隣のオッサンは青いか?[夫婦編] Vol.7
2019.10.19
FAMILY

そっけないのは我が家だけ? 隣の夫婦の気になるLINE事情

>連載「隣のオッサンは青いか?」を読む

今やすっかり生活インフラのひとつとなったLINE。プライベートはもちろん、仕事上での簡単なやり取りなども、LINEのほうがラク、という人も多いはず。では40代夫婦は普段、LINEでどんなやり取りをしており、そのコミュニケーション濃度はどれほどのものなのだろうか?

40〜45歳の既婚子持ち男女に聞いたアンケート結果をもとに、隣の夫婦のLINEコミュニケーションをのぞいてみよう。

メッセージを送る夫

LINE利用が6割超の一方で、連絡を取らない夫婦も1割弱……

●夫婦間のやりとりで最も使用頻度が高いツールは何ですか?
・LINE 62.0%
・電話 14.5%
・メール 12.0%
・SMS(ショートメール) 4.0%
・その他 0.5%
※連絡をとらない 7.0%

予想どおりと言うべきか、40代夫婦にも、LINEはコミュニケーションツールとしてすっかりおなじみになっている。電話やメールといった、ひと昔前まで主流だったツールから取って代わった様子だ。テキストやスタンプだけでなく、画像や動画なども手間なくスパッと送れる抜群の利便性を考えれば、当然の結果だろう。

ほとんどの40代夫婦が、LINEを筆頭に何かしらのツールを使ってコニュニケーションをとっている現状がある一方で、「連絡をとらない」が7%という結果も。ドライな夫婦関係の実像も、少なからずあることが垣間見える。

では具体的に、LINEでどのようなコミュニケーションをとっているのか見ていこう。

NEXT PAGE /

LINEのチェック

事務的な連絡と子供ネタはほぼ同数

●パートナーにはどのような話題や内容を送ることが多いですか?
・「帰宅時間や買い物の頼みごとなど」(女性・43歳)
・「子供の送り迎えや連絡事項など」(男性・42歳)
・「子供の写真・動画を送る」(男性・42歳)
・「どこにいるのか」(女性・42歳)

「帰宅時間の連絡」が圧倒的多数。「残業する」「飲んで帰る」といった、夕食の用意の必要性などを確認するものがほとんどだ。この回答は男女ともに多く、共働き夫婦の多さも物語る結果に。

それと比例して、「子供の送り迎えの連絡」という回答も多かった。このように、忙しい日々のなかで「必要最低限のことをやり取りするのに便利なツール」としてLINEを活用しているのが現実。結果だけ見ると少し寂しい気がしなくもないが……。

とはいえ、「子供」に関するネタがコミュニケーションの大きなハブになっている夫婦も少なくなく、「ダンスの動画を送る」「野球の試合の途中経過を送る」「娘のハプニング」「どこへ出掛けた」など、子供のふとした日常や成長に対する感動を、すぐさま共有できるのもLINEの強みであり、活用率が高い所以だろう。

 

仕事でも家庭でも、ささいなコミュニケーションの積み重ねが大切。普段あまり会話を持てない忙しい40代夫婦にとって、必要連絡や子供の様子を共有するという何気ないLINEのやり取りが、密かに家族円満のためにひと役買っているのかもしれない。

 

アイリサーチ=アンケート協力

# LINE# アンケート# 夫婦# 隣のオッサンは青いか?
更に読み込む