インドアライフ充実術 Vol.1
2020.04.19
LIFE STYLE

『キングダム』にHulu……俳優・平山祐介の“熱い”自宅の過ごし方

「インドアライフ充実術」とは…

「ぶっちゃけ、みんな家で何してんの?」

今やみんなの共通の疑問となったこの話題。海男代表の三浦理志さんはネットフリックスにハマっているそうだが、街男代表・平山祐介さんは今頃、何をしているのかしら。

読書や映画など、カルチャーへの造詣も深いユースケさんのインドアライフをチラ見してみよう。

 

平山祐介は漫画『キングダム』にハマっていた!

「正直、今は子供の世話ばっかりで小説はあまり読めてないんだよね。でも、仕事が延期になったり、時間はあるから、マンガやドラマの長編やシリーズものを一気に消化してます」。

“ドラマや映画の撮影に影響が出ている”というニュースはよく耳にするが、ユースケさんも例外ではない。ユースケさんが出演するドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)は4月放送スタートの予定だったが、それも延期になってしまった。

その分、育児やインプットの時間はとれているようだが、具体的にはどんなタイトルにハマってるのでしょう?

「マンガは『キングダム』を読んでいるところ。57巻も出ているから、なかなか読むタイミングがなかったんだけど、今がいい機会かなぁと思って。読んでみたら、主人公の信(しん)を始めとして、登場人物がとにかく魅力的なんですよ! 武闘派から知略派、人望で軍を一枚岩にする武将もいれば、“個”で圧倒的な強さを発揮する一匹狼もいる。案の定、すっかりハマってます(笑)」。

まさに漢気あふれるユースケさんにピッタリなセレクトである。

「戦闘シーンも圧巻で、伝説的なカリスマ vs 無名の若者、長年のライバル対決、そして将軍同士の激突や軍師たちの裏のかきあい……もう夢中になり過ぎて、子供が泣いてるのに気付かなかったりして(笑)。ひと旗上げようと奮闘する民兵たちも胸アツで、そりゃ『キングダム芸人』とかゲームアプリまであるのは納得の読み応えなんですよねぇ」。

ちなみに、キングダムは全57巻で計1万2194ページ、オーシャンズ編集部の試算では読了に約51時間かかる。ユースケさんが躊躇っていたのもわかるくらいの長編だけど、今はむしろこの長さがありがたい。

まだ連載中だから、今のうちにコミックスで追いつけばこのキングダム旋風を渦中で楽しめる。映画の続編もあるってウワサだし、未読の人はユースケさんに続いちゃおう。

NEXT PAGE /

ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』にも夢中だった!

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン1〜8、Huluで配信中 ©2020 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

「あとは、Huluで観られるドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』にもドハマり中。シーズン8まで続くんだけど、仕事仲間から“これは絶対おすすめ!”ってずっと言われていて、ようやく観始めました」。

こちらは世界中で話題の超大作。確かに「面白い!」という話はアチコチから聞くものの、ここまで長編だとなかなか食指が動かなかったり。

「舞台は中世ヨーロッパに類似した架空の大陸。キングダム同様、武将や軍師が出てくるんだけど、メインはスローンズ=王座を巡るお話。キングダムと大きく違うのは、ドラゴンや“人でない何か”とか、ファンタジー要素がふんだんに盛り込まれてるところだけど、熱い戦いという点では共通してますね」。

なるほど。外出自粛でエネルギーを持て余している今こそ、“熱い”作品で気持ちを燃やしてみるのもいいかもしれない。

「魅力的な人物たちが入り乱れる群像劇としても秀逸だし、何より主役だと思って観ていた人物が突如殺されちゃったり、話しの展開が読めないところが最高に面白い! ちなみにこちら、ちゃんとお色気要素も忘れてません……(笑)。 ひとりで熱くなるのもいいし、パートナーと一緒に観れば、長引くインドアライフの潤滑油になるかも(笑)」。

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン1〜8、Huluで配信中 ©2020 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.

家族で観ても楽しめる、っていうのは大きなポイントですね。

「実は、リーダー論という視点でも面白い。暴君もいれば、自分を犠牲にしてでも正義を貫こうとする人まで、いろいろいる。今の時代にも通じるヒントがあるし、生き方の指針にもなると思うんですよ。昔はあまりそこまで考えなかったんだけど、歳をとったのかなぁ(笑)。いや、今は家族がいるから余計にそう思うようになったのかもしれないな」。

ちなみに、ユースケさん曰く「壮大な物語だから、どうしてもシーズン1はプロローグ的な要素が強くて、そこでドロップアウトする人も少なくないみたい。でも、絶対に面白いからその山だけは頑張って越えてほしい!(笑)」とのこと。

うーん、『キングダム』も『ゲーム・オブ・スローンズ』も、なんだか無性に気になってきた。

戦国時代の戦といえば籠城がつきもの。外出自粛中の今、ユースケさん推薦作品をチェックしつつ、戦国武将気分で思いっきり引き篭もってやろう。

インドアライフ充実術 何かと外出が厳しい時季だけど、見方を変えればピンチもチャンス。自宅でアクティブな休日を楽しむ、インドアライフのジュージツジュツをデンジュ。上に戻る
# キングダム# ゲーム・オブ・スローンズ# 平山祐介
更に読み込む