ミウラメシ Vol.37
2019.11.10
LIFE STYLE

いかとほたて入り!マーシー流たらこと海苔の佃煮のスパゲッティ

本誌看板モデルのマーシーこと三浦理志さんは、仕事のかたわら“サーフ&ノーフ”の生活を実践中。隙間を見つけては波乗りを楽しみ、数年前からは、通称「三浦農園」で収穫した野菜を使ってキッチンで腕を振るっている。そんな彼のリアルなライフスタイルから生まれたレシピを、ここに紹介しよう。

家ではあまり作らないけど、外では食べるスパゲッティってありません? 僕の場合はそれがたらこスパゲッティなんですけれど、あるとき店で食べながら、自分ならどうアレンジするかな……と妄想を膨らませて思いついたのが、これ。たらこスパゲッティにトッピングされている焼き海苔を佃煮に替えて、たらこと一緒に和えたら、絶対ウマいでしょ! と確信したんです。そこに、刺身用のいかとほたても加えました。

家ではよく、余った刺身をパスタに入れちゃうんですけど、細かく切ってソースと一緒にざっと和えるだけで、贅沢感アップでウマーシー。このレシピも、たらこと海苔の佃煮だけで十分ウマいんだけど、いかとほたてが加わることで味のレベルがぐっと上がる。

このたらこスパゲッティは外では食べられないから、ぜひ家で作ってみてください!

「ミウラメシ」を最初から読む

【今回のメニュー】
たらこと海苔の佃煮のスパゲッティ

たらこと海苔の佃煮のスパゲッティ

【材料】※2人分

たらこ 100g
いか(刺身用) 80g
ほたて貝柱(刺身用) 4個(70g)
海苔の佃煮 大さじ2
バター 40g
オリーブオイル 大さじ2
茹で汁 大さじ3
スパゲッティ 200g
レモン 1/2個
小ねぎ(小口切り) 適量

【作り方】
◆1
たらこは皮に縦に包丁を入れてスプーンなどで身をこそげ、大きめのボウルに入れる。

たらこは端っこを指で押さえてスプーンで中身をこそげると、きれいに皮が取り除けます。

そこへ、細切りにしたいか、1/4に切ったほたても入れる。

大きいほたてだったら、厚さを1/2にしてから1/4に切るといいです。

◆2
1のボウルに、バター、オリーブオイル、海苔の佃煮を加える。

今回のポイント。この海苔の佃煮が、たらこパスタを進化させます! 茹で上がった麺をここで和えるので、大きめのボウルを使って。

◆3
鍋にたっぷりの湯を沸かし、湯量の1%の分量の塩(分量外)を加え、スパゲッティを表示時間どおりに茹でる。

茹で上がる直前に茹で汁を取り分けておく。

湯を切る前に、茹で汁を取っておくのを忘れずに。この茹で汁で塩味を調え、旨味を加えます。

◆4
茹で上がったスパゲッティと茹で汁を2のボウルに加えて、よく混ぜる。

たらこと海苔、バターが渾然一体となったウマーシーな匂いがたまらん!

◆5
器に盛り、小ねぎを散らして、くし形に切ったレモンを添えたら、完成!

仕上げは、小ねぎとレモンで爽やかに。

[三浦理志 プロフィール]
オーシャンズモデル。愛称はマーシー。仕事のかたわら“サーフ&ノーフ”の生活を実践中。隙間を見つけては波乗りを楽しみ、数年前からは、通称「三浦農園」で収穫した野菜を使ってキッチンで腕を振るっている。

三浦理志=料理 渡辺修身=写真 中里真理子=スタイリング 川瀬佐千子=編集・文

# たらこスパゲッティ# ミウラメシ# 海苔の佃煮
更に読み込む