Camp Gear Note Vol.16
2019.10.15
LIFE STYLE

ピカソも愛用したナイフ「オピネル」。その歴史と正しいメンテナンスを知る

連載「Camp Gear Note」
90年代以上のブームといわれているアウトドア。次々に新しいギアも生まれ、ファンには堪らない状況になっている。でも、そんなギアに関してどれほど知っているだろうか? 人気ブランドの個性と歴史、看板モデルの扱い方まで、徹底的に掘り下げる。

ロゴ

フォールディング・ナイフ=折り畳みナイフのパイオニア的存在であり、使いやすさと高い安全性、見た目の良さで世界中のアウトドアマンから支持されている「OPINEL(オピネル)」。

2020年に130周年となる歴史とプロダクトの魅力について、日本での展開を担当している、株式会社ハイマウントの佐野さんに教えてもらった。

120年以上愛され続ける折り畳みナイフの代名詞

佐野さん
佐野さんは、プライベートでも「オピネル」を愛用しているそうだ。

——「オピネル」の創設はいつ、どこでですか?

1890年にフランスのサヴォワ地方で誕生しました。当時は鍛治が盛んだったようで、創設者のジョセフ・オピネルは祖父と父親も刃物職人。彼が折り畳み式ナイフの原型を開発したことで「オピネル」はスタートしました。

——まさに折り畳みナイフのパイオニアですね。

1955年にはジョセフの息子マルセルが、使用中と折り畳み時のどちらの状態でも刃をしっかり固定するセーフティリング「ビロブロック」を開発。この画期的なギミックは非常に高く評価され、現在のモデルにも引き継がれています。


フランスでは日用品といえるほど普及

ヒストリー
1955年に開発されたセーフティリングのビロブロックは、シンプルながら確実性が高く、今も改良を重ねて採用されている。

——世界中でさまざまな栄誉を得ているそうですね。

はい。ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート美術館の“世界の美品100特選”に選ばれ、フランスを代表する百科事典、ラルース百科事典には“後世に残したい品”として掲載されています。ニューヨーク近代美術館の目録にも紹介が。

——日本での認識はアウトドア用ナイフですが、フランスでは違うとか?

キャンパーや登山家が愛用するブランドのイメージは変わりませんが、それ以上に総合ナイフメーカーとして一般的な存在のようです。アウトドア、キッチン、ガーデニング、それにキッズ。フランスではカテゴリー展開も豊富なんです。子供にナイフを贈り、使い方や文化を学ばせる習慣のあるので、“最初の一本はオピネル”と言われるほどメジャー。日本でいうなら肥後の守かもしれません。

NEXT PAGE /

優れたルックスと機能性で天才芸術家も愛用

佐野さん
「コストパフォーマンスが良いため、フランスでは複数所有しているのが当たり前のようです」。

——ピカソが愛用したと伝えられていますが?

鉛筆削りに使っていたと聞いています。また、一部の彫刻でも用いたとか。海外ではナイフが身近なんです。特に「オピネル」は手に入れやすいプライスと可愛らしいデザインで愛され、もはや日用品レベルのようです。

ステンレススチール オリーブウッド
「ステンレススチール #8」2860円

——日本のキャンプシーンに適しているモデルはなんでしょう?

錆びにくく切れ味バツグン、メンテナンスの手間が少ないステンレスナイフが良いでしょう。サイズはブレード長約85mmの#8が万能。刃物の扱いに慣れていない人にもオススメできます。

——愛用するうえで、注意点はありますか?

とても多くのお問い合せを頂く“油漬け”について。本来はヒンジ部分の可動を改善したり、木製の柄に防水性を持たせたりするためのカスタムなのですが、「オピネル」には不要です。むしろ、柄が膨張し、刃の出し入れを妨げる恐れ大。推奨できません。また、ふだんから無意味に持ち歩くのはNG。銃刀法や軽犯罪法に触れるので気をつけてくださいね。

油漬け
「油漬けのためにセーフティリングを外してしまう人が。絶対にオススメできないアクションです」。

——メンテナンスはどのように?

基本的にあまり気を使わなくて問題ないですが、保管は水気を取り、なるべくドライな場所で。乾いた後、刃とリングにオイルをさすのもポイントです。本国の担当者は食品に使用される油を推奨しています。丈夫なステンレスナイフとはいえ、経年変化は避けられません。刃が欠けたり、極端に切れ味が下がったりしたら買い替えのご検討を。

ステンレスナイフのメンテナンスのコツ

●ポイント1「あまり切れないと感じたらシャープナーで回復」

シャープナー
シャープナー(1320円)を15度~20度の角度でブレードに当て、数回砥ぐと一時的に切れ味が回復する。年中砥がないとダメなようなら買い替え時かも。


●ポイント2「刃が出にくくなったら、柄を軽く打ちつけて」

対処法
開きにくくなったブレードを強引に引き出すのは危険なうえ、破損も招きやすい。原因は砂や埃詰まりがほとんどなので、グリップを固いところに数回打ちつけて落としてしまえば改善される。意外な対処法だが、本国でも推奨されている手段だそう。

アウトドア文化が根付き、ナイフに抵抗の少ないアメリカとヨーロッパでは、生活必需品級に浸透している「オピネル」。日本でもキャンプ人口の増加により、グングン注目度を高めている。

ビギナーから玄人まで満足できること請け合いの折り畳みナイフ。さまざまなシーンで活躍するから、外遊び愛好家なら一本は持っていたいものだ。

【取材協力】
ハイマウント
03-3667-4545

Hiroyuki Yamada=写真 金井幸男=取材・文

# Camp Gear Note# アウトドア# オピネル# ナイフ
更に読み込む