左脳を刺激する! オッサンIT化計画 Vol.109
2019.11.27
LIFE STYLE

みんなで走れば怖くない!? ランニングSNS「Strava」で目指せ脱・三日坊主

>連載「オッサンIT化計画」を読む

ランニング男

思いたったその日から、ひとりでも手軽に始められるのがランニングの魅力。とはいえ「手軽に始められる」メリットの裏には、「手軽に挫折できる」罠が潜んでいるのは言うまでもないこと。心身ともにアクティブな大人の男性を目指し毎年シューズやウェアを買い揃えてみるものの、モチベーションが維持できず挫折を繰り返してしまう人も多いだろう。

そんな三日坊主の男たちにオススメしたいのが、最近国内でも人気が高まっているサンフランシスコ生まれの「Strava(ストラバ)」。孤独になりがちなランニングのモチベーション維持やスキルアップに役立つ、ユニークな機能を多数備えた注目のサービスだ。

 

ランニングやサイクリングなど、さまざまなアクティビティの記録・管理が可能

今回紹介するストラバは、全世界で4800万人以上のユーザーがいるというアスリート向けのSNSだ。ランニングを筆頭に、サイクリングや水泳、スノーボードなど多様な種目に対応しており、互いのアクティビティを共有できるようになっている。

strava
ストラバの公式サイト。iPhoneやAndroidスマートフォンのほか、PCからも利用することができる。エントリーと基本機能の利用は無料で行えるが、フル機能を使う場合には有料プランを追加する必要がある。

互いのアクティビティを共有するだけなら、フェイスブックやLINEのグループ機能でも可能だが、ストラバの場合はアクティビティの記録・管理機能もセットになっている点が大きな特徴となる。

strava
移動距離やペースなど、アクティビティの記録や分析に関しては、一般的なランニングアプリと同等の機能を備えている。もちろん、ランニング以外のアクティビティも記録可能。高度の記録が取れるのも便利だ。

スマートフォンだけでなく、アップルウォッチやフィットビット、ガーミン、スントなど、さまざまなスマートウォッチに対応しているのも便利なところ。

strava
Google製「Wear OS」版アプリの画面。スマートウォッチ版のアプリ単体で記録できるのは、ランニングとサイクリングのみのようだ。

GPSを搭載したスマートウォッチなら、スマートフォンを持たずに走ることができる。さらに心拍数が記録できるタイプのスマートウォッチなら、より詳細なアクティビティの記録も可能だ。

NEXT PAGE /

いつもひとりで走っていたルートに、頼もしい“仲間”が見つかるかも

メインとなるソーシャルネットワーク機能は、知り合い同士でのコミュニケーションのほか、例えば“東京マラソンに参加したい仲間”というようなテーマ別の「コミュニティ」での交流などができるようになっている。なかでも、ストラバならではの魅力といえるのが、「ルート」単位での交流だろう。

たとえば近所の公園で走っていると、なんとなく顔をおぼえてしまう“同好の士”ができてくるはず。もし、その人がストラバを使っていれば、SNS上で仲間になることができるのだ。

strava
同じルートを走っている人とつながることで、「いいね!」を付けて応援しあったり、記録を競いあったりすることが可能になる。

特に便利だと感じたのは「区間エクスプローラー」という機能だ。これを使えば、自分の活動エリア内にある、ストラバで交流が可能なランニングのルートを見つけることができる。

strava
「区間エクスプローラー」は、近隣で人気のランニングコースを探すのにも便利。ここからルート上の記録ランキングも参照できる。
strava
ストラバのユーザーがよく走っているルートが一目でわかる「ヒートマップ」が参照できるのも面白い。

ちなみに、自分がよく走っているルートを登録して共有することも可能。孤独だと思っていたランニングに、意外な仲間を見つけることができるかもしれない。

NEXT PAGE /

位置情報も扱うSNSだけに、事前のプライバシー設定は必須

このほか、ショップのコミュニティに参加することで最新ギアやイベントの情報を入手することができたり、アクティビティの記録に写真や文章を付加するブログのような使い方ができたりなど、ランニング(を含むアクティビティ)を軸とする、多様なコミュニケーションが行えるストラバ。有料プラン(ストラバ・サミット)を追加すれば、コーチ機能も利用できるので、これから本格的にランニングを始めたい初心者にも恰好のサービスといえるだろう。

とはいえ通常のランニングアプリとは異なり、SNSがメイン機能となるだけに、ストラバを始める際には注意すべき点がひとつだけある。プライバシーの管理だ。

アクティビティ記録の共有がキモとなるため仕方ないことなのかもしれないが、ストラバでは、自分のアカウント情報やアクティビティ記録の共有範囲が、デフォルトでは「全体」となっている。つまり設定変更をしなければ、自分がどこを走ったのかが、第三者にまで筒抜けとなってしまうのだ。皇居ランなどメジャーなコースならともかく、自宅の近所を走った記録を知られるのは、ちょっと嫌な感じがする人もいるはず。

ストラバでは柔軟なプライバシーコントロールも利用者に提供しているので、プライバシーが気になる人は、最初に設定を変えておくことをオススメする。また、アクティビティごとに公開範囲を一つひとつあとから変えることも可能だ。

strava
PC版の設定画面なら、プライバシー設定の変更も簡単。情報の公開範囲を「全体」から「フォロワー」に変更しておこう。モバイルのアプリからも設定は変更可能だ。
strava
指定した住所と、そこから最大1000m圏内のログが地図上では自分のみにしか表示されないように設定することもできる。

このように、使い方にちょっとした注意は必要だが、SNSを通じ“一緒に走る”仲間とつながることができるのは大きな魅力。今回こそ挫折せず、来年以降も楽しく走り続けたいなら、ぜひストラバを試してほしい。

 

石井敏郎=文

# SNS# STRAVA# オッサンIT化計画# ランニング
更に読み込む
一覧を見る