https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0809-5/

ガンと闘いながら夢を追いかける男、宇留野純(37)の後悔しない生き方【後編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

前編の続き。

転移の恐怖と戦った1年

宇留野は、医師の言う通り、月2回の検査は行ったが、プレーをするうえで、体力面での支障は感じなかったという。むしろ、大きな変化が現れたのは精神面だった。

「少し体調が悪くなればガンのせいじゃないかって疑って、すぐに検査をしに病院に行きました。熱い風呂に入ったほうが良いと聞けば、すぐにそうしましたし、漢方薬が良いと聞けばすぐに試してみた。今考えれば正解じゃなかったかもしれないけど、何かをしていないと安心できなくて、とにかく何かにすがるような想いでした。一時は錠剤を毎日30粒も飲んでいるような状態でした。精神的にはかなりきつかったですね」。

それでも、サッカーをしているときだけは転移の恐怖を忘れ去ることができた。プレーできる喜びを噛み締め、サッカーに対する貪欲な姿勢を取り戻した宇留野は、この年のリーグ戦で、自身のキャリアハイとなるリーグ戦9得点をマークし、JFLの年間ベストイレブンに選出されるほどの目覚ましい活躍を見せる。

すると、宇留野のもとには再びJリーグの複数クラブからオファーが届いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ガンと闘いながら夢を追いかける男、宇留野純(37)の後悔しない生き方【前編】
2018.08.08 / 37.5歳の人生スナップ
「サッカー×ファッション」なディースクエアードの期間限定ストア、始まる!
2018.07.26
ファッション×サッカーのケミストリーが生んだモードなウェア
2018.01.22
遠藤保仁があえて「ルーティン」をもたない深い理由とは?
2018.01.17
カンカン帽にストライプ。クラシカルに洗練したサマースタイル
2018.08.18
キーカラーにこだわり、相性良く。スポーティをシャレて見せるコツ
2018.08.18
自然体な着こなしにカルティエを。アーバンな大人の袖捲り演出術
2018.08.18
無地にショーツにサンダルに……ユルさを引き締めるハイテクバッグ
2018.08.17
緑が効いたシティ派モード。シルバーバングルで自分らしさを演出
2018.08.17
ブルーグラデに隠れた仕掛け。首元のカモフラ柄がハマってる
2018.08.17
ひと目でわかるリッチ感。涼しげなシャツからもセンスが伝わる
2018.08.16
ロングシャツをタイトに着こなす。足元の”遊び”で絶妙なバランスに
2018.08.16
夏感あふれるモノトーン。ショーツの丈感もちょうどいい
2018.08.16
無地Tにデニムで決める。シンプルでかっこいい代表例
2018.08.15
ストライプに黒で合わせたカジュアルコーデ。トートの柄もいい
2018.08.15
ショーツから足元まで、う〜んなんとも涼やか!
2018.08.15