2018.11.18
LIFE STYLE

「パソコン」を選ぶか、性能を取るか。MacBookAirとiPadPro、どっちを買うべき?

当記事は、「東洋経済ONLINE」の提供記事です。元記事はこちらから。

新型Macbook Air(13万4800円~)と新しい12.9インチiPad Pro(11万1800円~、Smart Keyboard Folio2万2800円)はどちらが買いなのか(筆者撮影)

11月7日発売の新型iPad Proの実機レビューが多くのメディアに掲載されている。10月30日にニューヨークで開催された発表会に出席していた筆者も、12.9インチ版のiPad Proを試用中だ。実際、この原稿は新しいiPad ProとSmart Keyboard Folioを用いて書いているが、同時に8年ぶりにメカニズムを新たにしたMacBook Airも並行して試用している。

ビジネスパーソンが使うべき仕事の道具ということであれば、柔軟にオフィスワークをこなすことができるノートパソコンのMacBook Airに軍配が上がりそうだが、両者を手にして使い比べてみると、まったく異なる使用感を持つ製品でありながら、場所を問わずに仕事をするためのコンピュータという点で共通していることがわかる。

本稿では、新しいMacBook Airのレビューを中心に、アップルが同時に発表した、携帯できるパーソナルコンピュータふたつについて書き進めていきたい。

ビジネス向きのスタイリッシュな1台

MacBook Airの位置付けを簡単に言うならば、ビジネス向きのスタイリッシュな薄型ノートパソコンということになる。もちろん、同種のパソコンは各社から多数発売されている。

例えば、マイクロソフトのSurface Laptop 2はアルミ筐体と人工スエード素材を活用した質感の高い薄型ノートパソコンで、MacBook Airとキャラクターが重なる部分があるが、搭載するプロセッサーはエントリークラスから薄型ノート向けハイエンドまで幅広く、そのために冷却能力などに余裕をもたせたデザインになっている。

一方、MacBook Airの場合、上位モデルにMacBook Proという製品がある。しかも、MacBook Proの13インチ版は寸分たがわず底面積がMacBook Airと同じで、重量は120グラムしか違わず、厚みも14.9ミリながら、インテルがCoffee Lakeと呼ぶ高性能なプロセッサーを搭載できる熱設計の余裕がある。

つまり、高性能を望むならばMacBook Proという十分に薄型な製品の選択肢があると言えるだろう。ではMacBook Airにはどんな役割が与えられているのだろうか。ここが、1つ目のポイントだ。

NEXT PAGE /

設計が古かったMacBook Airはこのところ、価格の安いエントリーレベルのブランドだとみなされてきた。しかし、新しくなったMacBook Airは少し役割が変わってくるようだ。「アフォーダブル(手頃な価格)で可搬性の高いMac」という位置付けには、従来のMacBook Airがラインナップに残るからだ。

一方の新しいMacBook Airは、MacBook Proなど最新モデルが採用する技術トレンドを採用しつつ、クリエーターや開発者向けに商品が設計されているMacBook Proから一般的なビジネスパーソン、あるいは学生などに不要な要素を取り除くことで、コストパフォーマンスやバッテリーの持続、あるいは薄型軽量といった部分を磨き込んでいる。

特にこだわりを感じるのが、そのスタイルだ。

初代MacBook Airから続くくさび形のフォルム(筆者撮影)

初代MacBook Airから続くくさび形のフォルムはそのままだが、今回は外層部のどこにも吸排気のスリットが見えない。

実はヒンジ部の見えにくい部分に空気の出入り口が作られているが、MacBook Airは一般的な薄型ノートパソコンの半分以下の消費電力のプロセッサーを搭載することで、まるで冷却ファンが装着されていないかのようなクリーンなスタイルを実現している。

ぴったりと合わさる高精度の液晶部と本体部の関係性も含め、工芸品のような精緻な印象をもたらす緻密な作りがMacBook Airの魅力だろうが、実はそのパフォーマンスは実に計算されたものだった。

ユーザーインターフェイスの「質」を重視

前モデルのMacBook AirはMacの中でも特に人気が高く、長い間販売されてきた製品だった。その理由の1つは購入しやすい価格にあったが、もちろんそれだけが理由ではない。

MacBook Airが支持されてきたのは、13.3インチという仕事をするために必要十分な作業性を持つディスプレーと、19ミリキーピッチで縮小キーを配置しないキーボードを搭載しつつ、薄くカバンへの収まりがいいパソコンだったからだ。

新しい世代でも、MacBook Airの基本的な美点は踏襲されている。

キーボードは第3世代バタフライ構造キーボード。超薄型を実現するためのキーエレメントとして、2015年モデルのMacBookで導入されたのがこの構造だったが、一方で打鍵音や信頼性に対する問題の指摘もあった。こうした問題に対処を進め、おだやかな打鍵音と感触を実現している。

