インドアライフ充実術 Vol.2
2020.03.20
LIFE STYLE

『キングダム』は51時間。予想読了時間で逆引く、今読むべきマンガ

「インドアライフ充実術」とは…

北斗の拳、キャプテン翼、ドラゴンボール、スラムダンク……“マンガ黄金期”に育ったオーシャンズ世代だけど、「大人になってからマンガはご無沙汰だ」って人も多いはず。でも、「コレはいつか読もう」なんて考えている作品もあるんじゃない?

ってことで、家で過ごす時間がある今だからこそ一気読みできる話題作たちをピックアップ。セレクト条件は①俺たちが大人になってから連載が始まって(=2000年代半ば頃から)、②大人にも人気があって③一気読みに時間がかかる長編の3つ。

どれもメジャー作品だが、今回算出した「予想読了時間」(4ページ1分で計算)を目にすれば、きっと「今読まなきゃ一生読めないかも……」と感じるに違いない。

 

①『キングダム』最新刊 57巻、計1万2194ページ
予想読了時間=約51時間

『キングダム』原泰久 著、ヤングジャンプコミックス(集英社)。

週刊ヤングジャンプにて大人気連載中のマンガ『キングダム』。その人気はもはや説明不要で、昨年の映画版が大ヒットしたことも記憶に新しい。

時は紀元前3世紀、500年続いた戦乱の時代(春秋戦国時代)に、ついに終止符を打った男が現れる。かの始皇帝である。その右腕となったのは、何も持たない下僕の身の上から天下の大将軍へと駆け上がったマンガの主人公・信(しん)であった。

物語は下僕時代の信と、幼き日の始皇帝「贏政(えいせい)」の壮絶な出会いからスタート。信は戦場のど真ん中で、贏政は政治の世界で、それぞれ無数の修羅場をくぐり抜けて大人になってゆく。2人の凄まじい成長っぷりはいつも感動的で、作中に登場する数々の武将たちのキャラクターも実に魅力的だ。

大迫力の戦闘シーンと読者の想像の上をいく知略のぶつかり合いを心ゆくまで満喫し、今からでもこのブームに追いつこう。

 

②『闇金ウシジマくん』全46巻、計9660ページ
予想読了時間=約40時間15分

『闇金ウシジマくん』真鍋昌平 著、ビッグ コミックス(小学館)。

15年にわたる長期連載を経て、ついに昨年、惜しまれながら完結を迎えた『闇金ウシジマくん』。主人公・丑嶋馨(うしじま・かおる)が経営する闇金融の社員や顧客(債権者)、商売敵、半グレ集団や暴力団員など、さまざまな登場人物を通して裏社会が垣間見えるノワール作品だ。

作者の真鍋さんは、15年間もの月日をかけて債務者や金融業者など、1000人以上に直接取材。そうして描かれたマンガは搾取する側とされる側のコントラストが鮮明で、「ドキュメンタリーよりリアルなフィクション」と名高い。

平穏に暮らしていた一般人が小さな過ちから一気にどん底へと堕ちていく様子は、現実社会のもつ残忍さを恐ろしいほど映し出している。晴れやかな青春ストーリーではないが、多くの学びと教訓、ときには感動を味わうことができ、虜になる人が続出。ファンを公言する著名人も多く、ドラマ化・映画化も大好評となった。

NEXT PAGE /

③『宇宙兄弟』最新刊 37巻、計7940ページ
読了予想時間=約33時間

『宇宙兄弟』小山宙哉 著、モーニングKC(講談社)

このマンガが教えてくれるのは、「夢に挑戦するのは、何歳からだって遅くない」ということである。

「一緒に月へ行こう」と誓い合った幼き日の南波兄弟。それから約20年後、夢へと一直線に生きた弟・日々人(ひびと)は見事にNASAの宇宙飛行士となり、日本人初の月面歩行者として歴史に名を刻もうとしていた。

一方で、主人公である兄・六太(むった)は大学院の修了後、大手企業に就職。無難で堅実な人生を送っていたが、とあることがキッカケで勤めていた会社をクビになってしまう。どんどん夢を実現していく弟に引け目を感じていた六太だが、退職を機にJAXAの宇宙飛行士試験に挑戦することを決意する。

さまざまな苦難に直面しながらも、実直に、そして柔軟に目の前の課題に取り組み、ひとつずつ壁を乗り越えていく六太たちの姿に見習うべきものもあるはずだ。果たして兄弟で月面に立つ日はくるのか? 終章へ突入した物語のクライマックスを見逃すな!

 

【番外編】
『鬼滅の刃』最新刊 19巻、計3680ページ
読了予想時間=約15時間20分

最後に、まだ長期連載作ではないが「これは無視できない」というタイトルを番外編として紹介しよう。

『鬼滅の刃』吾峠呼世晴 著、ジャンプコミックス(集英社)

今、社会現象として巷を賑わせている『鬼滅の刃』は、2016年から週刊少年ジャンプにて連載中の超話題作。弱冠30歳の漫画家、吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)氏による初の長編連載作品である。

その人気ぶりは凄まじく、「オリコン週間コミックランキング」で第1位〜第10位までをすべて『鬼滅の刃』が単独で独占してしまうという史上初の快挙を達成。しかも4週連続で更新(3月9日時点)しているというのだから、もはやマンガ史の生ける伝説である。

舞台は大正時代の日本。人を喰う鬼が跋扈(ばっこ)する世の中に生きる主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、最愛の妹を助けるために鬼と戦うというストーリーである。炭治郎の優しさ、魅力ある登場人物たち、そしてスピーディなストーリー展開……など、魅力は尽きない。

感度が高い大人なら、今ごろ「なんでそんなに人気なの?」と気になって仕方がないハズ。爆発的なムーブメントの渦中に飛び込み、人気の理由を自らの目で確かめてみよう。

 

マンガは日本が世界に誇る立派なカルチャー。この恩恵を享受しないなんてもったいないし、こうした楽しみ方ひとつで「インドアライフも最高じゃん!」と思えるはず。未読のマンガがあったなら、さっそく読み始めようじゃないか。

インドアライフ充実術 何かと外出が厳しい時季だけど、見方を変えればピンチもチャンス。自宅でアクティブな休日を楽しむ、インドアライフのジュージツジュツをデンジュ。上に戻る

原嶋鉄人=文

# インドアライフ# キングダム# マンガ# 宇宙兄弟# 闇金ウシジマくん# 鬼滅の刃
更に読み込む
一覧を見る