十人十色の夫婦関係 Vol.8
2018.12.25
LIFE STYLE

フェアな関係を望み、選んだ「事実婚」。自分らしい”結婚”を実現した夫婦【前編】

十人十色の夫婦関係 Vol.8
夫婦のカタチは人それぞれ。その数だけ、異なる幸せがある。たとえ一般的なスタイルと一線を画すものであっても、当人たちが納得していればそれでいいのだ。当連載では、ステレオタイプな「理想の家族」の型にはまらず、独自のスタイルを持つ夫婦を取材。異色ながらも円満な結婚生活を通じ、多様な幸せの在り方を探る。

「十人十色の夫婦関係」をはじめから読む

今回お話を伺ったのは江口晋太朗さん(34)と高木萌子さん(34)夫婦。ふたりの苗字が異なるのは、法律上の婚姻関係にはないからだ。いわゆる、事実婚のカップルである。

今年1月、妊娠を機に“結婚”を決め、9月に事実婚の手続きをとった。なぜ、法律婚ではなく事実婚なのか? 事実婚を選んだふたりの、夫婦としてのありかたとは?

 

 すべての人を幸せにできない「法律婚」への抵抗感

ふたりの出会いは3年前。萌子さんにとって晋太朗さんは、当初から“気になる存在”だったと振り返る。

萌子さん「気になる、といっても恋愛対象としてタイプだったわけではなくて(笑)。当初は、考え方や物の見方がおもしろい人だなと思ったんです。彼の職業がジャーナリストということもあって、いろいろな物事に対して型にはまらない視点を持っているところが印象的でしたね。

結婚もそのひとつで、彼が今の法律婚の制度に違和感を抱いているということは、なんとなく聞いていました。ただ、その頃は自分が事実婚を選ぶことになるとは、全く考えていませんでしたね」。

それゆえ、晋太朗さんと交際に発展し、妊娠が分かったときも「普通の結婚」をするものと考えていたという。

萌子さん「彼から法律婚ではなく事実婚にしたいと告げられたとき…… 正直に言えば、あえてそっちを選ぶ必要はないんじゃないかと思いましたね。だって、普通に籍を入れるほうが簡単ですからね。それに、女性として、いわゆる『お嫁さん』に憧れる気持ちも多少はありましたから」。

「ただ、交際時から彼の考え方も聞いていたし、周囲にも事実婚の夫婦はいたので抵抗感もそれほどなかったんです。ですから、当初は賛成でも反対でもなく、子供に不利益が出ないのでれば、事実婚でもいいかなと。それくらいの感覚でした」。

晋太朗さんは決して、法律婚の夫婦を否定しているわけではない。ただ、現行の日本の結婚制度に問題意識を持っており、ジャーナリストという職業柄もあって自身がそれを選ぶことにはどうしても抵抗感があったようだ。

晋太朗さん「現状の結婚制度は必ずしもすべての人を法的に守り幸せにできるスキームにはなっていないと思います。象徴的なのが夫婦別姓の問題。制度上は夫婦どちらかの姓に統一することになっており、家制度の名残のなかで、いまだに女性が男性側の姓を選択するケースが9割以上。それまで持っていたアイデンティティが変化するなど、女性側に多くの対応を強いている状況といえます。これだけ女性の社会進出とか、男女平等をうたっているなか、結婚の制度そのものが男女不平等のままで、現代の価値観に必ずしもすべて合致しているとは言えない状況なんです」。

「また、LGBTの方々に対して最近ではパートナーシップ制度を認める動きがでてきていますが、これも法的に守られた「結婚」ではないため、法的な対応にも法律婚との違いがあったり、パートナー認証を受けるための手続きが難しかったりと不安もあります。法律は時代とともにアップデートしていかなければいけないはずなのに、未だに古いままで時代に追い付いていないのは大きな問題ではないかなと考えています」。

NEXT PAGE /

法律で夫婦と認証されるより、「フェアであること」を重視

とはいえ、法律婚により得られるさまざまな“権利”を放棄することに、全く抵抗がなかったわけではないという。

事実婚では所得税の配偶者控除が受けられず、相続税の税率面でも法律婚の夫婦に比べて不利になる。さらには、住宅ローンを共有名義にできないなど、不都合な点は少なくない。

萌子さん「それに子供が生まれるとなれば、なおさらふたりの意思だけで決められることでもありません。先ほど言ったように、子供への不利益は本当にないのか、また、事実婚とはいえ家族になるわけですから、お互いの両親へも納得のいく説明が必要です。そこで、まずは事実婚のメリットとデメリットを徹底的に調べることにしました」。

