左脳を刺激する! オッサンIT化計画 Vol.84
2019.06.11
LIFE STYLE

雨でも手ぶらで出かけたい男たちよ。話題のシェア傘サービスに注目!

>連載「オッサンIT化計画」を読む

アイカサ

うっとうしい雨のシーズンが到来。しばしの我慢……と思いきや、梅雨が明けても、予期せぬ雨に悩まされるのが日本の夏というもの。

英国紳士よろしく、ステッキがわりに傘を持ち歩く習慣のあるダンディならともかく、オッサンたちの大半は、雨の予報があったとしても、極力軽装で出かけたいのではないだろうか。

そこでオススメしたいのが、日本では初となる有料のシェア傘サービス「アイカサ」。2018年12月にサービスを開始し、2019年6月からは都内(渋谷、上野が中心)に加え福岡市内にもエリアが拡大された。


1日70円から。どこで借りても返してもOKなレンタル傘

アイカサ
男性向けの黒傘のほか、デザインやサイズのバリエーションも増えつつある。


国内でも定着し始めているシェアサイクルと同様に、アイカサの対応スポットなら、異なる地点で自由に借りたり返したりできる(東京で借りた傘を福岡で返却してもOK)ことが特徴となるこのサービス。

1回70円(1日)というだけでも十分安価だが、1カ月420円で何回でも使い放題になる点も大きな魅力だ。


LINEとの提携でユーザー登録やレンタルの操作も簡単に

料金体系だけでなく、利用手順も特徴的。通常、この手のレンタルサービスは専用アプリをインストールしたり、初回利用の際にユーザー登録が必要だったりするのだが、アイカサの場合はLINEと提携しているため、LINEユーザーならアイカサを「友達追加」するだけで、すぐに利用できるようになっている。

画面キャプチャ
利用手順も極めて簡単。地図に示された最寄りのスポットへ行き、傘に貼られたQRコードを読み取るだけで傘を借りる、または返却の操作が完了する。

現在地で15分以内に雨が降る可能性がある場合に、LINEのメッセージでアラートするとともに、最寄りのスポットを教えてくれるのも親切な機能といえる。サービス開始から約半年ということで、まだまだスポット数が少ないのが最大の難点ではあるものの、傘を持ち歩くのが面倒なオッサンたちにとって、かなり気になるサービスではないだろうか。

NEXT PAGE /

レンタル傘以上の可能性を秘めたサービスとしても注目

このように、いかにも便利そうなアイカサだが、例えば借りた傘を盗まれてしまった場合どうなるのか? アイカサの運営元である株式会社Nature Innovation Group(ネイチャー イノベーション グループ)の黒須 健氏に聞いた。

まず、もっとも気になる盗難対策だが、これは傘にダイヤルロックを装備することで対応しているとのこと。

ダイヤル式

具体的には、QRコードを読み取りレンタルを開始する際に表示された3桁の解除コードに合わせないと、傘が開かない仕組みになっているという。これなら仮にコンビニやカフェの傘立てで傘を失敬されても開くことができないので、そのまま持っていかれるリスクがかなり少ないわけだ。

「傘のダイヤルを、敢えて“緩く”してあるのも工夫のポイント。ユーザーがロックの操作をしなくても、自然とダイヤルが回ってロックがかかるようになっているんです」(黒須氏)。

ちなみにこのダイヤルロックは、特許を取得済みとのこと。普通の傘にも取り入れてほしい仕組みだと思ったのは、筆者だけではないだろう。

それでも盗難に遭ってしまったり、置き忘れなどで紛失した場合には、LINE経由で申告すれば課金を止められるほか、損料として860円支払うことで“買取”も可能になっているとのこと。

やむをえない事情で破損した場合は、保険が適用されるともいう。とはいえ傘のつくりが頑丈にできていることもあり、保険が適用されたケースは、ほとんどないそう。

さらにいえば、サービス開始以来、返却率はほぼ100%なのだとか。シェア傘サービスは国内外に先行事例があるのだが、ほぼ100%の返却率を続けているのは、アイカサのみ。そのため、海外でも大きく注目されているという。

「傘にダイヤルロックを施していることに加え、LINEを使っていることも返却率が高い理由です。LINEアカウントを捨ててまで、いわゆる“借りパク”をしようという人はいませんからね(笑)」(黒須氏)。

また、サービス提供の上で最大のネックとなる傘を置くスポットの数だが、こちらに関してはスポットを設置する店舗にとってのメリットがポイントになるとも。

アイカサ

「現状、ローソンの一部店舗にスポットがあるほか、都内ではカフェなどの飲食店や商業施設を中心に設置スポットが増えています。福岡では自治体の協力もあり市庁舎や交通機関などにもスポットが設置されるようになりました。シェアサイクルとは違い、シェア傘はスポットとなる傘立てが最小サイズでA4用紙程度と、店舗の小さなデッドスペースを活用できるほか、傘も借りられる雨宿り場所として集客効果も期待できるので、店舗側にも結構メリットがあるんです」(黒須氏)。

アイカサ
福岡では西鉄(一部の駅)改札付近にもスポットが設置されている。東京の駅でも実現すれば、かなり便利になりそうだ。

傘のレンタルという面だけでみれば、正直地味な商売とも見えてしまうのだが、傘を介した人の移動までを見据えたサービスと考えれば、意外な発展の可能性もありそう。単なる便利サービスというだけでなく、ビジネス的な観点からも注目すべきかもしれませんぞ。

石井敏郎=取材・文

# アイカサ# オッサンIT化計画# シェア傘サービス
更に読み込む