37.5歳の人生スナップ Vol.83
2019.09.26
LIFE STYLE

「まだ夢の中にいたい」。守護神・川島永嗣(36歳)の終わりなき挑戦

コパ・アメリカで何度もビッグセーブをみせ、所属クラブ「RCストラスブール」との複数年契約を勝ち取ったサッカー日本代表のGK・川島永嗣。最近ではH&Mのアンバサダーにも就任。36歳にして未だに日本の守護神として君臨し、マルチに活躍する川島の“今”に迫った。

赤い悪魔が牙をむく。「ロストフの悲劇」という名の時計の針が動きだす。

その時計は、たった14秒の時を刻んだだけで、ピタリと止まった。ロストフ・アリーナのピッチ上で歓喜に沸く赤い悪魔たち。まるで金縛りにでもあったかのように身動きが取れず、呆然とするサムライブルーの選手たち。

2018年7月2日、ワールドカップ決勝トーナメント1回戦で、当時のFIFAランキング3位の強豪・ベルギー相手に一時は2-0でリードしていたサッカー日本代表。しかし後半のアディショナルタイムで逆転を許し、惜しくも敗退。しかしFIFAが実施したアンケートでこの試合がベストバウトに選ばれるなど、世界中に感動を与えた一戦となった。©Aflo

2018FIFAワールドカップ ロシア大会、ベスト8進出を賭けた「ベルギー代表 vs 日本代表」の一戦は、大方の予想を覆し、日本が2点のリードを奪うことに成功する。

しかし、その後のベルギーの猛攻に耐えきれず、立て続けに失点を許してしまう。そして、同点で迎えた試合終了直前のアディショナルタイム。ベルギーが誇る超高速カウンターにより、日本は痛恨の失点を喫し、2−3で敗戦した。ベルギーの攻撃が始まってから、わずか14秒の出来事だった。

その美しくも残酷な結末は、まるで芸術作品のように、明と暗のコントラストを鮮やかに描き出した。「ロストフの悲劇」「ロストフの14秒」などと呼ばれ、多くの日本人の記憶に深く刻みこまれた。

 

川島が背負ってきたもの

あのとき、世界中の誰よりも最前線でその残酷な現場に立っていたのは、間違いなく日本代表のゴールキーパー・川島永嗣選手だった。

川島は、これまで3大会連続でワールドカップに出場するなど、日本を代表するゴールキーパーとして日本のゴール前に君臨し続けてきた。川島が日本代表で積み重ねてきた出場試合は90。2010年からは海外リーグで活躍を続けるなど、その豊富な経験と実績は、ほかのライバルたちの追随を許さない。

そんな川島を目の前にし、リアルタイムで観ていた、あのときの気持ちが蘇る。

「頼む、川島!」。

人はいつだって身勝手なものだ。困ったときだけ神様にお願いをする。これまでも長い間、日本のゴールを守り続けてきた守護神に、何回願いを託しただろうか。あのときもまた、サムライブルーに襲いかかってくる赤い悪魔の恐怖を目の当たりにし、僕らは、いつもの神頼みをするしかなかった。

かくして日本国民の願いは、守護神・川島に託された。サムライブルーの選手たちは、必死の形相で自陣に戻っている。だが、超高速でスプリントする赤い悪魔たちにはわずかに届かない。すでに4名の赤い悪魔たちが、日本陣地の奥深く、ペナルティエリアの中に侵入してきていた。

川島は、目の前に迫った赤い悪魔に対し、焦ることもなく、怯むこともなく、低い姿勢で勇敢に身構え、適切なポジションを取る。サムライブルーを仕留めようとゴール前に詰めていたナセル・シャドリが左足でシュートを放つ。同じタイミングで、川島は、自らの両足で地面を蹴り上げ、勢いよく自らの身体を真横に投げ出した。185cmの大きな身体が引きちぎれそうになるほど、伸びている。

ボールは、必死に手を伸ばした川島の右手のわずか先を、あざ笑うかのようにすり抜けると、瞬く間に日本ゴールに吸い込まれていったのだった。

NEXT PAGE /

歩んできた道は苦難の連続だった

これまで川島は、出場した過去3度のワールドカップで、全試合にフル出場を果たしている。11試合のフル出場は、長谷部誠(35歳)、長友佑都(33歳)と並ぶ日本人最多出場記録だ。この記録は、歴代の監督からの信頼の証と言っても良いだろう。そんな川島のこれまでの足取りを簡単に振り返ってみよう。

この秋、H&Mのメンズファッション・キャンペーンに起用された、サッカー日本代表のゴールキーパー、川島永嗣選手。着用しているのはこの秋の新作で、防寒性の高いムートン調のジャケット。ジャケット9499円、パンツ3999円、靴7499円[すべて税込]/すべてH&M(H&M カスタマーサービス 0120-866-201)

