OCEANS’ PEOPLE ―第二の人生を歩む男たち― Vol.23
2019.02.23
LIFE STYLE

失恋を経て、路上心理カウンセラーへ。とある書家が迎えた転機

OCEANS’s PEOPLE ―第二の人生を歩む男たち―
人生の道筋は1本ではない。志半ばで挫折したり、やりたいことを見つけたり。これまで歩んできた仕事を捨て、新たな活路を見いだした男たちの、志と背景、努力と苦悩の物語に耳を傾けよう。

小林龍人のインタビューを最初から読む

小林龍人は墨筆士である。書を生業としている。だが、前回は首都圏に棲息するごく普通の兄ちゃんの青春譚に終始した。このインタビューにおいて、小林龍人の書は、いまだ小学生のときに習っていた習字で止まっている。意に染まない仕事を、遊びで紛らわせる日々が続いている。

だが今回いよいよ彼は立つ。彼自身が己のあり方を強く見直す契機に見舞われるのだ。失恋である。事件は小林青年、28歳の12月に起きる。

 

人前で、なかば“公開処刑”のように失恋

「そのときは、確かに彼女と少し距離を置いてる状態でした」。

小林龍人は、マーケティング会社に勤めるサラリーマン。情熱を傾けていたのは仕事以外の時間だった。アフター5の飲みと週末の波乗り、冬場のスノーボード。仕事はあくまでも、そうした楽しみを支えるための手段だった。

彼女に出会ったのは、大学時代から通っていた池袋のサーフ&スノーショップ。初めて見かけたときにおしゃれだなと思った。それに何しろサーフィンとスノーボードという趣味が間違いなく合致しているのだ。小林青年、それまで以上のモチベーションでショップに通い、いつしかふたりは付き合うようになった。そして1年ほどが過ぎた時のこと。

「彼女が距離を置きたいと言い出したんです。彼女、体調を崩してメンタルも落ち込んでいたんで、僕もOKしました。でもショップには通っていたし、彼女と別れたつもりではなかったんです」。

そんな中、ショップの忘年会が開かれた。いい感じに飲んだ帰りがけ、「もうちょっと飲もうよ」と店長に引き止められた。このとき、帰っていれば、もしかしたら墨筆士・小林龍人は生まれていなかったかもしれない。

「エンディングな感じで、スタッフのみんながお客さんへの感謝を述べたり、普段の本音を言うみたいな流れにになったんです。そこで店長が、僕の彼女に“オマエもなんか言うことあるんじゃないの?”って促しました。そしたら、違うスタッフの男が“オレ、彼女と付き合ってまーす”って、割って入ったんです。で、彼女のほうも“ハイ、彼と付き合ってます”って……身内の恋愛のカミングアウトって超盛り上がりますよね(笑)。みんな酔っ払ってるし、自然と“キース、キース”ってキスコールですよ。僕はさすがに見ていられませんでしたけど、やっちゃったっぽいんですよね」。

狭山までの終電はもはやなく、手近な漫画喫茶に小林は逃げ込んだ。かなり飲んでいたにも関わらず、まったく眠れなかったという。男の存在は薄々感じていた。でも完全に別れたつもりはなかったし、まだ自分としては好きだったし。それがなんだかうやむやのうちに新しい男とのキスにまで至ってしまった。眠れぬままオーバーヒートしそうな脳みそに、ある決意だけがポンと浮かび上がった。

「オレ、圧倒的に強い男になりたい」。

とにかく強い男になることができたなら、そんな細かい事情なんてどうでもいいのである。全部を己の強さで凌駕できるような存在になりたい、そう小林は思った。

NEXT PAGE /

自分を磨くために、2年間もがく日々

「それが僕の人生の岐路です。今にして思えば、その失恋があったからこそ、っていう話なんですが、満喫の日以降しばらくボロボロでしたよ。1週間はメシも喉を通らず、一切のモチベーションを失って。彼女は僕がそこまでなっていたとは思っていなかったと思います」。

小林が目指した「強さ」には具体的なビジョンは何もなかった。

「とにかく自分を磨きたい、それだけでした。その時まで、自分のためにムキになってやったことといえば受験勉強ぐらい。そこから丸10年、ほとんど何もしてきませんでしたから、どうすればいいか全然わかりませんでした。だからとりあえず本を読みました。ビジネス書とか自己啓発書とかを目につく限り読んで、それ系の講演会やセミナーにも通うようになりました」。

まさに没頭。スノボの時代には、滑りの技術やギアの追求にはもちろん必死だった。でもそれだけでなく、単なるステッカーにかなりの費用と尋常ではない手間を投入。「他の誰とも違うボードにするため」命がけだった。失恋以降、そのベクトルはすべて自分磨きのほうを向くようになった。小林青年、強いモチベーションさえあればブレずに突き進む男なのである。

その後約2年、そんな生活が続く。ある時数えてみたら2年で600冊ほど読んでいたことがわかったという。

「強い男になれたかどうかはわかりませんでした。でも、明確な目標ができたんです。僕が参加していた講演会やセミナーって、ポジティブなパワーをくれるんですね。経営者が成功の秘訣を語り、失敗から学んだ人生訓を共有してくれる。そこには、つまづいてぐずぐずしているようなヤツは誰もいないんです。仮にそういうことがあってもすべてがのちのための糧になっている。全部“この先どうしていくか”っていう話なんです。

