FUN! the TOKYO 2020 Vol.33
2019.10.05
LIFE STYLE

走り続ける男・大迫傑の「親は一歩引き、決断は子供にさせる」子育て論

先日行われた東京オリンピックの日本代表選考レースMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)。2位までが日本代表内定となるこのレースで、中村匠吾選手と服部勇馬選手と競り合いながら、3位でゴールした大迫傑選手に釘付けになった人も多いのではないか。

大迫傑が語る子育て論

ナイキ・オレゴン・プロジェクトにアジア人として唯一所属し、現在はマラソンの日本記録保持者である彼が今年の8月、走ることで得た経験や思考法を綴った書籍『走って、悩んで、見つけたこと』を出版。

そこには、子供の頃の思い出から、学生時代の話、現在の拠点であるアメリカ・オレゴンでの生活など、今まで語られることのなかったエピソードが綴られている。

そこで今回は、プライベートでは2人の女児の父親でもある彼に、子供時代の話から、自身の子育てについて語ってもらった。

NEXT PAGE /

両親から受けた「一歩引いて見守る」姿勢

大迫選手が本格的に陸上を始めたのは中学生のとき。それまでやっていた野球よりも走ることが楽しくなったのがきっかけだった。

「近所で行われるマラソン大会などに出ているうちに走るのが楽しくなってしまったんです。ただ、僕の中学校には陸上部がありませんでした」。

普通ならそこで諦めてしまいそうだが、大迫選手は他校の練習に参加したり、クラブチームに入るなど、ものすごい勢いで競技へとのめり込んでいった。

「両親が学校に、試合へ出られるよう交渉をしてくれたり、クラブチームも一緒に探してくれて片道1時間くらいかかる練習場所まで送り迎えをしてくれました」。

中学2年生になり、母校に陸上部が発足。それからは陸上漬けの毎日だった。練習を休むことを嫌い、家族で出かけても練習時間に間に合うように一人で先に帰宅するほど、走ることに夢中だった。

「両親は自分の好きなことをやったらいいというスタンスで、特に競技について何かを言われたことはありません。だからと言って関心がないわけじゃないと思うんです。結果も気になっただろうし、今でも試合は見にきてくれますから」。

スポーツに限らず、習い事でも、勉強でも、ついあれこれとアドバイスをしたくなるのが親心。けれども、大迫家の場合は、一歩引いて見守るというのが両親のスタイルだった。

「言いたくなる気持ちはわかりますが、それって子供にとってはプレッシャーだったりするんです。子供のタイムが伸びないなどの相談をされる場合もありますが、そういうときって子供自身も悩んでいるはずです。

子供が自分から相談をしてきたのなら別ですが、親はどんな成績でも関係ないくらいの気持ちで見守ってあげてほしい。僕は親にプレッシャーをかけられることがなかったから、走ることを楽しめたし、だからこそ今も走る楽しさや喜びを感じることができるんだと思っています」。

それでもあえて両親から受けたアドバイスを挙げるとしたら、それは「自分のことは自分で決めなさい」ということだろう。

複数の高校から推薦の話をもらったときにも、自ら選択し、各学校へ連絡をしたという著書に書かれているエピソードは強烈だ。だが、「子供の頃から自分で選んできたことが、自分を強くしてきた」と大迫選手は語る。

「ちゃんと自分で考えて、自分で決めて、自分で責任を取ることはすごく大事だと思っています。今までいろいろな選手を見てきましたが、親が何でも決めている選手って、結果的に周りのせいにするんですよね。

学生時代、常に僕よりも速い選手はいました。それが今、なぜここまで差がついたかというと、ひとつには、僕は自分で決断をしてきたからです。

昔、僕と同じくらいの実力の選手がいたのですが、その選手は何かを決断するときに必ず誰かに判断を仰いでいたんですね。で、失敗をすると人のせいにする。『あの人が言ったから、やったのに』って。そうやって周りのせいにすると、本人は何も進歩しません。

これが自分で決めたことなら、誰のせいにもできないし、たとえ失敗しても、じゃあ次に同じ失敗をしないためにはどうしたらいいのかと考えるようになる。そういう経験が積み重なって大きな差につながったと僕は思っています。そのためにはどうしたらいいかというと、やっぱり親は一歩引いて、子供に任せるべきなんです」。

NEXT PAGE /

2人の娘を幸せにすることと、走るモチベーション

競技人生のなかで学んできたさまざまな経験は、今、自身の子育てにも反映されている。現在長女は小学1年生。「下の子はまだ小さいのでなんとも言えませんが、上の子は僕に性格が似てますね」という長女には体操、水泳、ピアノなど、やりたいと言ったことは基本的にはすべてやらせているという。

「別に何を選んでもいいんですが、親としては子供の選択肢をなるべく広げてあげることは大事だと思っています」。

走るということを突き詰めてきた大迫選手。だからこそ選択肢は広げつつも、それぞれに向き合う子供の姿勢は大事にしている。

「一度ピアノが難しいからやめたい、つまらないと言い出したことがあったんです。だけど、今頑張って、それを乗り越えたら、もっと楽しくなるかもしれないじゃないですか。

だから娘には、もしここを乗り越えて、それでもつまらなかったら辞めたらいいじゃんって話しました。きついところで辞めるのではなく、きついところが終わってから、もう1度判断しなさいということは多いですね。