NEXT PAGE /

信頼性問題にも対処が行われたようで、以前の製品に対しては無償修理延長のプログラムが発表されている(言い換えれば、現世代では対処できたということだろう)。第3世代となったバタフライ構造キーボードを搭載するMacBook Proでのトラブルはまだ耳にしていない。

タッチが改良されたキーボード(筆者撮影)

一方でタッチは確実に改善されており、慣れるとストロークの短さが疲労軽減につながる印象もある。ストロークの長いキーボードに戻りにくくなるというう副作用はあるが、筆者はこのタイプのキーボードに対してはポジティブな印象を持っている。

また、MacBook ProのTouch Bar搭載モデルにのみ導入されていた電源ボタン兼用の指紋式個人認証システムTouch IDも搭載されている。コンベンショナル(伝統的)なファンクションキーとTouch IDの組み合わせは初めてのものだ。

一方、待望のRetinaディスプレーがMacBook Airにも導入された。13.3インチの適度な広さと、2560×1600画素の高精細ディスプレーにシャープな表示はiPadやiPhoneでもおなじみのもので、フォントレンダリングや文字レイアウトの美しさといったmacOSの美点もあって良好な視認性を提供する。

色再現域も48%拡大し、sRGBを100%カバーする。インストールされているカラープロファイルを観察する限り、sRGB色域を超える色を表現できるようになっているようだ。カラーのマッチングもよく調整されている点も、近年のアップル製品に共通している。

表示性能が高まったことに加えて、薄型ながら良好な作業性を誇るキーボード、業界随一の操作性、応答性、信頼性を誇る圧力検知式のトラックパッドとともに、パソコン操作の基本となるユーザーインターフェースの質は、Mac以外のプラットフォームを見渡しても高いレベルにある。もちろん、長らくアップデートされていなかったこともあり、前モデルからの改善は大きく、個人で持ち歩くビジネスツールとしての完成度は着実に高まっている。

パフォーマンスと省電力性のバランス

このように、パーソナルなビジネスツールとしての完成度を高めているMacBook Airだが、発表当初からパフォーマンスに懸念の声があった。しかし、この点は大きな心配は必要ないというのが個人的な結論だ。

新しいMacBook Airに搭載されているプロセッサーは、最新の第8世代Intel Core i5プロセッサーだが、アップルは一般的な薄型ノートパソコンが採用するTDP(熱設計電力枠)15ワットの部品ではなく、7ワットのIntel Core i5-8210Yというプロセッサーを選択した。

TDPは製品設計上の目安となる数字で、より薄く静かなコンピュータを設計する場合は低いほうが好ましい。しかし、消費電力を抑えると発揮できるパフォーマンスも下がる。6月に発表されたMacBook Proは性能を重視して冷却性能を高めつつ薄型を実現していたが、そのために高性能な冷却システムを搭載していた。

NEXT PAGE /

MacBook Airはあえて消費電力が低いプロセッサーを採用し、薄くシンプルな外装を実現している。空気を取り込むスリットなどは、よほど注意して観察しなければ判別できない(ヒンジ部の見えにくい箇所に空気の取り込み口と排気口が隠れている)。

こうした省電力設計は、WiFiを使ったウェブ閲覧で12時間、YouTubeによる動画再生ならば13時間という長時間駆動ももたらしている。

通常時の発熱も少なく、一般的なオフィスワークをこなしているときに冷却ファンが動作することはほとんどなく、まるでファンレス設計(冷却ファンを搭載しない静音設計)のように快適な作業性だった。なお、実際には冷却ファンは搭載されており、負荷の高い状態になると動き始める。

では、その性能はどうだろうか?

単一コアで高スコアを記録

今日のコンピュータは複数の処理プロセッサー(コア)を集積した作りになっている。処理内容によって、複数個のプロセッサーが生きるシーンと、単一コアの処理能力が重視されるシーンがあるが、基本動作周波数1.6GHzで高負荷時に3.6GHzまで加速するMacBook Airは、単一コアの性能ではより高スペックな4コアプロセッサーに近い速度を出した。

おそらくだが、基本動作周波数こそ控えめなものの、TDPに対して本体の冷却設計に余裕があるのではないだろうか。一時的にクロック周波数が上昇する時間が多ければ、その分だけ単一コアの性能は高まる。

薄型パソコンが4つの処理コアを搭載するプロセッサーに切り替わる中、本機はあえて2つの処理コアを選択しており、たとえば編集した高解像度動画の書き出しや高画素カメラのRAW現像などでは不利だが、一般的なオフィスワークを支えるアプリケーションの多くは単一コアの速度が操作感に影響するため、一貫してパフォーマンスの不満は感じなかった。