晋太朗さん「自分たちで調べるだけでなく、専門家の方のアドバイスも仰ぎました。お話を伺った行政書士の水口尚亮さんは自身も事実婚で子供を育てている、いわば実践者です。

事実婚と一口に言っても、そのやり方はさまざまです。住民票の世帯を同一にするだけの夫婦もいれば、さまざまな契約書を交わして法律婚における夫婦と同等の権利や義務を課すケースもある。水口さんの場合は、民法の規定をふまえた契約書を作成していて、それは責任ある家庭生活を送りたいと考えていた私たちにとって、とても参考になりましたね」。

事実婚でも契約書や遺言書などを作成することで、法律婚に近い権利と義務を持った夫婦関係を作ることはできる。また、住宅ローンや生命保険の引受人に関しても、最近では法律婚・事実婚に関わらず柔軟に対応してくれるケースが増えていることも分かった。

さらに、子供や親族を含めた家族への影響もふまえた結果、「自分たちにとっては、特段のデメリットはない」と判断し、ふたりは最終的に事実婚を決断する。法律による後ろ盾を得ることより、夫婦別姓をはじめとする“フェアな関係”を維持することを選んだ。

また、当初は事実婚に必ずしも積極的ではなかった萌子さんの考え方も、現行の法律婚や事実婚への理解が深まるにつれ変わっていく。

萌子さん「事実婚のプロセスを通じ、結婚制度の成り立ちなどについても学び、改めて深く考えるようになりました。また、同時期にあるスポーツ選手と仕事でお話をする機会があったのですが、彼は自分の名前に誇りを持ち、くじけそうな時は己の名前を復唱することで気持ちを鼓舞しているとおっしゃっていたんです。自分の名前は、自分の存在意義であると。それを聞いたとき、自分が持って生まれた名前って、じつはすごく大事なものなんじゃないかと思うようになったんです。

そう考えると、結婚したからといって姓を変えなければならないのはすごく変だし、それが知らず知らず当たり前になっているのも怖いことだなって」。

NEXT PAGE /

親はあっさり許してくれた

最近では新しい夫婦の形として認識されつつある事実婚。しかし、そうはいっても未だ偏見や誤解は残り、法律婚に比べ軽いもの、無責任な関係といったイメージもあるだろう。実際、萌子さんも高齢の祖父母には、ちゃんとした説明はできていないそうだ。

晋太朗さん「そこは、世代間の結婚観の認識の違い、とらえ方の違いがあるので難しいところです。なかなか埋められないと思いますので、どう説明したりやりとりしたりしていくか日々悩んでいるところです」。

ただ、互いの両親へは、さすがに説明しないわけにはいかない。特に気がかりだったのは、「絶対に反対すると思っていた」という萌子さんの父親の反応だ。しかし、意外にもあっさり受け入れてくれたという。

萌子さん「父は賛成も反対もなく、本人たちがしたいようにすればいいと。子供に害がないようにしてあげさえすれば、あとは大人の責任だからと言ってくれました。あとは、保険に関わる仕事をしていたので、事実婚に関する事情や知識も知っていたのもあるのかなと。じつは、その日までは法律婚の可能性もゼロではないと思っていたんですよ。父に説得されて、もしかしたら彼も考えを改めるんじゃないかと。だから驚きましたね、するっと許されてしまったので(笑)」。

晋太朗さん「うちの親も同じく寛容でしたね。というか、『好きにすればいいんじゃない』という感じで。比較的放任主義の家庭で、自分で決めたことを自分の責任の範疇でやるぶんにはあまりNOとは言わず、『なんでもやってみなさい』という両親でした。今回も、自分たちの決めたことは責任持ってやりなさいと言ってくれたのは大きかったです」。

かくして、ふたりは晴れて事実婚に向けた手続きを進めていく。「夫婦別姓も含めて、互いに対等な関係を維持しつつ、一般的な法律婚と同等レベルの権利、夫婦の責任を実現したかった」という晋太朗さん。そのためには契約書や遺言書の作成など、やるべきことも多かった。しかし、そのぶん家族になることの意味や重さをより感じることができたという。

後編では、ふたりが交わした「契約書」の内容や、晋太朗さん、萌子さん夫妻が考えるこれからの結婚制度の在り方について聞く。

榎並紀行=取材・文

# 事実婚# 十人十色の夫婦関係
更に読み込む