隣のオッサンは青いか?[ライフスタイル編] Vol.3
2019.11.22
LIFE STYLE

「最近の20代がわからない」と言うけれど、実はアイツらのココがすごい!

>連載「隣のオッサンは青いか?」を読む

「まったく最近の若いヤツらは……」。いつの時代も言われるお決まりのこのセリフ。きっと自分も若い頃は、上司や先輩から同じように言われていたのだろう。だからこそ、いつか自分に部下ができたら、思いやりを持って優しく接してあげようなどと、ぼんやり思っていたはず。

……それなのに、いざそうなると「最近の20代はマジでわからん」、「新人類」などとボヤいている始末。もっと若者のポジティブな側面に目を向けられる、大人の余裕を磨いていこうではないか。そこで今回は、部下や後輩を持つ40代男性に聞いてみた。「あなたのまわりの20代、どうですか?」。

挨拶、スケジュール管理、一般常識……etc. “基本”が苦手な20代

Q.20代の部下や後輩のあきれたエピソードを教えてください

「スケジュールが自分の都合のみで進んでいる」(46歳・会社員)
「挨拶ができない」(48歳・会社員)
「怒られても何度も同じことを繰り返す」(44歳・会社員)
「毎日遅刻するので注意したが、次の日も遅刻してきた」(40歳・公務員)
「失敗したことを咎めず、気にせずがんばれと言ったら、本当に気にしてなく、何度も同じ失敗をすること」(43歳・公務員)
「連絡もなく休暇をとる」(44歳・会社員)
「敬語がまったく使えない」(41歳・会社員)

まずは、20代の部下や後輩を持つ40代男性が困っていること。多く見られたのが、挨拶や遅刻、口の利き方といった社会人としての基本ができていない、という回答だ。

「酔うとタメ口になる」(41歳・会社員)、「口の利き方が生意気」(48歳・会社員)など、目上の人に対するリスペクトが欠如していたり、「連絡なしの遅刻が多い。重要な会議で進行役を任せるチャンスを与えたが、寝坊で遅刻した」(48歳・会社員)などをはじめ、仕事の重大さに関わらず遅刻や寝坊を懲りずにやらかしてしまう20代は多いようだ。さらに、このようなミスを注意しても、同じことを繰り返してしまうのもまた、20代の傾向と言える。

もうひとつの傾向として、「仕事の途中でも定時になったら帰ってしまう」(44歳・会社員)、「会社に頻繁に遅刻してきて理由を聞くと、『僕は疲れてるんです』と言われた」(40歳・会社員)、という具合に、自分の意見や権利ばかり主張する20代に困り果てている回答も多かった。

また、「漢字が読めない人が多いです」(44歳・会社員)、「偶数・奇数がわからない」(44歳・公務員)など、一般教養の欠如に悩む人も。これはあまり年代に関係ないレアケースだと思うが、実際仕事場にいたら確かに困る。

いかがだろうか? 「あーそれそれ、ウチもそんなのばっかり」と共感するのはそれくらいにして……、次の結果を見てほしい。

NEXT PAGE /

オッサンにはない、20代の“意外性”を見よ!

Q.20代の部下や後輩に対して、「コイツやるな」と感心したエピソードを教えてください。

「私が急遽別会議に出なければならなくなった際、期待以上の結果で合意をまとめてくれた」(48歳・会社員)
「知らないところでしっかり努力を重ねられる」(44歳・公務員)
「物怖じせずに目上の人とコミュケーションがとれる」(49歳・会社員)
「新規飛び込み営業にも抵抗がなく、意外と根性がある」(43歳・会社員)
「みんなが嫌がる休日出勤を率先してやる」(46歳・会社員)
「時間を気にせず仕事に打ち込める」(42歳・経営者/役員)
「理解が早い」(44歳・会社員)
「手順が決まっている仕事に対し、やる順序を変えれば業務が減ると提案してきた」(44歳・会社員)
「人当たりが良い」(46歳・会社員)

不満やあきらめがある一方で「自分が同じ年齢だったときよりも数段仕事ができる」(40歳・会社員)という回答に代表されるように、20代に対して何かとてつもないポテンシャルを感じることって少なくないはず。

「新しい発想が多くある」(49歳・経営者/役員)、「わからないことをネットで調べる能力」(49歳・会社員)、「記憶力がすごい」(41歳・会社員)というように、40代の自分にはない何かを彼らは武器として持っているのだ。また、人当たりの良さや目上の人に物怖じしないコミュニケーション能力、遅刻はするけど時間を気にせず仕事に打ち込む集中力。これらも立派な“能力”であり、単に「若いから」のひと言で片付けてしまうのは、あまりにももったいない。

「取り引き先で突然、大きな仕事を取ってきた」(43歳・会社員)、「私の意見を鵜呑みせず、根拠を持って反論してきた」(43歳・公務員)。これを“まぐれ”や“生意気”ととるか、「コイツ、やるじゃねえか」と素直に認められるかで、自分自身の仕事への向き合い方も変わっていくのではないだろうか。

普段は挨拶もろくにできないし、遅刻は多いし、生意気だし……。そんな20代でも、彼らなりに一生懸命、なのである。部下・後輩にいつも不満を抱えている40代の中にも、実は彼らに救われたエピソードのひとつやふたつ、持っているんじゃないだろうか。

20代は若いが故に、可能性に満ちている。それがふとしたしたときに現れて、思わぬ好結果を生むのもまた、事実である。部下の才能を活かすのは上司の務めであり、何度裏切られても「仕方ねえか」と寄り添う姿勢こそ、大人の度量ってやつだろう。

ファストアスク=アンケート協力
対象:40代男性205人

# 20代# 上司と部下# 隣のオッサンは青いか?
更に読み込む