また、動画圧縮に関してはSSDの暗号化などもサポートするApple T2チップ内にHEVCエンコーダが内蔵されており、QuickTimeでのHEVC圧縮が30倍に高速化されるという。実際、毎秒60フレームの4K動画30秒をHEVCで圧縮するのにかかった時間は59秒。毎秒30フレームの4K動画ならば実時間程度で圧縮できる。

今回試用したMacbook Airのゴールドモデル(筆者撮影)

もし、あなたがパフォーマンスを重視するならば、同じぐらいに薄型でパワフルなMacBook Proが存在する。そうしたところからも、中途半端にパフォーマンスに振らず、薄さや快適性、バッテリー持続時間などを重視した本機の位置付けから考えると、正しい選択だと感じられる。

なお、搭載するSSDはAJA System Testによると、書き込みが毎秒約550Mバイト、読み出しが毎秒約1700Mバイトだった。特にSSDのパフォーマンスに不満はなかったが、最新のSSDのトレンドからすると凡庸な数字かもしれない。ただし、評価したモデルに搭載されている128GバイトSSDが遅い可能性があることには留意したい。SSDは容量ごとに速度が異なる場合があるからだ。

NEXT PAGE /

日本のメーカーが作る軽量薄型パソコンと比較すると、本機の重量は決して超軽量とはいえないかもしれない。しかし、堅牢で隙のないボディ剛性やディスプレー、キーボードなどの質感を考えれば、納得できる品質だとも感じる。

意外に思われたマイクロプロセッサーの選択も、実際に試してみるとトータルのユーザー体験をうまくコントロールしながら設計していることがわかる。マイクロプロセッサーベンダーであるインテルが考える設計の枠組みと、アップルがMacを設計するうえでの考え方は異なるのだろう。ここは予断を持たずに、ありのままで評価すべきだろう。

しかし、普段はデスクトップコンピュータを使いながら、あるいはよりパワフルなノートパソコンを使いながら、出先での作業にMacBook Airを検討している読者は、iPad Proも気になる存在だ。

iPad Proと比較すると?

iPad Proはディスプレーの質(輝度、色再現域、画素密度など)がMacBook Airよりも高く、総合的なパフォーマンスとしては上かもしれない。筆者は新しいiPad Proの12.9インチ版のレビューも並行して行っているが、Smart Keyboard Folioの12.9インチ版は打ちやすく、作業性に大きな支障はなかった。

本記事はMacBook Airに関する記事であるため詳細は割愛するが、もしあなたが自由度の高いコンピュータの使い方をしたいならば、やはりMacBook Airを選ぶべきだろう。新しいiPad Proは非常にパワフルでバッテリーのもちもいい。iCloudなどのウェブサービスを中心に仕事をするのであれば、さほど不満はないだろう。

しかし、iPad Proで想定されている利用シナリオから外れると、自由度が大きく制限されることがある。とりわけ注意が必要なのはUSBデバイスの扱いやデータの受け渡しなどだ。

たとえば、USB Type-Cコネクタにカメラやメモリーカードリーダーを装着すると、JPEGやカメラRAWファイルを読み出すことができるものの、Exif規格に沿ってしかるべき場所(DCIMフォルダのその下にあるベンダー名が記録されたフォルダ)に保存された画像を読み出せるだけで、自由にファイルを扱うことはできない。

アップル製品間であれば、Macを含めAirDropという方法でファイル転送するのがもっとも簡便な方法だが、一般的なワークフローにおいてはクラウド型ストレージを介した作業手順となる。

自分自身が何かのデータを引き渡す場合はネットを経由するとしても、データを“手渡し”されるケースが多い場合は扱いにくい。

また、USBデバイスとして接続できるデバイスが期待通りに動かない場合、ドライバなどをインストールする余地がない点にも気をつけたい。

一方でシナリオに沿った使い方ならば、小型軽量(実測値で本体630グラム、Smart Keyboard Folioが403グラム)な割にパワフルな環境を生かせる。GPUやニューラルエンジンを活用した写真用アプリケーションなどは、現像処理が高速でディスプレー品質が高く、タッチやペン操作で柔軟な補正処理が行えるiPad Proに向いた用途だろう。

iPad Proは持ち運ぶ電子文房具として完成度の高い道具だが、用途の広さや自由な使いこなしにおいてパソコンほどの適応幅はない。そのことさえ心に留めておけば、選択で迷うことはないだろう。


本田 雅一:ITジャーナリスト
>東洋経済ONLINEの著者ページはこちら

記事提供:東洋経済ONLINE

# iPadPro# MacBookAir# 東洋経済
更に読み込む