https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0812-7/

【読者プレゼント企画⑤】世界を2度制覇した、美味いビールの西海岸代表!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ギンギンギラギラの日本の夏に、冷えたビールは欠かせない。美味い一杯として最近は「クラフトビール」が人気だが、選択肢が多すぎてどれを選べばいいのやら。そこで、世界の醸造所からオッサンにオススメのクラフトビールを選抜&プレゼント。みんなでオッサンズ・ベスト・クラフトビールを探そう!

青い空と美しい海岸線が広がるカリフォルニア州・サンディエゴ。この街では130以上のクラフトビール醸造所が稼働しており、「クラフトビールの聖地」とも呼ばれている。

今回は、サンディエゴの港の名を冠したクラフトビール醸造所・バラストポイントの「スカルピンIPA」を紹介しよう。

オッサン向けクラフトビール⑤
「スカルピンIPA」

「スカルピンIPA」330ml 各500円/ウィスク・イー 03-3863-1501

やや高めの度数で刺激的なインディアペールエール

カサゴが描かれた缶が印象的なスカルピンIPA。世界最大のビール品評会「ワールド・ビア・カップ」で2度も優勝した、正真正銘の実力派だ。

その中身は透明感のある琥珀色で、泡立ちが抑えられているのも特徴的。アルコール度数はやや高めの7%で、口に含むとフルーティな香りとIPAらしいほどよい苦味が広がる。モルトの濃厚かつ上質なコクもしっかりと感じられ、その輝かしい実績にも納得。

ジャック・ホワイトの「より良いビールを作りたい」という気持ち

バラストポイントの歴史は、創業者のジャック・ホワイトが1992年にオープンした、自家醸造のための機材・材料を販売するショップ「ホームブリュマート」から始まる。

ホワイトは大学時代に自家醸造を始めたが、機材や材料を揃えるのに苦労したうえに、ほかの醸造家と情報交換する場もなかった。しかしショップをオープンすると、そこには自家醸造家たちが自然と集まり情報交換も活発化。そしてホワイトと仲間がショップ裏で醸造をスタートさせたのが1996年、バラストポイントの誕生である。

醸造所設立の動機は、「より良いビールを作りたい」という純粋なもの。そこから生み出されたスカルピンIPAは、前述のワールド・ビア・カップでの優勝経験を含め、29回もの受賞経験を誇る。

カリフォルニアを代表するクラフトビールに成長したスカルピンIPAは、西海岸好きのオッサンにこそ味わってもらいたい1本だ。

今回は、そのスカルピンIPAを2本セットで、抽選で5名様にプレゼントする。

応募方法はオーシャンズの公式フェイスブックページに「いいね!」をして、フォームに必要事項を記入するだけ。どしどしご応募を!

オーシャンズ -OCEANS-

さらに、この記事をフェイスブックで「シェア」した人は当選確率2倍! 応募締め切りは8月19日(日)。

さあ“酔い休日”のおともを手に入れよう!


[問い合わせ]
ウィスク・イー
https://whisk-e.co.jp/


鈴木泰之=写真 林 俊成=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビールとサウナ。オッサンの大好物を同時に満喫する幻のイベント復活!
2018.12.14 / NEWS
まるでワイン? サントリーの新作クラフトビールで、寒い夜が濃密に
2018.11.18 / NEWS
ゆっくり時間をかけて飲む、ウイスキーの木樽で熟成したビール
2018.10.18 / NEWS
黒ラベルを片手に楽しむ、大人の“がんばらない”野外フェス体験
2018.09.11
清潔感が漂う男の理由はネイビー、もうひとつは……
2018.12.18
ストリートな装いがミルキーホワイトでマイルドに
2018.12.15
海っぽさと、陽気なイエローでチルなムードを纏う
2018.12.12
キャメルで際立つ、優しい装いと父親像!?
2018.12.09
日焼けしたブラウンレザーに見いだすタフなムード
2018.12.06
デニムブルーはやはり男らしさのエッセンスである
2018.12.04
大人の貫禄とモスグリーンの親和性に大いに納得
2018.12.02
表情豊かに黒を着たいから シルエットを工夫する
2018.11.29
爽快な細身ブリーチが、年相応にはけるヒミツが知りたいか?
2018.11.24
オールタイムベストな軍モノ×デニムを新鮮に
2018.11.21
バイカー風に楽しむなら 色使いの工夫をお忘れなく
2018.11.17
エレガントなアウターに力を添える黒の魅力
2018.11.14