僕は社会に出てからそんなこと考えずにきました。誰かと酒を飲みに行っても出てくるのは職場や上司の愚痴ばかり、海や山へ週末遠出するのは楽しいんですが、月曜日になるのが憂鬱。日本のサラリーマンの多くがそうだと思うんですが、憂さ晴らしが仕事への取り組み方を改善させたり、仕事そのものを楽しく感じさせたりするわけではないんですよね。

それを2年かけて実感しました。“仕事や人生のことをこんなふうにポジティブに考えていいんだ!”っていう気づきを得ることができたんです。僕自身がいつしかポジティブな人間になることができていたんだと思います」。

それで、強く心に思ったのが「日本のサラリーマンの中に、僕みたいな人を増やしたいということ。僕自身がポジティブな考え方をみんなに伝導できるようになって、多くの人たちを元気付けられたら」。

目をキラキラ輝かせ、力強く小林は語る。そのテンションに危うく忘れるところだったが、この失恋後の自分磨きの時期も小林はマーケティングリサーチ会社に勤務していた。依然として、若い女性社員とおばちゃん調査員のみなさんとのあいだを取り持つ業務を行なっていたのだ。

ポジティブシンキングと燃えるような未来へのモチベーションは全身に漲っていた。だが、今いる仕事の場所でそれが実践できるとは到底思えなかった。

「ちょうど僕が担当していたメインクライアントからの仕事がストップし、業務が暇になったので本ばっかり読んでたんです。マーケティングリサーチの本。でもそこで思いました、オレ何やってんだろ? って。会社の業務に関わっているからマーケティングリサーチの本を読んでるだけであって、自分の心に照らし合わせてみると、そんな勉強なんにもしたくないんですね(笑)」。

まったくやる必要もやる気もないことをこなしながら、やる気を飼い殺しにしていることに気づいたのだ。

「それで発作的に会社を辞めました。2006年7月31日、自分の30歳の誕生日でした。僕ってスノーボードの時も、結構ヤバそうなギャップとかあったらいの一番に飛んじゃう方なんですよね(笑)。飛んだ僕の様子を見てみんな後からついてくるかやめるか決める、みたいな。まさにそれを人生でやっちゃったのが、このときです」。

NEXT PAGE /

唯一持っていた心理カウンセラーの資格で、何ができるか

ビジョンはあった。本を書き、人前で話をして多くの人を勇気づけたい! プランはなかった。ひとまず自分磨きの時期に知り合ったビジネスコーチングの専門家に相談した。

「その先輩に言われたんです。“小林くんの本業は何なの?”って。……いや、会社辞めたばっかりの無職ですよね(笑)。僕には何もないんです。本を書いたり講演をしたりするのは、何か仕事で実績があって、みんながその人のことを知りたいって思うような人なんですよ。当たり前ですよね。

で、その時僕が唯一持っていたのが心理カウンセラーの資格で。その方は“だったらそれを活かしたら?”って。“小林くんみたいにチャラチャラした人が夜な夜な繁華街に出て若者たちと話をするのってどう?”」。

いわゆる“夜回り先生”である。この先輩、多分に戦略的で、“チャラ男の夜回り先生”というキャラ設定がメディアに響く可能性も考慮していたのだ。

「あり得ない、と思いました。速攻で“やりません!”って答えました。僕はカッコよく生きたいし、路上で知らない若者に声かけるなんてプライドが許さないし、絶対やりたくない! でもその後、2時間ぐらい懇々と話をしてくれたんです。それで何かワクワクしてきたんですね。そういえばオレって単なるカッコつけマンなんだよな。プライドとか言っても、自分に何ができるわけでもないし。絶対イヤで絶対やりたくないんだけど、それをやることで何かが変わるんじゃないかって、どんどん血が騒いできて……」。

30歳の夏、小林は原宿駅に降り立った。「25歳以下限定、心理カウンセリングします」という手書きの看板と、100円ショップで手に入れてレジャーシートと小さな折りたたみ椅子を携えて、明治神宮に至る橋の上に佇んだ。

「でも、自分がシートを敷いて座るまでに4日かかりました(笑)。ああいうのって、本当はサクラを用意して、まず座ってもらうんですよね。でもなんかカッコつけて“オレ一人でやるんだ!”って。それで自分自身がそもそもシートすらしく勇気がないんだから笑っちゃいますよね。狭山から原宿まで通って橋の上でモジモジしては帰るということを続けて、4日目にようやく“カウンセラーという役を演じるんだ。オレ自身が恥をかくわけではない!”って自分に言い聞かせて……で、そこから2日間、誰もお客は来ませんでした(笑)」。

そのことをブログに書いたら、「“カウンセリングします”だけじゃダメ。人が立ち止まるための“ツール”が何か必要」とコメントしてくれた人がいた。

「ツールかあ……じゃあ書道とか、かな? 子供のころ六段とったし、読んだ本で感動した言葉いっぱいあったしな。まずはそういうのを書いて、レジャーシートの上に並べときゃいいか、って。わりとかる〜い気持ちで」。

こうして30歳の夏、小林は、実に20年ぶりに筆を手にした。路上カウンセリングのツールをつくるために。

 

【Profile】
小林龍人
1976年、埼玉県狭山市生まれ。大学卒業後、外資系マーケティングリサーチ会社に就職。30歳で退職し、ひょんなことから20年ぶりに筆を持ち、書の道に入る。独自の手法で、人々に勇気と元気を与える書を生み出す墨筆士。国内外で数多くのライブパフォーマンスを行い、店舗や企業イベントなどの題字も認める。
オフィシャルウェブサイトはwww.ryu-jin.tokyo

稲田 平=撮影 武田篤典=取材・文

# OCEANS’s PEOPLE# 小林龍人# 書道
更に読み込む