編集部のめっけMONO Vol.10
2018.11.05
FOOD&DRINK

軽井沢限定の美味。熟成を楽しむ「ヴィンテージエール」を知ってるか?

エリア限定ビール「軽井沢ビール クラフトザウルス ヴィンテージエール」

軽井沢に行ったら、必ずチェックしてほしい。そんなふうにプッシュしたくなるビールを見つけました。それが、秋も深まる某日、取材中に購入したエリア限定ビール「軽井沢ビール クラフトザウルス ヴィンテージエール」。

土産物屋だけでなく、地元のスーパーにも並ぶそのビジュアルは異彩を放ち、商品棚の販促ポップには「人気No.1」の文字。重い荷物を抱えながらのロケにも関わらず、ついビール好きの血が騒いで購入したのですが、これがスゴかった。

そもそもヴィンテージエールとは何か? 高級ワインのように歳月を重ねるほどに熟成し、味わいを深める代物で、通常1カ月程度で完成するビールを、6カ月から数年間熟成させるそうです。

ワタクシが購入したのは、2017年仕込みのボトル。要は1年物のビールです。頭部分に塗られた蝋を剥がし、グラスに注ぐ。すると、ふわりと濃厚な香りが舞い、舌にはズッシリとした深くて甘い味わいが残ります。1年でこれなら、この先どこまで味が深まるのか……。今度軽井沢に行ったときは、熟成用にもう1本購入しよう。そう誓ったのでした。

文=編集部I
ビールとコミック、プラモに夢中の31歳。最近の趣味は、赤ワイン片手にステーキを焼くこと

【関連記事】編集部Iの”めっけMONO”
・取材中に見つけた「ATMY Tシャツ」
・土屋 健著の「リアルサイズ古生物図鑑 古生代編
・保存食専門店・つりやの「かき燻製オイル漬け

# ヴィンテージエール# 編集部のめっけMONO
更に読み込む