高校を卒業した川島が最初に選択したクラブ・大宮アルディージャでは、特に最初の2年間は出場機会を得ることができなかったが、3年目になってようやく、正ゴールキーパーの座を獲得する。その間、年代別の日本代表で国際経験を積み、海外留学を経験するなど、海の向こうの世界への想いを膨らませていた。

次に、「今のうちに自分のベースをしっかり広げたい」という理由で移籍したのは名古屋グランパスエイト(現在の名古屋グランパス)だった。だが、そこで待っていたのは、ベンチを温める日々だった。

未来が見えない状況にもがき苦しむ川島が選んだのは、出場機会を求めて移籍した川崎フロンターレ。そこで、ようやく大ブレイクを果す。シーズンを通じて試合に出場し、チームの上位進出の原動力となった。ちょうどこの頃から、日本代表にも選出されるようになり、名実ともに日本を代表するゴールキーパーに成長していった。

2010FIFAワールドカップ 南アフリカ大会終了後には、兼ねてから想いを馳せていた海外クラブへの移籍を果たし、ベルギーのクラブで実績を積む。

しかし、2015年には再び苦境に陥ってしまう。無所属の時期が半年以上も続き、一時期は日本代表からも遠ざかってしまった。その後も幾度となく逆境を跳ね返してきたが、現在所属するストラスブール(フランス)でも、シーズンを通してリーグ戦の出場はわずかに1試合と、非常に苦しい1年を過ごした。

通常、プロサッカークラブのトップチームには、3名〜4名のゴールキーパーが所属する。もちろん、試合に出られるのは、たった1人だ。しかも、余程のアクシデントがない限り、ゴールキーパーが試合中に途中交代することはない。故に、ゴールキーパーが試合に出るためには、チームのライバルたちとの競争に勝ち、スターティングメンバーの座を確保しなくてはならない。

川島はこれまで、所属したチームのほとんどで、第3ないしは第4ゴールキーパーからのスタートだった。にもかかわらず、いつも最後には正ゴールキーパーとして、ピッチに立ってきた。

これだけの困難を、川島はどのように乗り越えてきたのだろうか。

NEXT PAGE /

ゴールキーパーならではのメンタリティ

H&Mの秋冬コレクションは、 9月26日(木)より世界中の店舗とオンラインにて販売開始。こちらはシルエットが美しいテーラードジャケットのセットアップ。ジャケット9499円、ニット2999円、パンツ3999円[すべて税込]/すべてH&M(H&M カスタマーサービス 0120-866-201)

「試合に出るか出ないかだけで日々の気持ちを処理していると、モチベーションを保ち続けることはできません。試合に出られなくても、毎日トレーニングを積み重ね、信頼を積み重ねるしかありませんからね。でも、試合に出て終わりじゃない。自分が試合に出たときに、どれだけチームに貢献できるかを考えて、日々を過ごしています」。

ゴールキーパーは、本当に無慈悲な職業だ。チームでたった1人しか試合に出ることは許されず、ようやく試合に出ても、たった一度ミスをしただけで、集中批判に晒される。だからこそ、川島はひとつのプレー、ひとつの試合だけで一喜一憂することはない。いや、一喜一憂などしていられないのだろう。

川島のその心の持ちようは、どこから生まれたものなのだろうか。川島はしばらく考え込んだあと、その源にある考えを口にした。

「試合に誰を出すかを決めるのは、監督の仕事。僕ではない。だからこそ、試合に出ても出なくても、自分自身を変えないようにすることが大切だと思っています」。

どんな社会でも、常に評価を下すのは自分以外の他人だ。仮にたったひとりに評価されなくても、そこで簡単に自分のやってきたことを変えることなく、継続するという信念のようなものを、川島は自然と身につけてきたのだろう。

「昔から上手くいかないことだらけですから。試合に出られない日々も長いこと経験してきました。うまく行かないときに、自分がどんな行動をとればいいのか、自分がどんな心でいればいいのかは、苦しい経験をしながら、自分のなかで腑に落ちていっているのかもしれません」。

 

守護神・川島の“心の原点”

このように、苦境の乗り越え方を身につけた川島だが、これまでのキャリアのなかでもっとも苦しかったのは、意外にも名古屋グランパス時代だったそうだ。

若き日に年代別の日本代表で活躍し、活路を見出した川島は、2004年に、さらなる飛躍を誓って、名古屋グランパスエイトに移籍した。そこには、日本を代表する名ゴールキーパー・楢﨑正剛が君臨していた。

確かな自信を持って挑んだつもりだったが、成長著しかった当時の川島をもってしても、楢﨑の牙城を崩すことはできず、控えに甘んじる日々が続いた。「一生、控えのままでキャリアが終わってしまうのではないか」という不安が脳裏をよぎったそうだ。

