2018.11.23
LIFE STYLE
PR

知って満足、使って納得。食卓も沸かせるドイツの鍋で休日を変える!

平日は全然料理をしないけど、休みの日くらいはキッチンに立ってみたくなる。

そして、いざ何を作ろうかとメニューを考え出すとあれこれやりたくなって、気づけばキッチングッズにまでこだわり始めたり。

鍋●「ファンクション フォー 」ハイキャセロール 24cm 3万5000円[希望小売価格]/ヴェーエムエフ(グループセブジャパン 0570-077-725)

そんな週末シェフなオーシャンズ世代に打ってつけの鍋がある。ドイツ生まれの「WMF(ヴェーエムエフ)」から2018年6月に発売されたばかりの「ファンクション フォー」だ。

老舗ならではの男心をくすぐる歴史と、単に“茹でる、煮るための道具”という認識を覆す機能性。

そこには、お湯だけじゃなく食卓も“沸かせる”2つの理由があったのだ。


[知って満足]
機能とデザインで得たドイツNO.1の称号

ポルシェにしろライカにしろ、とかく工業製品に関するドイツブランドの信頼性の高さは言わずもがな。「ドイツ生まれ」と聞いただけでピクっとアンテナが反応してしまう人も多いはずだ。

鍋の底面の「Made in Germany」の刻印に、ドイツ生まれの自信と誇りを感じる。

1853年、ドイツで創業した「ヴェーエムエフ」は、鉄道建設に携わっていたダニエルと金属加工マイスターのシュヴァイツァーの兄弟によって設立された。

2人で持ち寄る高い技術によって作られた銀メッキのテーブル&キッチンウェアは瞬く間に話題を集め、1862年にはロンドン万博に出展、受賞を収める。そして1927年には家庭用の圧力鍋を世界に先駆けて開発し、一般家庭のキッチンに革命を起こす。

左3点●ロンドン万博で受賞した精巧な細工が施された銀食器。 右●1927年に登場し世界中で大ヒットした圧力鍋。

また、1930年にはシルバーのような輝きを持ちながら高い耐久性を備えた独自素材のステンレススチール「クロマーガン」を商標登録。

これは、鉄、クロム、ニッケルで構成されるステンレススチールのクロム含有率を高めることで、ステンレススチールのサビに強いという特性を維持しながら、これまで以上に美しい輝きを味わえる、という特徴を持つ。

同素材は「ヴェーエムエフ」を世界的ブランドへと成長させた。現在は世界90カ国以上で展開され、2016年にはドイツ国内のキッチン用品部門売上トップ(※)に躍り出た。

2018年6月に発売されたばかりの「ファンクション フォー」は、このクロマーガンを採用した鍋。一見して惹かれるのは、やはりその美しさだ。

一般的にこの手のステンレス製品はヘアライン仕上げにすることで使用中にできる傷を目立たなくしているが、輝きと耐久性を両立するクロマーガン製の「ファンクション フォー」は傷がつきにくく、鏡面仕上げの美しさを長く楽しめる。

オープンタイプやアイランド型など“見せるキッチン”が主流となっている昨今、見栄えのいい調理道具は空間作りにも役立ってくれるはずだ。そしてこのスタイリッシュなルックスには、上部に見える赤いシリコンパーツもひと役買っている。

実はこのシリコンパーツにも、「ファンクション フォー」の語りどころがある。いや、むしろ「クロマーガン」以上に、この鍋を語るにあたって大切な要素なのだ。


[使って納得]
週末料理人はみんな喜ぶ「4倍働く」蓋

蓋の内側につく赤いシリコンパーツは、蓋を滑りにくくし、鍋の密閉性を高めるためのもの。だが、それ以上の機能がある。

蓋の上部に4つのマークが記されているのがわかるだろうか? これは注ぎ口の形状を示すもので、これこそが「ファンクション フォー(4つの機能)」という名前の由来なのだ。

では、4つの機能が何なのかというと……

WMF_FUNCTION4
1「大きな丸マーク」
1「大きな丸マーク」
9つの大きめの穴により、野菜などゴロっと大きな食材の湯切りが行える。熱を伝えづらい蓋の構造により指を添えられるのもうれしい。
2「小さな丸マーク」
2「小さな丸マーク」
数多く空いた細かな穴により、茹でたパスタや研いだ米も、シンクにこぼさず湯切りや水切りが行える。
3「三角マーク」
3「三角マーク」
具材を残したままスープだけを出したいときに便利な、何のフィルターもない部分。鶏ガラなどで出汁を取ったときなども活躍する。
4「四角マーク」
4「四角マーク」
隙間が一切ない部分。シリコンによってほぼ密閉状態を保てるため、米を炊くことも可能。
1「大きな丸マーク」
2「小さな丸マーク」
3「三角マーク」
4「四角マーク」


この“4面性”によってザルなどを用意する必要がなく、洗い物も少なくて済む。ガラス蓋なので中身を確認しながら調理ができるのも魅力だ。

さらに鍋側面と蓋の取っ手は中空構造になっているので熱が伝わりにくく、調理中に素手で持つことも可能(熱が周囲に拡散しやすいガスコンロなどの場合は、取っ手も熱くなる場合があるのでご注意を)。

往々にしてキッチンウェアの選択権は女性にあることが多い。でも、デザイン性と実用性を備える「ファンクション フォー」なら、きっとパートナーの料理熱もフツフツと“沸かせて”くれるはずだ。

そして「ファンクション フォー」があれば料理の幅もグンと広がる。いつしか週末だけじゃなく、ウィークデイもキッチンに立つほどハマっちゃったりしてね。

カーディガン3万4000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238)、カットソー1万3000円/オールドホームステッダー(ノーム 03-5785-2070)

キッチンを沸かせる「ファンクション フォー」のスペック&ラインナップ

今回使ったのは、直径が24cm、容量5.9Lの「ファンクション フォー」のハイキャセロール。直径はほかにも16cmと20cmがラインナップされている。

価格は24cmで3万5000円[希望小売価格]。


底部は3層構造になっており、熱をムラなく均一に伝える。そしてIH、ガス、ラジエントヒーター、エンクロヒーターと、一般的なキッチンに採用されるほぼすべての熱源に対応していることも使ってみたくなる理由だ。

「ファンクション フォー」はシリーズとなっており、ハイキャセロールのほかに、ローキャセロール、ストックポット、ソースパン、そしてスチーマーも展開。そう聞けばついつい揃えたくなるが……その辺りはママに要相談ってことで。

[問い合わせ]
グループセブジャパン
0570-077-725
www.wmf.co.jp

(※)ユーロモニターインターナショナル調べ 2016年ドイツにおけるキッチン用品部門、小売販売額(2017年度版)

渡辺修身=写真 伊藤良輔=スタイリング yoboon(coccina)=ヘアメイク 安岡将文=文

# WMF# ドイツ# ファンクションフォー#
更に読み込む