https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0909-4/

元Jリーガー長谷川太郎から学ぶ、自らの才能を開花させる2つの方法【後編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

前編の続き

直面したセカンドキャリアの壁

こうして17年にわたって現役生活を過ごした長谷川は、引退後、次なるステップとして、ビジネスマンの道に足を踏み入れる。だが、そこでも、大きな壁が立ちはだかった。

多くのアスリートがそうであるように、現役生活を終えたあとのプランを持っていなかった長谷川は、行動してみないと何もわからないと思い、友人の紹介で2カ月間ほど警備員のアルバイトを経験したあと、知人のツテでアパレル企業に就職をした。

だが、結果は、大方の予想通りだった。何もできなかった。何もさせてもらえなかった。ただ、ひたすらダンボールへの詰め作業だけを行う日々。実力不足のために、会社に対して何も貢献していない自分に、情けなさを感じた。

今までアルバイトをしたこともなく、ただひたすらサッカーだけに取り組んできた元Jリーガーは、そのプライドを切り裂かれるとともに、自分が輝く術を考え始めていた。

「実は、アスリートの場合、根性があると思われているので、採用してくれる企業はたくさんあります。でも、その先で壁にぶち当たるんです。やると決めたことに関しては根性があっても、自分がやるって決められなかったりすると、とにかくブレまくる。

周囲の方々と折り合いがつかなかったり、職を変えたり。周りからすると、プライドが捨てられないって思われがちですが、実際は、やりたいことが定まっていないことが原因なんです。やりたいことが定まらないから不安で仕方がない。

そのうえ僕の場合、家族を持っていたので、奥さんはさらに不安ですよね。女性は安定を求めますから、ケンカになるケースも多くなっていくんです」。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ガンと闘いながら夢を追いかける男、宇留野純(37)の後悔しない生き方【前編】
2018.08.08 / 37.5歳の人生スナップ
ガンと闘いながら夢を追いかける男、宇留野純(37)の後悔しない生き方【後編】
2018.08.09 / 37.5歳の人生スナップ
その男、“不撓不屈”。未来を切り開くサッカー日本代表・香川真司の信念
2018.09.09
元Jリーガー長谷川太郎から学ぶ、自らの才能を開花させる2つの方法【前編】
2018.09.08 / 37.5歳の人生スナップ
オールタイムベストな軍モノ×デニムを新鮮に
2018.11.21
バイカー風に楽しむなら 色使いの工夫をお忘れなく
2018.11.17
エレガントなアウターに力を添える黒の魅力
2018.11.14
黒デニムをジャパニーズロックな雰囲気で
2018.11.11
デザインで遊ばず、緩急のついた シルエットで遊ぶ上級テク
2018.11.08
渋さが欲しいなら、 “イタリア”に力を借りてみる
2018.11.05
力強く清潔感もある。そんなスタイルが好みなら
2018.11.02
色落ちブルーデニムでアメカジを。そんなときこそ“ジャスト”を選ぶ
2018.10.30
シンプルなアイテムにさりげない遊び心。大人ってそういうこと
2018.10.09
ギャルソンを堪能するためのストイックなシンプルスタイル
2018.10.06
タフで無骨。オールドスクールなヘリテージカジュアル
2018.10.03
青。色使いに長けたブランドの持ち味を楽しむ
2018.09.30