37.5歳の人生スナップ Vol.94
2019.11.19
LIFE STYLE

ラグビー解説者・大西将太郎(40歳)。 スーパースターの背中を追い続けた人生の光と影

>連載「37.5歳の人生スナップ」を読む

今年のラグビーW杯の盛り上がりはめざましいものがあった。今さら説明も不要だろうが、強豪アイルランドとスコットランドを下し、全勝で決勝トーナメント進出を決めた日本代表チームの躍進に日本中が湧いた。

元ラグビー日本代表で、今はラグビー解説者として活躍するかたわら、立命大学のバックスコーチも務めている大西将太郎さん(40歳)も、いまだその興奮がさめやらぬひとりだ。日本に突如巻き起こったラグビー旋風について熱を帯びた声で語ってくれた。

大西将太郎

「ぼくの現役時代、ここまで多くの人がラグビーに熱狂してくれるなんてとても考えられなかった。だって今回の南アフリカ戦でのパブリックビューイングなんて、会場に入りきらないぐらい人が溢れていたんですよ。僕は解説者としてお邪魔したんですが、目の前の光景に自然と涙が溢れましたね」。

最初はラグビーのルールすらよく知らない人がほとんどだった。それがいつしか、選手たちが激しいぶつかり合いの末に勝利を目指す姿に、多くの人が熱狂し、目が離せなくなっていた。そして、それは大西さんが10年以上前からずっと夢見ていた光景だった。

今から18年前、22歳で日本代表に選出された大西さん。その頃の日本ラグビーの国際試合における成績は決して胸を張れるものとは言い難かった。

「2007年大会で、W杯の連敗記録を止めたとき、帰国後の空港で僕を出迎えてくれたのは、2人の記者だけでしたからね(笑)。そういう意味でも、本当に今の盛り上がりがうれしいんですよ」。

37歳で現役を引退し、現在はラグビーの魅力を伝える解説者として活躍している大西さん。ラグビーへの情熱を絶やさない、その人生に迫った。

NEXT PAGE /

近くて遠い花園ラグビー場

大西さんがラグビーを始めたキッカケは「近くて遠い花園ラグビー場」にあったという。

大西将太郎

「実家のそばに花園ラグビー場があったんです。野球で言ったら甲子園のような場所。小さい頃から花園でラグビーを見て育ったから、ラグビーは僕にとっては身近なスポーツのひとつだったんです」。

東大阪市に位置する花園ラグビー場は、国内有数のラグビー専用スタジアムであり、全国高校ラグビー大会の会場でもある。毎年、年末から年始にかけて行われる高校大会の観戦は、大西家の恒例行事でもあった。幼い大西少年はどんなスポーツにも挑戦する好奇心旺盛な子供だったという。

「毎日習い事していて、水泳、ソフトボール、サッカー、バスケ、バレーに卓球……いろいろやりました。そのなかで自分に一番合うなって感じたのがラグビーでした。サッカーやバスケだと、すぐイエローカードをもらっていたんだけど、ラグビーはどれだけぶつかっても良かったから(笑)」。

ラグビーは負けず嫌いに適したスポーツだ、と大西さんは言う。本格的にラグビースクールに通い始めたのは小学3年生のころ。当時、日本ラグビー界のスーパースターだった平尾誠二選手に憧れていた。

「平尾さんみたいな選手になりたい。どうしたら近づけるだろう? と考えて、平尾さんの母校である同志社大学を目指そうと思いました。それですぐ受験勉強を始めたんです」。

並外れた意志の強さはすでにこの頃からできあがっていた。目指すべき未来から逆算し、中高一貫の同志社大学の付属校を受けることを決める。

「それぐらいラグビーが好きだったし、ラグビーで日本代表になることしか考えていなかったですね。ただ結局、第一志望の学校は受からなくて、滑り止めで合格したのが、当時『これから強くなる』と言われていた啓光学園でした」。

大西さんが入学したその年、同校の高校3年生がラグビー全国大会で優勝。5つ上の先輩達の勇姿は大西さんに大きな希望を与えた。

「身近に憧れの存在がいたからこそ6年間、迷いなくラグビーだけに没頭しましたね」。

気づけば毎年、花園出場の常連校として存在感を高めていった啓光学園。ラグビー強豪校が揃う大阪では花園に出場するだけでも難しいと言われている。「近くて遠い花園」は、もはや大西さんにとって手の届くところまできていた。しかし、簡単には夢を見させてくれないのも花園だった。

「ようやく決勝進出した高校3年生の花園では、後半31分で逆転負け。準優勝でした。周囲にはいい勝負だったと言われても僕にとっては悲劇でしかなかった。何も考えられず、泣きじゃくりました」。

悔しさと、6年間共に戦ってきた仲間たちとの試合が終わってしまった寂しさが涙となり、こみ上げた。

「振り返るとあそこで優勝できなかったからこそ、『まだまだラグビー頑張ろう』って思えた気がします。高校卒業後は憧れの同志社大に入学することができて、夢に着実に近づいている感覚はありました」。

NEXT PAGE /

憧れの平尾誠二との対面

大西さんが初めて日本代表に選ばれたのは大学4年生のとき。彼を選んだのは、なんと、憧れの平尾誠二選手だった。

大西将太郎

「平尾さんのようになりたくてずっとラグビーをやってきた僕を、平尾さんが監督として代表に選んでくれた。初めてスタメンで出場することが決まったときは前日に平尾さんに呼ばれてミーティングをしたんです、平尾さんの部屋で。そんな話ができていること自体、夢みたいでした」。

当時22歳。憧れの人と共に世界に挑戦できる喜びは大きかった。一方で、“日本”を背負う重圧はそこまで感じていなかったという。

「まだ若かったから勢いだけでやっていたと思います。荒削りだったしラグビーはずっと下手くそでした。だから、なかなか浮上できない日々が続いたんです」。

その後、4年半近く、大西さんは代表の座から遠のいていく。2003年のW杯では同世代の選手たちの活躍を見て猛烈に悔しさがこみ上げた。

「最後の最後で代表から落ちて、自分は何をやっているんだという悔しさがあった。活躍する選手たちを見ては、落ち込んでいました」。

スポーツ選手ならば誰しもが経験するであろう低迷期。大西さんはもう一度ラグビーを見つめ直したい、と海外へ留学することを決意する。そしてその挑戦がラグビーへの姿勢を大きく変えることになった。

異国の地で学んだラグビーの極意とは? 続きは後編で。

 

藤野ゆり(清談社)=取材・文 小島マサヒロ=写真

# 37.5歳の人生スナップ# ラグビー# 大西将太郎# 日本代表
更に読み込む