2019.08.02
LIFE STYLE

ママ友にも愚痴れない。仕事を辞めた妻が後悔する、お金以外の理由

主婦

連載「夫たちが知らない、妻の本音」
うちの夫婦関係はうまくいっている……と思っていても、妻たちの心の中には、溜め込んだ不満が何かしらあるものです。そこで、普段夫に言えない本音を、子供を持つ妻たち200人に大調査。現役ママである筆者の解説を交えて紹介します。

 専業主婦が感じる、社会からの疎外感や孤独感

女性は妊娠・出産を経験すると、フルタイムの仕事を辞めて家事や子育てに専念するか、または産・育休を取って、時短やフルタイムで元の職場に戻るか、人によってはここで大きな選択を迫られることになります。

連載第1回は、フルタイムの仕事を辞め、専業主婦になったり、パートタイムで働くようになったりしたママたちに、出産前にやっていた仕事を辞めて後悔を感じたのはどんなときかを聞いてみました。

アンケートを集計すると、もっとも多いのは世帯収入が減ってしまったことに対する後悔です。

しかし、その次に多かったのが、仕事を辞めたことによって、社会から切り離された孤独感を感じたり、社会的地位が下がったと感じるという意見でした。

Q.フルタイムの仕事を辞めたことを後悔するのはどんなときですか?

「社会から孤立してしまった気がしたとき」(東京都・37歳)
「産休を取って復帰し、フルタイムで働いている友人を見て、取り残されている気がしたとき」(神奈川県・43歳)
「社会的地位が下がった気がしたとき」(神奈川県・38歳)
「フルタイムを続けている友人から充実している仕事の話を聞いたとき」(東京都・39歳)

夫に「主婦になってほしい」と言われて仕方なく辞めたというケースもあるでしょうが、多くの場合は妻側も、今は子育てを優先させようと納得して辞めたのだと思います。しかし、いざ辞めてみると、孤独感や疎外感を感じている人が少なからずいるということがわかります。

じつは、こういった仕事に関する本音は、ママ同士の会話ではあまり聞く機会がありません。

私はこれまで仕事も兼ねて多くのママに仕事や子育てのことをヒアリングしてきましたが、今回の回答を見たときに、意外だと感じました。

私が話を聞いた専業ママたちは仕事を辞めた理由として「子育てを優先させたいから」「子供が小さいうちはじっくり子供と向き合いたいから」とか、「外で働くより主婦業が自分に合っていると思ったから」などを挙げた人が多く、積極的に主婦業を選んで充実しているというスタンスでした。

しかし、今回の回答を見て、そうではない本音を心のどこかに持つママもいるのだということに改めて気付かされました。

ひょっとすると、日常生活には特に不満はないけれど、ふとしたときに、孤独感や疎外感を感じるということが誰にでもあるのかもしれません。

 

妻のやりがい・キャリアを考えることも夫には必要

よく考えれば、主婦業は孤独な仕事です。

愚痴を言い合える同僚がいるわけでもなく、仲間と協力しあって仕事を進めていくということもありません。しかも、仕事のゴールがあるわけでもなく、家族の生活が続く限り、半永久的に毎日仕事は続きます。

今回行ったアンケートの回答の中には「人と会話することが極端に減り、会話が苦手になったと感じたとき」(39歳)、「家族以外との交流がないことに気づいたとき」(35歳)というコメントもありました。

家族や子供に喜ばれることや、子供がすくすくと成長することに充実感を感じられ、それをじっくりと味わえるのが主婦業のやりがいと言えるのでしょう。

しかし、その反面、やはり女性も外に出て働き、仕事の評価を得たり、給与を得たり、人から喜ばれたりすることを求める気持ちもあること。特に独身時代にバリバリ働いた経験がある人ほど、割り切れない気持ちを抱えていることを、せめて夫には理解してほしいという気持ちがあるのです。

「働かないで生活できるなんて幸せだろう」などと言う男性がたまにいますが、そうではなくて、きちんと妻の今後のキャリアについても、一緒に考えていただけると、より夫婦関係が良好に続くのではないかと思います。

NEXT PAGE /

ブランクが長すぎると、気づいたときには再就職困難に

もうひとつ、この質問(Q.仕事を辞めたのを後悔するのはどんなときですか?)の回答の中に散見されたのが、再就職に関することです。

「同じぐらい給料をもらえる仕事に復帰しづらい。子供の小さい時期を耐えればあの給料で続けられたのに……と思う」(茨城県・39歳)
「少し子供が手を離れたときに、再就職しようと思ったのですが、なかなかうまくいかなかったとき」(東京都・37歳)
「再就職する自信が持てないとき」(大阪府・41歳)

子供が小学校の3〜4年生くらいになると、かなり手が離れるので、そろそろ仕事をしようと考え始めるママは多いようです。

そのときにぶち当たるのが再就職の壁。

以前に派遣会社の営業の方に聞いた話によると、5年以上ブランクがあると、再就職が難しくなるそう。もし出産で一度仕事を離れた場合でも、子供が5歳くらいまでのうちに復帰を考えたほうが仕事を探しやすいそうです。

また、高学歴ママならではの壁もあります。

以前に話を聞いたママ友は、有名大学を出て金融機関で働き、出産を機に退社。下の子が小学校に入るタイミング、つまり9年ほどのブランクののちに仕事を探したけど、やりたい仕事がないと嘆いていました。

仕事を選ばなければいくらでもあるだろう……と思ってしまいますが、そのママ友が言うには「今さらレジ打ちというのもなんだか抵抗感がある」とのこと。

レジ打ちや簡単な接客業をやってくれる従業員だって、企業にとっては大事な戦力。個人的には、もしそれらの仕事をやることになっても、それはそれで楽しく働けそうな気がしますが、その反面、「抵抗感がある」という気持ちも、わからなくはないです。

あまりに長い期間仕事のブランクがあると、どんな仕事であっても、何らかのハードルを感じてしまうのかもしれません。

子供が高校生や大学生になってしまった先輩ママたちがよく言うのは「子供に手がかかる時期はほんの数年のこと。手が離れて以降のほうが長いので、仕事ではなくても、なにか自分のためにできることを探しておいたほうがいい」ということ。

子育てが一段落したときに、今まで子育てに向かっていた妻の時間とパワーが、家庭の中で今度は夫に向くことになるでしょう。そうなると、夫に対して過保護とも思える対応をしてくるかも……。もしそれを望まないなら、今からでも、妻のキャリアプランを一緒に考えてみてはいかがでしょうか?

 

相馬由子=取材・文
編集者、ライター。合同会社ディライトフル代表。雑誌、ウェブ、書籍などの企画・編集・執筆を手掛ける。会社員の夫と、もうすぐ小1の娘の3人家族。ここ数年は、子育てをテーマにした仕事を数多く手掛けている。

石井あかね=イラスト ネオ・マーケティング=アンケート協力 ※調査対象:既婚子持ちの35〜45歳の女性200人

# アンケート# 仕事# 夫たちが知らない、妻の本音# 夫婦# 専業主婦
更に読み込む