく、そのスケールはデカかった。

美食の街、サン・セバスチャンは、今、僕が世界一好きな街

「スペインのバスク地方に、サン・セバスチャンという世界有数の美食の街があるんです。そこが今、僕の世界一好きな場所。昨年もイギリスでの撮影の帰り、わざわざ寄ってきたくらい(笑)。ここ数年のうちに、もう4回通っています」。

2016年、NHKの語学番組の取材で、初めてサン・セバスチャンを訪問。農家で作りたてのイベリコ豚の生ハムを口にして、「今まで眠っていた脳の部分に触れた」ほどの衝撃を受け、甘いものは苦手なのにすすめられて半信半疑で試したプリンには、卵の味の濃さに圧倒された。

シャツ、パンツともに参考価格、サンダル8万6000円/すべてダンヒル 03-4335-1755

「サン・セバスチャンには海の幸も山の幸もあって、食材そのものが本当においしいんです。例えばアンコウなどの魚なら炭火焼きにして、味付けはレモンとオリーブオイルと塩だけ。シンプルだけれど、素材の味がすごく活きている。シーフードというと日本の焼き魚が一番と思ってきましたが、それを超えました」。

ムガリッツなどミシュランの星付きレストランを訪れ、アートのように繊細な料理に目を丸くしたこともあるが、現在ハマっているのは、もっぱら「バル・ホッピング」だ。

「旧市街の細い路地に、100軒以上のバルがあるんです。歴史を感じさせる美しい建物を眺めながらそぞろ歩いて、自分の気に入ったバルに立ち寄っては飲み、何軒もはしごする。まさに『大人の遊園地』です」。

必ず訪れるのは、ラ クチャラ デ サン テルモという店だそう。バルでは既に作られた料理がカウンターに並べられていて、その中から選ぶのが通常だが、ここはオーダーしてから作ってもらうスタイル。

「リゾットとかもひと口なんですけど、もう、バカみたいにおいしい! そして地元で作られる『チャコリ』という白ワインを、泡が立つように高い位置から注いでもらって、ガブガブ飲む。しかも、料理もお酒もすごく安い! 最高です」。

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスが収束し、世の中に平穏が戻ったら、次のスペイン旅で訪れたい場所も既に決めてある。

「冬まで新作映画の撮影をしていたのですが、そこでスペインの大スター、ウルスラ・コルベロさんと共演したんです。僕のスペイン熱について話したら、彼女もサン・セバスチャンが好きだ、と。まあ、僕のほうが詳しかったですけど(笑)。

彼女から、地中海側にある海岸エリア、コスタ・ブラバも食べ物がうまいという情報をもらいました。ぜひ行ってみたい。好きな場所があるって、本当に幸せです」。

NEXT PAGE /

今春、ハワイに移住。父との思い出の地をいつか娘と歩きたい

平は今春、妻と1歳半の愛娘を連れ、家族で念願のハワイ移住を果たした。仕事の拠点もアメリカを中心とする海外に置いた。

「’17年の秋、海外の小さなインディペンデント映画のオーディションを受けたんです。そのとき、『演じることが楽しい』と初めて思った。共演者と台本の読み合わせをしただけだったのに、僕のセリフで彼女の気持ちが変わり、彼女のセリフで僕の気持ちが変わっていくのが手に取るようにわかったんです。オーディションなのに、すごく感情が入って」。

日本の撮影現場ではこれまで、俳優同士、どこか遠慮のようなものを感じることが多かったという。だからこそ、そのとき体験した真剣勝負のぶつかり合いと映画に対する凄まじいエネルギーに、胸が熱くなった。

「俳優として当たり前のことを当たり前にやれる環境がある、と知ったんです。自分がこれからやりたいのはこっちだ、と直感しました」。

ジャケット参考価格/ダンヒル 03-4335-1755

それまで所属していた事務所を辞め、アメリカの大手エージェントと契約。試行錯誤の末にビザを取得し、ハワイでの住まいも自ら動いて見つけた。知らない世界に果敢に足を踏み入れ、壁を次々と乗り越えていく。その過程を話す口ぶりは軽やかで、重ねた苦労より、幸福感と充実感に溢れている。

「次の仕事を手にするため、しばらくオーディション生活になります。けれど、それも苦痛じゃなく、楽しみ。日本の芸能界を離れ、新しいこと、何か面白いことができそうだなという予感があります」。

そのパワーの源は、やはり家族との暮らしだ。娘の話になると、骨太な男の顔がさらに柔らかく崩れる。

「実は1歳になる頃までは、僕は完全に娘に無視されていて(笑)。抱っこしても泣かれるし。でも最近、やっと僕のことを認識してくれて、『パパ』って呼んでくれるんです。撮影で離れているときも、LINEの着信音が鳴ると『パパ!』って言うらしいです。やっぱりうれしいです」。

そもそもハワイには、特別な感慨を抱いている。それは、亡き父・平幹二朗さんとの思い出の地だから。

「7、8歳くらいの頃、朝、父とアラモアナの公園を散歩した記憶が鮮明にあるんです。いつか、娘と同じ場所を一緒に歩いてみたいです」。

男として、父として、強さと包容力を増していく。希望に満ちたその背中は、見ているだけで何だかこっちまでワクワクさせられるのだ。

平 岳大●1974年、東京都生まれ。15歳で渡米し、ブラウン大学理学部卒業。2002年、舞台「鹿鳴館」でデビュー。以降、イギリスで上演された蜷川幸雄演出の舞台「ハムレット」、映画『関ヶ原』など多数の作品に出演する。’19年から拠点を海外に移し、BBC/Netflix共同制作ドラマ「GIRI/HAJI」で主演を飾った。映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』が近日公開予定。

阿部裕介(YARD)=写真 喜多尾祥之=スタイリング 矢口憲一=ヘアメイク いなもあきこ=文

# インタビュー# 平 岳大
更に読み込む