オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門 Vol.108
2019.10.06
LEISURE

マシン操作が見違える! 一般道でも生きるMTBの3大基本テクニック

オフロードを駆け抜けるマウンテンバイク(MTB)。電動MTB(e-MTB)の進化とともに、海外では裾野が拡大していることは前回お伝えしたとおり。

今回は、MTBやe-MTBをはじめるときに知っておきたい基礎について。これを学べば、オフロードでのケガ防止だけでなく、一般道の走りも劇的に変わるという。日本自転車競技連盟のナショナルチーム・コーチである小笠原崇裕さんに聞いていこう。


小笠原崇裕さん(39歳)●MTBのほか、オフロード版トライアスロン・エクステラをこなすプロ・マルチアスリート。MTB歴は30年。マウンテンバイクU-23全日本チャンピオンを獲得し、プロチームに所属して世界中でワールドカップなどに出場するなど転戦。現在はとくに後進の育成に力を注いでいる。

MTBに乗るためのマストアイテム

--まずは、MTBに乗るときに身に着けるものを教えてください。
動きやすい服装にシューズ。あとはグローブ、ヘルメットはマストです。これに加えて、サングラスがあるとベターですね。

--サングラスは反射防止に?
それもありますが、木々の間を駆け抜けるので、目に枝が入らないよう、安全対策という意味が大きいです。また、専用シューズもありますが、初めはふつうの運動靴で大丈夫。マシンレンタルをしているMTB専用フィールドなら、ヘルメットやグローブが借りられる場合が多いので、ほぼ手ぶらで行くこともできますよ。

必要物品
滑り止めのグローブ、ヘルメットはマスト。これに加えて、サングラスも準備するとベターだ。

――さて、準備ができたところで何から始めれば? フィールドに飛び出しましょうか!
早すぎます(笑)。フィールド内は急カーブやアップダウンなど、ハードな場所もあるので、まずは平坦な場所で乗り方の基礎を押さえましょう。

――自転車なら、ふつうに乗れますけど……。今回使うのがe-MTBだからですか?
いえいえ、違います。重量は重いですが、今のマシンはバランスを取りやすくなっています。MTBの操作と変わったところはありません。

――では、なぜ?
自転車って何気なく乗れてしまうから、逆に危険な側面があるんです。街中でもときどきバランスを崩して倒れる人や、急ブレーキで危険な走行をする人がいるじゃないですか。MTBでは、軽量化され操作しやすいマシンの特性もあり、“何気なく”だと危険が増してしまうんです。

NEXT PAGE /

MTBの基礎テクニック①:真ん中に乗る

――何から学んでいけばいいでしょうか?
まずはコレ、ですね。

小笠原さんのお手本
マシンの上で見事に静止する小笠原さん。

――タイヤ幅が太いから……ですよね?
ノーコメントで(笑)。どのマシンでも言えることですが、大切なのは、「自転車の真ん中に乗ること」。言い換えると、マシンの重心の位置を体で覚えることです。まずは私が支えるのでやってみましょう。

練習
後輪を押さえてもらい、その場で静止する練習。ブレーキをかけながら、ペダルを前後に平行にさせる。ハンドルはどちらかに軽く切っておく。

――コレは……キツい……(汗)。腕と内腿がプルプルいってます。しかも、静止できないないですよ!
力みすぎです。もっと力を抜いてください。上半身もリラックス。クランクが付いているボトムブラケット部分の少し前に体を置くように。

――最初からかなりハードなんですけど、コレはなんのために?(プルプル)
重心をとる感覚を掴むと、マシン操作が安定しますし、体を前後左右に動かしやすくなります。険しいコースだとマシンが振られるので、バランスをとるためにも体を動かせる体勢にしないといけません。初心者講習では、人によって1時間かけることもありますね。

―い、1時間も……。(プルプル)
上手い人とそうじゃない人の差が結構あって。でも、コレは基礎でありながら、マシンコントロールのすべてとも言えます。感覚が掴めてしまえば、劇的に操作感が変わりますよ。

【「真ん中に乗る」ためのプラスワン講座】
遅く走るレースでバランス感覚を身につける

遅く走るレース
自転車の真ん中に乗ることを体で覚えるためのレッスンのひとつ。ブレーキをかけずに、できるだけゆっくりと進むレースだ。こんな遊びも取り入れながら行うのだとか。
NEXT PAGE /

MTBの基礎テクニック②:ブレーキング

――なんとか感覚はつかめてきました! 次は何を?
大事故防止のためには欠かせない、ブレーキです。

――ただ握ればいい、というわけではないんですね。
大抵の場合、ブレーキは利き手の方が強くなりがち。MTBのブレーキはディスク式だから利きが良すぎる。初めて乗る方だと、右手の前輪ブレーキが利いて後輪が浮き上がったり、後輪ブレーキが利いてドリフトしてしまったり、危険な場合が多いんです。

