2019.08.16
LIFE STYLE

三浦理志さん&パトリシオさんが語る「湘南暮らし」の楽しみ方

俳優、モデル。誌面でいつも格好いいオーシャンズな男たち。だからこそ気になるのが彼らのファッションと私生活だ。普段はどんなライフスタイルを送り、どんな私服を着ているのかをパパラッチにて公開! 想像どおり!? いや想像以上にステキだね!

新旧が融合する街、それが湘南の魅力だね。

三浦理志●湘南育ちという生粋の湘南ローカル。15歳でサーフィンと出会い今では生活の一部に。 パトリシオ●数多くのファッション雑誌や広告、カタログなどで活躍する人気モデルにして、今回がオーシャンズ初登場。
[左]みうらまさし●1970年7月1日生まれ、神奈川県出身。湘南育ちという生粋の湘南ローカル。15歳でサーフィンと出会い今では生活の一部に。26歳のときにニュージーランドに渡り2年間料理を学ぶ、その腕前はプロ級。 [右]ぱとりしお●1984年2月1生まれ、東京都出身。数多くのファッション雑誌や広告、カタログなどで活躍する人気モデルにして、今回がオーシャンズ初登場。5年前より湘南に移住し、趣味のゴルフやサーフィンなどを満喫している。

パトリシオ(以下パ)初めましてパトリシオです!

マーシー(以下マ)どうも三浦です! そう、意外にも“初めまして”なんだよね。お互いに湘南在住のモデルで、サーフィンという共通の趣味もあるのに。もちろんパトリシオが湘南に住んでいるということは知っていたけどね。

 ありがとうございます。実は何度かマーシーさんを見かけたことがあるんですよ。

 マジで! 湘南で?

 はい。とある湘南の店で。ただプライベートみたいでしたし、面識もないのにいきなり声をかけるのもどうかなって。

 そうだったんだ。全然気にせずに、声かけてくれたら良かったのに(笑)。まぁ、仕事仲間とか共通の知り合いは多いから、実際に会ったことはなくても、知り合いのような感覚ではあったよね。

 前に、一緒に食事をする機会をスタイリストさんがセッティングしてくれたんだけど、タイミングが合わずに実現しなかったこともありましたね。

 そうそう。だからこうやって話せる機会ができてうれしいよ。

パ そうですね。マーシーさんは湘南育ちなんですか?

 うん。ずっと湘南だね。パトは?

パ 僕は5年くらい前に引っ越してきました。

マ 都内から?

パ はい。海が好きだったのが一番ですけど、山もあって自然豊かで。それでいて、いろいろな店も充実しているから、湘南に移住してすごく良かったなって思っています。

マ そうでしょ。湘南はいいトコなんだよ。

パ あと公園も多かったりと、子育てをするのにもいい環境です。マーシーさんは湘南を出たことないんですか?

マ ニュージーランドに留学していたときくらいかな。俺は昔から東京に通うことが当たり前の生活だったから、都内に住みたいって思ったことがない。今みたいに、いつでも海に入れなくなっちゃうし。

パ 海に入るからっていうことも大きいんですが、湘南に住んで朝が早い生活に変わりましたね。昔ほど深酒することもなくなったし。

マ 俺はするよ(笑)。

パ えっ!

マ もちろん、次の日がオフのときだけどね。2年くらい前から、次の日が仕事の場合は一滴も飲まないよ。

パ それは素晴らしいですね。都内で飲まざるを得ない場合は?

マ もう終電か始発の2択だね。最悪都内に泊まるか。

パ 湘南あるあるですよね(笑)。

マ そう言えば、パトはゴルフもやるんだよね?

パ やりますよ! マーシーさんは?

マ 俺はやらない。何度かやったこともあるんだけど、集中力が続かないんだよね。

パ 18ホール、ずっと集中力を維持するのは大変ですね。でも、楽しくなかったですか?

マ うん、最初は面白いんだけど、集中力がないから、途中でもういいやって(笑)。

パ でも、クラブの芯でボールを喰ったときは本当に気持ちいいですよ!

マ それ、わかる!! 湘南でもやるの?

パ はい。七里ヶ浜ゴルフ場の会員になっているんで、そこで打ちっぱなしをしたり。あと茅ヶ崎ゴルフ倶楽部に行ってコースを回ったり。

マ あー、茅ヶ崎にあるね。昔あのゴルフ場の近くにクルマを止めて、サーフィンしてたなぁ(笑)。

パ 何番ホールか忘れたけど、たまにサーファーが自転車に乗ってコースを横切ることがあるんですよ。そんなゴルフ場、ほかではないですよね。

マ 集中できないじゃん。でも、なんかそれも湘南らしいね(笑)。

パ ところで、マーシーさんは農作業をやっているって聞いたんですが?

マ そう。まぁ家庭菜園レベルだけど。先輩の持っている畑を借りて作っているよ。

パ どこにあるんですか?

マ 自宅からクルマで30分くらいのところ。そこで採れた野菜を使って料理まで楽しむのが俺のスタイル。

パ 僕は全然ダメだけど、マーシーさんは料理も得意ですよね。

マ だから、パトはサーフィンとゴルフの“サーフ&ターフ”だけど、俺はサーフィンと農業の“サーフ&ノーフ”。それがお互いのライフスタイルのキーワードだね。

(笑)。

マ 先輩としてうまくまとめてるでしょ(笑)。

パ 今後、この湘南でやってみたいことって何かありますか?

マ 近い将来に必ず飲食店を出そうと思っている。

パ もう決まっているんですか?

マ いや、まだ決定はしていないけど、来年の夏くらいにはオープンしたいなって。出店場所の目星はつけているよ。

パ どんな飲食店ですか?

マ 今考えているのは炭火焼きかな。まだ構想中だから詳しくは言えないけれど。パトは何かやりたいことある?

パ 僕はアパレルをやりたいですね。子供服とか親子で着られる服とか。

マ 店も?

パ 店を構えるというよりも、湘南で開催されているさまざまなイベントとかに、作った服で出店できたらいいなって思っています。

マ それ、楽しそう。最近は、湘南でもそういったイベントがたくさんあるからいいよね。

パ ずっと暮らしているマーシーさんから見て湘南ってどうですか?

マ パトのようにお洒落な人が移住してきて、街もお洒落になって活気があって。それは湘南にとってもすごくいいことだと思う。

パ 僕が住み始めてからのここ5年くらいの間でも、どんどん新しい店や商業施設ができて変わってきていますよね。

マ そうだね。海側にも新しい店が増えて、やっぱり湘南って盛り上がっているんだなって感じるよね。もちろん昔からある店や昔ながらの変わらない文化も残っている。新しいものも受け入れて、旧き良きものはきちんと残す。その融合が湘南の良いところだし、魅力なんじゃないかな。

# パトリシオ# パパラッチ# 三浦理志# 湘南
更に読み込む