https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-1118-4/

「パソコン」を選ぶか、性能を取るか。MacBookAirとiPadPro、どっちを買うべき?

このエントリーをはてなブックマークに追加

当記事は、「東洋経済ONLINE」の提供記事です。元記事はこちらから。

新型Macbook Air(13万4800円~)と新しい12.9インチiPad Pro(11万1800円~、Smart Keyboard Folio2万2800円)はどちらが買いなのか(筆者撮影)

11月7日発売の新型iPad Proの実機レビューが多くのメディアに掲載されている。10月30日にニューヨークで開催された発表会に出席していた筆者も、12.9インチ版のiPad Proを試用中だ。実際、この原稿は新しいiPad ProとSmart Keyboard Folioを用いて書いているが、同時に8年ぶりにメカニズムを新たにしたMacBook Airも並行して試用している。

ビジネスパーソンが使うべき仕事の道具ということであれば、柔軟にオフィスワークをこなすことができるノートパソコンのMacBook Airに軍配が上がりそうだが、両者を手にして使い比べてみると、まったく異なる使用感を持つ製品でありながら、場所を問わずに仕事をするためのコンピュータという点で共通していることがわかる。

本稿では、新しいMacBook Airのレビューを中心に、アップルが同時に発表した、携帯できるパーソナルコンピュータふたつについて書き進めていきたい。

ビジネス向きのスタイリッシュな1台

MacBook Airの位置付けを簡単に言うならば、ビジネス向きのスタイリッシュな薄型ノートパソコンということになる。もちろん、同種のパソコンは各社から多数発売されている。

例えば、マイクロソフトのSurface Laptop 2はアルミ筐体と人工スエード素材を活用した質感の高い薄型ノートパソコンで、MacBook Airとキャラクターが重なる部分があるが、搭載するプロセッサーはエントリークラスから薄型ノート向けハイエンドまで幅広く、そのために冷却能力などに余裕をもたせたデザインになっている。

一方、MacBook Airの場合、上位モデルにMacBook Proという製品がある。しかも、MacBook Proの13インチ版は寸分たがわず底面積がMacBook Airと同じで、重量は120グラムしか違わず、厚みも14.9ミリながら、インテルがCoffee Lakeと呼ぶ高性能なプロセッサーを搭載できる熱設計の余裕がある。

つまり、高性能を望むならばMacBook Proという十分に薄型な製品の選択肢があると言えるだろう。ではMacBook Airにはどんな役割が与えられているのだろうか。ここが、1つ目のポイントだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
「カメ止め」大ヒット後も超謙虚な監督の流儀 “プライドよりも作品の面白さ”
2019.03.20
月4万円で全国住み放題! 五輪後に広がる新たな空家活用サービスの全貌
2019.03.14
全国を疾走するウルトラセブン「ポインター号」造った男の情熱
2019.03.10
38歳・会社員が今注目を集める「2拠点生活」を実現した方法
2019.02.27
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16
男らしい色気は 小物の力で手に入れる
2019.03.15
抜群に今っぽい大胆なサイジング
2019.03.13
冬アウターのゴワつきがイヤ。 なら、アウトドアなヤツに頼れ
2019.03.12
オーバーサイジングなダウンを着るとき、ほかのアイテムは?
2019.03.11
こなれ感だけではなくモノ選びも説得力高め
2019.03.10
ボリューム感の緩急が引き立つシンプルルック
2019.03.09
家族みんなで楽しんだ爽快ブルートーン
2019.03.08
色と素材で強調した遊び心満点のレイヤード
2019.03.07
スタンダードな装いに 違いを見せる素材使いとは
2019.03.05