「どうやったらナラさん(楢﨑)を超えられるんだろうと、いつも考えていました。でも、敵う(かなう)という感覚すら持てない。このまま追いかけているだけでは一生超えられないと気が付いてから、次第に自分自身の強みにフォーカスを当てるようになりました」。

このときから川島は、楢﨑の影を追い求めることをやめ、自分自身のスタイルを追求するようになっていった。結局、名古屋に所属した3年間で、リーグ戦への出場はわずか17試合。しかも、そのほとんどは、楢﨑の負傷などが理由で川島に出番がまわってきたものだ。

最後まで楢﨑の牙城を崩すことはできなかったが、当時、苦しみながらも自分にフォーカスしたことがその後の躍進の原動力となり、今も川島の心の原点となっている。

NEXT PAGE /

ロシアW杯を終え、再び夢の中へ

普段はユニフォーム姿を目にすることの多い川島選手。H&Mの撮影ではカジュアルコーデも着こなし、とてもリラックスした雰囲気に。シャツ5999円、ニット3999円、パンツ2499円、靴7499円[すべて税込]/すべてH&M(H&M カスタマーサービス 0120-866-201)

川島はおそらく、日本サッカー史上、もっとも数多くの“神頼み”を背負ってきたゴールキーパーではないか。その偉大なる守護神に、「あの14秒」のことを聞くと、少し時間をおいてから、口を開いた。

「終わったあとは、すぐに次を考えることはできませんでした。でも、少し時間が経って、自分はロシアで何を得たのか、自分はこの先何をしたいのかを自問自答したんです。そうやって考えていたら、いつしか、まだ夢の中にいたいという気持ちになっていました」。

2019年6月に行われた南米選手権で、若手中心に構成された日本代表の中で、川島は3試合中2試合で先発出場を果たし、改めてその存在の大きさを示した。鬼気迫る表情で、ゴールを守る姿に、頼もしさを感じた人も多かったはずだ。

そのせいか、川島の口から「夢の中」という言葉が出てきたのは、少し意外に感じた。陳腐な表現かもしれないが「責任感」とか「覚悟」といった、暑苦しいくらいストイックな言葉が並ぶと思っていたからだ。

コパ・アメリカで2試合に出場した川島選手。試合は2-2のドローで終わった。©Aflo

そこで、さらに質問をする。今後の夢は2022年に行われるワールドカップ・カタール大会なのかと。すると、「表現があっているかわからないんですけど」と前置きしつつ、丁寧に言葉を選びながら話を続けた。

「もちろん、次のワールドカップにも行けたらいいなとは思います。でも、それは結果の話。まずは目の前の壁を乗り越えようと挑戦する時間を楽しみたいと思っています。その先にワールドカップがあればいいし、長く海外でプレーできたらいいです」。

こう語る川島の表情は、まるで風のない海のように穏やかだった。  

NEXT PAGE /

「また違う景色があるはず」アラフォーの楽しみ方

川島は、いまも所属チームでは、出場機会を得られていない。にも関わらず、若かった頃と比べて、いまが楽しくて仕方ないという。

「30代になってから、人生がすごい楽しいと思うようになったんです。なぜかと言うと、若い頃は、どんな自分を目指せばいいのかもわからず、先が見えないなかで、ただ頑張るしかありませんでした。

でも30代になってからは、いろんな角度で物事を見ながら、自分を作り上げていける感覚があるし、さらに、40代になったらどうなるのかなっていう好奇心も出てきました。40代になればまた違う景色があると思うんですけど、そこに向かっていくうえで、いまがいちばん楽しい時期なんじゃないのかなと思っています」。

川島は、他人の評価に左右されず、自分の進みたい方向へ進みながら、自分自身の変化を楽しんでいる。だから、あの悲劇のあとも「まだ夢の中にいたい」と表現したのだ。

そこで、ふと我に帰る。我々も皆、それぞれ自分だけの道を歩んでいる。その先にどんな未来が待っているのかは、誰にもわからない。だからときには不安にだってなる。この先も、楽しいことばかりじゃないことだって、なんとなくわかっている。

だからこそ、どんな状況にいようとも、自分の足元にある道を楽しみながら進んでいくのはひとつの生き方なのではないか。今の楽しみ方を知っていたら、これから先の人生も、きっと楽しむことができるはずだ。守護神・川島のように。

いま再び、あのシーンが蘇る。

「頼む、川島!」。

人間はつくづく勝手な生き物だ。想像したあの時のシーンは、都合よく脚色されている。穏やかだが力強い眼で未来を見据える川島本人を前に、右手の指先でボールを弾くその姿が脳裏に浮かぶのだ。

 

瀬川泰祐=取材・文

# H&M# サッカー# 川島永嗣
更に読み込む