十人十色の夫婦関係 Vol.6
2018.08.16
LIFE STYLE

妻は最高のビジネスパートナー。魚屋夫婦ユニットが円満でいられるワケ

十人十色の夫婦関係 Vol.6
夫婦のカタチは人それぞれ。その数だけ、異なる幸せがある。たとえ一般的なスタイルと一線を画すものであっても、当人たちが納得していればそれでいいのだ。当連載では、ステレオタイプな「理想の家族」の型にはまらず、独自のスタイルを持つ夫婦を取材。異色ながらも円満な結婚生活を通じ、多様な幸せの在り方を探る。

「十人十色の夫婦関係」をはじめから読む

今回お話を伺ったのは結婚4年目の浅井さん夫妻。夫婦であり、ビジネスパートナーでもあるふたり。3年前に「魚屋あさい」を立ち上げ、鮮魚ケータリングや解体ショー、市場ツアーなど、魚を通じて新たな価値を提供する活動を行っている。

公私ともにパートナーという関係は、一長一短があるようにも思える。仕事上の苦楽が絆を深めることもあれば、逆にいさかいを生むこともあるだろう。ふたりの場合はどうなのか? ご夫婦に話を聞いた。


妻の行動が生んだ、型破りな魚屋


実店舗を持たない「魚屋あさい」。注文を受けると旬の鮮魚を携え出張し、その場でさばいて提供する。一般家庭だけでなく、イベントや企業のパーティーへのデリバリーも多いという。妻・有美さんは企画やマネジメントを担い、夫・和浩さんが魚の仕入れや出張・調理を引き受ける、新しいタイプの「魚屋夫婦ユニット」である。

元々は別々の仕事をしていた夫婦。“協業”のきっかけは、有美さんの育休だった。

有美さん「3年前の4月に第一子を出産し、そのまま育休に入りました。一方で、夫は会社員をしながら副業として週末に今の仕事の前身となるような活動、友人宅に魚を持ち込んでケータリングをしたり、魚の捌き方を教えたり、活発に働いていて……。そんな夫を応援したいけど、私は仕事を中断して育児に専念していたこともあり、少しモヤモヤしてしまったんです。これは不公平なんじゃないかと、ネガティブな感情が芽生えてしまった……」。

有美さんは当時、PR・イベントディレクターとしてモーターショーやサミットの企画・運営などを担当。それまでバリバリ働いていた分、余計に鬱屈した思いが募ってしまったようだ。

そこで有美さんは思い立つ。夫の副業をサポートし、自分も積極的にコミットすることで“自分事化”しようと考えたのだ。

有美さん「夫がやっていることに自分も積極的に絡んでいかないと、そのうち応援できなくなるんじゃないかと。それは嫌だったんです」。

和浩さん「ある日帰宅したら、妻がいきなり『魚屋のホームぺージ作ったよ』って。それも適当なやつじゃなくて、すごくかっこいいんですよ。もう、ただただ感激しました」。

魚屋あさいのウェブページ。映像、写真をふんだんに使った美しいページとなっている。

このことをきっかけに、夫の副業は徐々に夫婦で取り組む「本業」へとシフトしていったという。

和浩さん「私自身、この副業をもう少し商売として広げていきたい気持ちもありましたし、夫婦でそんな話もしていたのですが、当時はなかなか踏み切れませんでした。でも、ホームページができ、さらには妻の働きかけによって少しずつ法人の案件なども入るようになって、事業化が見えてきた。そこで、2017年1月に会社を辞め、妻と一緒に魚屋一本でやっていくことにしたんです」。

ビジネスの面で同じ方向に視点が定まると、家庭にもいい影響が出た。夫の家事や育児に対する考え方、行動が大きく変わったというのだ。

和浩さん「それまではどこか『手伝う』という意識があり、実際にそういう言い方、やり方をしていたと思います。夫婦とも無意識に、基本的には妻がやるものという感覚だったんじゃないかと。でも、一緒に魚屋をやるようになると、お互いの力を最大限に発揮するためにも家事や育児はフェアじゃないといけない。そう実感できるようになりました」。