娘は『パパは楽しく走ってるんでしょ?』って言うんですよ。それで、『本当にいつも楽しいと思っていると思う?』って聞いたら、『違うの?』って言うから、『違うよ』って言いました(笑)」。

子供はときに気まぐれであったり、感情で動いたりするもの。そんなときでも大迫選手は、大人と話すように常にフラットに説明をする。

「でも『理解できた?』って聞くと『わかんない!』って言ってますよ(笑)。だけど、それでいいと思うんですよ、実際。今はわからなくても、親として伝えることが大切。もしかしたら精神年齢が似ているのかもしれないけど(笑)、あえて子供の目線に落として話す必要もないかなって」。

試合が決まり、合宿などに入れば、家族と離れる時間は長くなる。だからこそ家族と一緒の時間はしっかりと子供と向き合っているのだろう、と思いきや、「いや……僕が自由だからな……」と苦笑いをした。

「もちろん、ある程度のことはやったほうがいいかもしれないですけど、僕は中途半端に何かをするというのが苦手で……。だから子育てに意識がいかないほど、競技に集中していることも多いんですね。

例えば子供を抱っこするときでも、もしこれで筋を痛めたらどうしようと考えてしまったり(笑)。僕は強くなるためには余計なものをそぎ落としていくことが重要だと思っているんです。家族との時間、友達と遊びに行くこと……そういった競技に必要ないものは我慢して削って、競技に向き合う。

それを積み重ねたからこそ、スタートラインに立ったときに、自分自身に対して自信が持てるし、達成感がある。本にも書きましたが、妥協なくスタートラインに立てたことは、僕にとってはひとつの勝利なんです。そうやって普段一緒にいられないからこそ、競技を頑張って、子供たちにいい姿を見せることが、僕が娘たちに返せることだと思っているし、走るモチベーションのひとつにもなっています」。

NEXT PAGE /

次世代に還元するために今、やっていること

そして大迫選手の目は、我が子だけでなく、次の世代を担う子供達へも向けられている。帰国の際には、忙しい時間の合間を縫って、子供や学生に向けたランニングクリニックを自ら企画。今回のMGC後にも小学校低学年と、高校生に向けて2回のクリニックを実施した。

「小学生へのクリニックは、彼らにどうやってスポーツや陸上の楽しさを伝えられるかなと思ったのがきっかけです。うちの子供はもともと体を動かすのが好きですし、ほかの家庭よりもスポーツが身近にあるので、あえて何かを提示しなくても、自分から『楽しそう!』って感じでやりだします。

でも、お子さんによっては興味のない子ももちろんいる。そういう子たちに遊び感覚で、体を動かす喜びを知ってほしいんです。『この選手、テレビで見たな』でもいいですし、それが別に陸上につながらなくてもいいので」。

大迫選手は自身の子育てと同様「選択肢を広げる」ことが、次の世代に大切だと考えている。

例えば、子供時代、特に小学生のうちはひとつの競技に絞らず、いろいろなスポーツを楽しんでほしいとクリニックに参加した親や子供たちにアドバイスをする。

走るだけでなく、ステップのあるサッカーや全身運動であるボルダリングなど、スポーツが変われば違う動きを身につけることができる。個人競技ならではの良さもあるし、団体競技でしか学べないこともある。何が自分に向いているのか、多くの経験をすればするほど、その選択肢は広がっていく。

一方、高校生へのクリニックは、競技者に限定。メンタル的なことからトレーニングへのアドバイス、フォームなどを丁寧にチェック。引退後は指導者への道を考えている大迫選手にとっては、自身の学びの場にもなっている。

「練習方法などは正直、誰でも教えられると思うんです。それよりも、今の日本だと高校、大学、実業団くらいしか選手たちの道はないのだけれど、実はアメリカの大学に通いながら競技を続けることもできるし、大学を卒業してから競技に打ち込む道だってある。

アメリカで競技をしている僕だからこそ、いろいろな選択肢があるということを提示してあげられると思うし、そういう環境を作っていきたいと思っているんです」。

著書には愚直と言えるほどに競技に真剣に取り組む日々で、大迫選手が迷い、悩み、見つけたものが綴られている。そこには父親として、男として、人間として、また仕事や生活への向き合い方など、読者が自身を見つめ直すエッセンスが詰まっている。

ひとつのことを究めたアスリートだからこその思考は、なんとなく過ごしてしまいがちな毎日の良いカンフル剤になることだろう。

マラソンランナー・大迫傑の初の著書『走って、悩んで、見つけたこと。』

マラソンランナー・大迫傑の初の著書。小学校時代から今に至るまで走り続ける彼は、走ることから何を学び、成長してきたのか。これまで多くは語られてこなかった華やかな表舞台の裏側が垣間見られる一冊となっている。ある種、ビジネス書のような気付きに溢れる内容だ。『走って、悩んで、見つけたこと。』1400円/文藝春秋

林田順子=取材・文

# マラソン# 大迫傑# 子育て
更に読み込む