Camp Gear Note Vol.19
2019.11.25
LEISURE

「エル・エル・ビーン」の真髄は“アウトドアの楽しさとともにあるプロダクト”

連載「Camp Gear Note」
90年代以上のブームといわれているアウトドア。次々に新しいギアも生まれ、ファンには堪らない状況になっている。でも、そんなギアに関してどれほど知っているだろうか? 人気ブランドの個性と歴史、看板モデルの扱い方まで、徹底的に掘り下げる。

     

1990年代に日本上陸を果たして以来、アウトドアブランドのスタンダードとして親しまれているL.L.Bean(エル・エル・ビーン)。特にアノラックやフリース、ビーン・ブーツ、トート・バッグなどの代表的なアイテムは、永きに渡って信頼され、今も支持を受けるロングセラーとなっている。もはやトレンドを超越した稀少な存在といっても過言ではないだろう。

外遊びの本場、アメリカのスタイルを伝えつつ、唯一無二のブランドとなった道のりを、L.L.Bean Internationalでメンズマーチャンダイズリーダーを務める本田剛士さんに伺った。

すべてはゴムのボトムに革のアッパーを縫い付けたブーツから

プライベートでも「エル・エル・ビーン」のアイテムを愛用している本田さん。ブランドが日本に来た’90年代からのファンだという。

————昭和世代にとって「エル・エル・ビーン」は、1990年代のイメージが強いのですが、実は歴史のある老舗なんですよね?

本田 創業者のレオン・レオンウッド・ビーンが、初プロダクトのメイン・ハンティング・シューを発明したのが1911年。翌年に企業化しましたから、100年以上続くブランドになります。

————初めてのプロダクトはどんなアイテムだったのですか?

本田 ゴムのボトムとレザーアッパーを縫い合わせた、現在のビーン・ブーツの原型です。創業地のアメリカ・メイン州はハンティングが盛んな土地でした。周辺はもちろん、N.Yからもアウトドアマンやハンターがやってきたそうです。ただ、メイン州ってぬかるみの多い湿地帯なんですね。当時のブーツの素材はレザーが中心でとてもウェイトがあり、水に濡れるとさらに重くなっていました。

それを解消しようと発明したのが、ゴムを大胆に使用したビーン・ブーツだったんです。1912年には現行とほぼ変わらぬスタイルになり、’21年のアダム・ドナルド・マクミラン率いる北極探検隊が着用。大絶賛されました。

————ヘミングウェイやベーブ・ルースも愛用者だったそうで。日本ではアウトドアに限らず、ファッションアイテムとしても人気ですね。

本田 水への耐性が高いうえ、非常に丈夫で疲れにくい。当時はかなり革新的な存在でした。レインブーツ的な解釈もでき、雨の多い日本の気候とは相性が良いかもしれません。

NEXT PAGE /

最強の定番、ボート・アンド・トート

ビーン・ブーツを皮切りにフィールドコートやボート・アンド・トート、ノルウェージャン・セーターなど、数々の定番を生み出した。

————また、トート・バッグも永遠の定番として高く評価されています。

本田 トート・バッグの原型は1944年、ビーン・アイスキャリアとして誕生しました。その名の通り、氷運搬用に開発。メイン州はアメリカ北東部に位置し、切り出した氷によるビジネスが成立していたのです。手作りされるバッグは驚くほど丈夫で、200kg以上の荷重に耐えるほど。目の詰まったキャンバスは、水が垂れにくいという利点もありました。

’65年には少しフォルムを変えて、正式名称ボート・アンド・トート・バッグに。現在とほぼ同じデザイン、機能となりタウンへも徐々に浸透。本来はセーリングに必要な荷物を、まとめてガサッと収納できるよう考えられたバッグなので、本国ではXLサイズが一般的なんですよ。ただ日本ではデイリーユースに適した、それよりも小さいサイズが主流ですね。

「直営店があるのは本国とカナダ、そして日本。私もですが、アメリカ製への憧れは尽きないですね」。

————日本進出を果たしたのはいつでしたか?

本田 1992年に初めての直営店がオープンしました。すでにアメリカでは超メジャーな存在となっており、日本でも早い人は英語のカタログで個人輸入を楽しんでいた時代でした。私も初フリースは通販で入手しましたよ。

————エル・エル・ビーンが日本人に受け入れられた要因はなんでしょう?

本田 アメリカンカルチャーへの憧れが強いのもありますが、何より質実剛健なところでしょうか。馴染みの深いビーン・ブーツやボート・アンド・トートなどは、今もメイン州の自社工場で熟練の職人たちが手作り。品質を機械ではなく、人の目で確認していますから、関わる人はすべて厳しいトレーニングを受けているんですよ。

NEXT PAGE /

ユーザーを裏切らない普遍的ブランドであり続ける

ビーン・ブーツには生産した職人のサインを同封。クオリティへの強い自信、プライドが窺える。

————目指すもの、目標はなんでしょう?

本田 アウトドアの喜びや楽しみを分けあえる環境、きっかけ作り。やっぱり家族や愛犬、仲間と外で過ごすって素敵なんですよ。そのためにはウエアやギアなど、トータルで愛用できる商品を提供しないといけません。そして、古くから信頼してくださっているユーザーさんを裏切らないこと。

みなさん関わり方はさまざまですが、シーズナルにこだわったり、トレンドを追ったりしない「エル・エル・ビーン」に安心感をお持ちだと思います。ですから、時代のニュアンスを多少取り入れることはあっても、大きな転換はしません。良い意味で変わらない、普遍的ブランドであり続けたいですね。

 

【取材協力】
L.L.Bean Flagship 吉祥寺店
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-16-3
電話番号:0422-71-1100
営業:10:00〜20:00
不定休

金井幸男=取材・文 小島マサヒロ=写真

# Camp Gear Note# アウトドア# エル・エル・ビーン
更に読み込む