危険なブレーキ
前輪のブレーキが利きすぎると、前につんのめってしまう。街中のロードバイクなどでもときどき見る危険な状態だ。

――なるほど。
ブレーキに力がかかりすぎないよう、人差し指一本で操作します。左右のバランスは、まずは5:5をイメージしてください。

ブレーキの握り方
竹刀を握るように、小指から順に握りこむのがコツ。

――「まずは」ということは、状況により左右のバランスを変える?
はい。下りの傾斜がキツいときのブレーキでは、7:3程度に前輪ブレーキ(右ブレーキ)を強くします。加重を前輪にかけたいので。

――平坦なら後輪ブレーキを強くしても?
はい、大丈夫です。ただ気をつけたいのは、どちらにしても優しいブレーキングが必要、ということ。ブレーキでタイヤがロックされると滑ります。また、激しいブレーキをおこなうと、地面が掘られて後続車が危ないですし、雨にさらされると、その部分が水の通り道になり、陥没してしまいます。

 

【「ブレーキング」のためのプラスワン講座】
スピードをつけたあとの急ブレーキ

急ブレーキ
スピードを出したあと、優しくブレーキをかけながら、腰を後輪の上まで引く練習。難しそうに見えるが、重心が取れるようになっていると、思いのほか、うまく行うことができる。
NEXT PAGE /

MTB操作の基礎テクニック③:コーナリング

――次のテクニックを教えてください!
最後はコーナリングです。ここでのポイントは3つ。「目線」「腰」「手足」です。

――その心は?
まずは見ていてくださいね。

コーナリング
小笠原さんのお手本コーナリング。だけど……。

――えーと……、カッコいいです(笑)。
ありがとうございます。が、違いますね(笑)。まずは目線です。曲がるまではコーナーを見ていていいのですが、半分をすぎたら、行く方向に目を上げましょう。つまりは「下を見ない」こと。

――前を向かないとダメ、だと。
どうしてもフィールドでは、危険な場所を注視してしまうのですが、体は自然と見ている方向を向いてしまうもの。危険なほうに自ら向かっているようなものなんです。危険を察知したら、安全な場所を見つけ、そちらを意識的に見るようにしましょう。

――「腰」と「手足」は?
恐怖心を感じると腰が引けてしまいますが、重心をマシンの真ん中に取り続けるように。また、重心が後方に偏ってしまうと、コーナリングで外に膨らんで、滑りやすくなります。手足も力んで突っ張ってしまう場合が多い。コレだとタイヤが滑った際に、リカバリーのために体が動かせません。肘と膝は常に軽く曲げてリラックスさせておきます。

【「コーナリング」のためのプラスワン講座】
8の字スラローム

コーナリング
カラーコーンを2個置いて、8の字を描くようにゆっくりと走り、コーナリングの基礎動作を身につける練習。
NEXT PAGE /

マシンコントロールを覚えれば、こんなことも!

――ちなみに、上手くなったらドリフトとかもできるんですか?
危ないですけど、可能ですよ。ちょっとやってみましょうか。

MTB
_35A0554
スピードを上げてからブレーキング……
_35A0555
コーナーに差しかかって……
_35A0556
後輪を滑らせて……
_35A0557
体勢を整えて、無事にストップ!
_35A0554
_35A0555
_35A0556
_35A0557

――す、すごい……!
スピードが出ると、もっとエグいのもできるんですけどね(笑)。コンクリートだと煙までは出ませんが、タイヤは相当熱くなりますよ。

――どうやっているんですか?
後輪をブレーキでロックして、そのまま流れに身を任せます。あとは重心を取り、コントロールしてあげれば大丈夫です。

――できるようになるよう練習します!
十分に気をつけて(笑)。慣れないうちは絶対にやってはダメですよ。それに、くれぐれも一般道では真似しないようにしてください。

――はい、わかりました!
さて、基礎も身についたところで、次はフィールドデビューといきましょう。

コースの様子

いよいよ、次回はフィールドデビュー。MTBとe-MTBの乗り比べを体感する!

【取材協力】
T-FORESTRY フォレストバイク
住所:神奈川県小田原市荻窪
電話番号:080-4430-4030
営業:10:00〜16:00/土・日・祝(予約制)
※利用する場合、初回講習の受講必須。レンタルバイク有り。
www.forestbike.jp

澤田聖司=写真 芋川 健=取材・文

 

# e-MTB# MTB# オーシャンズとレジャー# テクニック
更に読み込む