37.5歳の人生スナップ Vol.60
2019.05.20
LIFE STYLE

【前編】Amazonを辞めて始めたのは“どう考えても成り立たないビジネス”だった

>連載「37.5歳の人生スナップ」を読む

「実店舗でカセットテープを売る。誰がどう考えても成り立たないビジネスだと思いませんか」。

角田太朗さん

穏やかな声音で角田太朗さん(49歳)はそう言った。

中目黒からのんびり歩くこと10分程だろうか。閑静な住宅街のなかに「Waltz(ワルツ)」はある。倉庫のような広い間口。その扉を開けると店内にはカセットテープがぎっしりと、丁寧に整然と、並べられていた。

カセットテープ

オーナーである角田さんはここ中目黒の一角で、おそらく世界にひとつだけのカセットテープ専門店を営んでいる。店内には、早朝ということもあり柔らかな光が差し込み、カセットひとつひとつにつけられた角田さんお手製のPOPを輝かせていた。膨大な数のカセットに囲まれながらも、まったく窮屈さを感じない開放的な空間だ。

角田太朗さん

「店内にあるカセットテープは6000本くらい。ストックはその何倍もあって、倉庫に収納してあります」(角田さん、以下同)。

グッチにインスピレーションを与えた場所「グッチ プレイス」として日本初の認定を受けたワルツ。アナログを愛する人々の聖地としてグッチとの限定アイテムも誕生するなど、その存在感を高めている。

「グッチ プレイスに選ばれているのは歴史的建造物ばかり。本当にうちでいいのかな?って(笑)。中目黒の片隅でやってるような店を見つけたグッチさんの嗅覚にも驚きました」。

2015年8月にオープンしたワルツ。角田さんの前職はなんと、ネットショップ最大手のAmazon(アマゾン)だ。

「辞めるときはもったいないとか、信じられないとか、いろいろ言われましたね。今の時代にこんなバカなことを始めようとする人はいないですから」。

そう言いながらも、角田さんの表情には余裕が浮かぶ。アマゾンを辞めて、“成り立たないビジネス”を成り立たせるまでのストーリーを追った。

NEXT PAGE /

音楽フリークは、音楽バイヤーを経てアマゾンへ

幼い頃から音楽好きな子供だったという角田さん。音楽を聴く原体験は、カセットテープからスタートしている。

角田太朗さん

「ジャンル問わず聞いていたので、学生のときはとにかく音楽に詳しい人、っていう位置づけだったと思います。頼まれてカセットテープを録音することも、よくやっていましたね」。

大学卒業後は「WAVE」というレコードショップに就職。マニアックな品揃えで有名な大型店だった。限られた情報源のなかで海外の音楽雑誌などを読み込み、どの店よりも早くいいアーティストを発掘したい! と夢中になった。バイヤーとして活躍した角田さんは、ここで生涯の伴侶となる女性とも出会うことになる。

その後に入社したのは、テレビゲーム販売チェーン・明響社。音楽商材に本腰を入れようとしているところだった。90年代に入り、音楽のメインストリームは完全にCDになっていた。

「明響社は上場したりすごくいい時期もありましたが、4年ほどいて、会社の業績が悪化してしまった。そこで次に僕が入ったのがアマゾンでした」。

NEXT PAGE /

33歳でAmazonに入社。そこで過ごした歳月とは……

2000年の11月にオンライン書店として日本でのビジネスを開始したアマゾン。その半年後、CD・DVDの販売をスタートする計画に伴い、角田さんはこれまでの経験を活かして、部門の立ち上げを任されることとなる。

角田太朗さん

「僕が入ったときは社員も50人ほどしかいませんでした。それが14年間で世界を代表する企業となり、いまや時価総額世界一になってしまった」。

CD・DVDのビジネスを軌道にのせたあとは書籍、日用品部門などを渡り歩き、さまざまなカテゴリーの商品を担当した。

「アマゾンはすごく数字に厳しい会社。ひとつのセクションに長く居続けることは難しくて、結果を出したら次の部門に異動となり、そこでも結果を求められる。日用品の担当になったときは戸惑いましたが、事業部長にもなっていちばんやりがいを感じましたね。責任は重いけれど充実していました」。

めまぐるしいスピードで会社が成長していくなか、結果を出せない人は辞めてしまうような難しさがアマゾンにはあった。10年以上のキャリアがある人はほとんどいないような状況で、角田さんの14年というキャリアは異例といえる。

そんななか、なぜ「ワルツ」オープンに至ったのか。

「会社勤めだったら当たり前な部分もあるのですが、人に人生決められているみたいだなと、ふと思ったんですよね。40半ばになって、そろそろ自分が本当にやりたいことを追及していかないといけないんじゃないか。そんなことを想い始めたんです」。

40代に入って立ち止まった角田さん。ちょうど、カセットテープの魔力に取り付かれていた時期でもあった。

「アートブック『MIX TAPE』で出合ったカセットテープの写真が、もうアートそのものだなと感じたんです。小さくて美しいフォルムに、音楽が詰まっている。2000年代に入って、またカセットテープに夢中になりました」。

アナログに立ち返った角田さんの独立後は、【後編】で追っていこう。

藤野ゆり=取材・文

# 37.5歳の人生スナップ# Amazon# カセットテープ# 音楽
更に読み込む