隣のオッサンは青いか? Vol.77
2019.09.13
LIFE STYLE

あなたは知ってる? 同僚のパンツ、そして妻のパンツのお値段

>連載「隣のオッサンは青いか?」を読む

人に見せるためのファッションとしては、ある意味特殊な位置づけにあるパンツ(下着のほう)。かつては、ブランドもののパンツを選んで履いたり、パートナーのために素敵なパンツをプレゼントしてあげたりしていた人でも、家庭を持つようになれば自然と、パンツに対するこだわりが薄れてくるのではないだろうか。

とはいえ実際のところ、オーシャンズ世代は自分のパンツ、そしてパートナーのパンツにどれくらいの関心を持っているのだろう? 今回は、親しい間柄でも改めて尋ねる機会がない、40代夫婦のリアルなパンツ事情を探ってみた。

下着選び

妻にパンツを任せている夫は意外にも全体の2割

●自分のパンツは誰が買っていますか?

【男性】
・主に自分 65.9%
・主にパートナー 20.9%
・特に決めていない 13.2%

【女性】
・主に自分  92.5%
・主にパートナー 3.2%
・特に決めていない 4.3%

40〜45歳の既婚男女に聞いたこちらのアンケート。男女ともに、パンツは自身で購入する人がもっとも多いという結果だったが、一方で既婚男性の2割が、パンツの購入をパートナー任せにしていることも判明した。そもそも身に着けるものに関心がないのか、それともパンツを見せる相手が家族だけになってしまったためなのか。いずれにしても、パンツにこだわりを持たない既婚男性がある程度いる事実は興味深いところだ。

では、パンツにかける費用はどれくらいになっているのだろう? 次のアンケート結果をみてみよう。

●自分が履いているパンツの値段は、平均すると1着いくらだと思いますか?

【男性】
・わからない 4.4%
・〜500円 40.7%
・501円〜1000円 36.3%
・1001円〜3000円 14.2%
・3001円〜5000円 1.1%
・5001円〜1万円 2.2%
・1万円以上 1.1%

【女性】
・わからない 10.8%
・〜500円 51.5%
・501円〜1000円 23.7%
・1001円〜3000円 10.8%
・3001円〜5000円 0%
・5001円〜1万円 0%
・1万円以上 3.2%

男女ともに、1着1000円までのパンツを履いている人が過半数という結果に。量販店で売られているパンツが、3着1000円~1500円程度となっている場合が多いことを思えば、まぁ納得のいく結果といえるのだが、気になるのは女性の場合でも500円以下のパンツを履いている人が多いという事実だ。妻はもう少し高いパンツを履いていると思っていた既婚男性も、結構多いのではないだろうか?

というか、そもそもパートナーのパンツが、どれくらいの価格帯なのかを知っている人って、どれくらいいるのだろうか。

NEXT PAGE /

下着

男性の半数は、妻の下着事情を把握しておらず

●パートナーのパンツの値段は、平均すると1着いくらだと思いますか?【男性】
・わからない 46.2%
・〜500円 11.0%
・501円〜1000円 19.8%
・1001円〜3000円 15.4%
・3001円〜5000円 5.4%
・5001円〜1万円 2.2%
・1万円以上 0%

【女性】
・わからない 22.6%
・〜500円 46.2%
・501円〜1000円 22.6%
・1001円〜3000円 6.4%
・3001円〜5000円 1.1%
・5001円〜1万円 1.1%
・1万円以上 0%

こちらは、相手のパンツ事情を知らないという人が女性は2割、男性は半数という結果になったのだが、面白いのは夫と妻で、相手のパンツの価格帯のイメージに差があること。実際はどちらも500円~1000円程度のパンツを履いているにもかかわらず、夫のほうが妻のパンツに対し高い見積額を出しているのだ。このあたりの金銭感覚は、パンツに限らず、夫婦のどちらが家計を握っているのかにも、関係しているのかもしれない。

一方、次のアンケート結果も興味深いところ。

●自分のパンツとパートナーのパンツ、どちらが高額だと思いますか?

【男性】
・自分 13.2%
・パートナー 61.5%
・同じくらいの金額 13.2%
・わからない  8.8%
・知りたくない 3.3%

【女性】
・自分 31.2%
・パートナー 26.8%
・同じくらいの金額 28.0%
・わからない 10.8%
・知りたくない 3.2%

どちらも妻に軍配を上げているのだが、ここで面白いのは、夫と自分のパンツの価格を把握しているはずの妻でも、自分のパンツのほうが高いという意識を持っている傾向が強いことだ。これはいったい、何を意味しているのか?

そもそも男性に比べ、女性のほうが下着にこだわる傾向が強いのは実感としてもわかると思うが、だからといって何かと物入りな家庭生活を考えれば、自然と下着にかけるコストのプライオリティが下がるのはやむを得ないこと。とはいえ、気持ちだけは夫よりも良いパンツを身に着けておきたい……と考えている妻が多いととらえれば、ちょっと良い話なのだが。逆に考えれば、夫のパンツのほうが低コストで構わないと考えている妻が多いとも推測できるわけで……。

いずれにしても、妻に比べ夫のほうが相手のパンツに対する意識が低いことがわかった、今回のアンケート調査。少しでも反省の念を抱いたならば、次の週末あたり、久々に夫婦そろって互いのパンツ選びの買い物へ出かけてみてはいかがだろう?


ファストアスク=アンケート協力

# アンケート# 下着# 夫婦# 隣のオッサンは青いか?
更に読み込む