有美さん「彼は律儀な人だから、誰かに何かをやってもらったら返したいという気持ちを持っていると思うんですよね。ホームページを作ってくれた、じゃあ自分も何か相手のためになることをしようと。そういう、いい意味でのギブアンドテイクみたいなものが、ホームページの一件から自然と生まれていったような気がします」。

NEXT PAGE /

一緒に仕事をすることで、新たな魅力も発見できた

とはいえ、ビジネス上でもパートナーになると、不和のタネが増えたりはしないのだろうか? 仕事でぶつかると、家庭生活にまで尾を引きそうだが……。

有美さん「今のところ、ぶつかることはないですね。というのも、同じ魚屋ではありますが、やっていることが全く違うんですよ。私は魚のことは全くわからないのでノータッチですし、逆にイベントの企画や運営といったところは夫も私に任せてくれるので。お互いの得意な部分を信頼していて、その領域には干渉しない。なんとなく良い棲み分けができているんだと思います」。

和浩さん「妻がデキる人だっていうのは、一緒に魚屋をやる前から感じていました。でも、実際にやってみたら想像を超えてた(笑)。妻のプロデュース能力を全面的に信頼しています。それに、私が本当にやりたかった仕事を形にしてくれたことへの感謝もあります。だから、私は職人として彼女がとってきた仕事に全力で応えたい」。

以前は仕事の話をほとんどしなかったというふたり。互いの働きぶりを間近で見るようになり、新たな一面を発見することも多かったようだ。

有美さん「夫はすごく元気があって、人付き合いも上手。そういう印象をもともと持っていたんですが、仕事上での取引先とのやりとりなんかを目の当たりにして、より彼の人柄の良さが見えてきたように思います。ビジネスとはいえ人対人なので、やはり人に好かれることが大事。パートナーが誰かから信頼されているとか、好かれていることが実感できるのって、うれしいですよね」。

NEXT PAGE /

互いの仕事状況をふまえ、家事や育児を分担

夫婦で魚屋をはじめたことで、仕事と家庭の境界線は曖昧になった。しかし、ふたりにとってはそれが心地いいという。

有美さん「一緒に仕事をし始めてから『両立』という感覚がなくなりました。両立って仕事と家庭を完全に分けて、どっちもうまく回していかなきゃいけないイメージですけど、私たちの場合は仕事も家庭も混ざっている。例えば10分間だけ仕事のミーティングをして、手が空いたら30分子供と遊んで、また仕事に戻ってっていう。全部ごちゃまぜだから、2つのことを別々にやっている意識がないんですよね。私も夫も、そういうスタイルにストレスを感じない人だったのでうまくいっているんだと思います」。

加えて、お互いに抱えている仕事の量や重さもわかるため、相手の状況に応じて家事や育児をフォローしあえるようになった。

有美さん「家事と育児を平等に分担している夫婦でも、どちらかが仕事で忙しい時には『なんで助けてくれないの? ちょっと多めにやってくれてもよくない?』って不満を抱いてしまうこともあると思うんです。だから、仕事、家事、育児のタスクをすべて並べて、そのうえでどう割り振っていくかを決めるやり方はフェアだと思うし、納得感があるんですよね」。

和浩さん「仮に別々の仕事をしていたとしても、それはそれでうまくやれていた自信はあります。でも、ぶつかる機会や不満を溜めるシーンは今より増えていたんじゃないかな。今のスタイルにつながるきっかけを作ってくれた妻には、本当に感謝しています」。

仕事とは生きる糧を得るための手段でもある。それを夫婦で話し合うのは、人生の方向性を共有するという点でも有意義なことかもしれない。互いを深く信頼し、分かり合う有美さんと和浩さんの姿は、共働き夫婦の理想像のようにも思えた。


榎並紀行(やじろべえ)=取材・文

# パートナー# 共働き# 十人十色の夫婦関係
更に読み込む