https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0624-1/

デビューは0歳。“生粋のキャンパー親子”の過ごす日々

このエントリーをはてなブックマークに追加

O父CHANSとレジャー【キャンプ編】 Vol.1
親子で野外レジャーを楽しむなら、キャンプがいい。ゼロから一緒にテントを建て、メシを作り、焚き火の熱をゆったりと浴びる。子供はオヤジの技を盗み、自然との触れ合いを経験する。まずはそんなキャンプの楽しみ方をベテラン親子の日々から探ってみよう。

広大な芝生にテントを張って、照明代わりのランタンと、ベッド代わりの寝袋をセット。自分だけの“サイト”を拠点に、日常を忘れて自然を味わう。まさにシーズンを迎えようとしているキャンプの光景だ。

そんなキャンプを楽しみ尽くす親子がいる。あまりの“キャンプ愛”から、自身もアウトドアブランド・Colemanに勤務する山中隆司さん(33歳)と、娘の結菜ちゃん(4歳)。ふたりのキャンプライフを覗かせてもらった。

キャンプを仕事にする父と、生まれた頃からテントを知る娘

「キャンプと出会ったきっかけは、趣味のバイクツーリング。長期休暇になると毎回、東京の自宅から地元の北海道までバイクで帰省してたんですよ。でも、北海道に1日でたどり着くのは難しいから、途中で宿泊しないといけない。そこで『キャンプ場を拠点にしたら楽しそうだし、安上がりだな』と思い立ったんです」(隆司さん、以下同)。

隆司さんのコレクションの一部。オールドランタンがずらりと並ぶ

「ちょうど、当時の状況にモヤモヤしていた時期で。いっそのこと『キャンプを仕事にしてしまおう』と思って、気づいたらColemanに転職してました(笑)」。

休暇中には必ずキャンプに行き、週末にも庭先にグリルを並べてバーベキュー。そんな父を持った結菜ちゃんも、ごく自然とキャンパーへの道を歩んでいく。

「結菜の初キャンプは生後半年。2歳の頃には、僕が途中まで片付けていたテントをいつの間にか畳んでしまっていたこともあって。驚きましたね」。

生後半年、結菜ちゃんの初キャンプ。

まさに生粋のキャンパー親子。ちなみに、二人姉弟である結菜ちゃんの弟は、若干3歳にしてキャンプの朝にコーヒーを淹れる役目を任されている。子供たちにとってキャンプは、生まれた頃から馴れ親しむライフワークとなっているようだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャンプのベストシーズンをいっそう盛り上げる洒落たギアたち
2018.09.11
秋のキャンプに備えよ! これから大活躍する7つ厳選のウェア&ギア
2018.09.10
始めるなら今!? 大人も子供も夢中になるドローンレースの魅力
2018.09.06 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
上級者たちに学ぶ「キャンプ生活」のすべて【絶品料理編】
2018.08.31
ナチュラルな色みでモスト・ユルユル・ジャケットスタイル
2018.09.20
手首と足首を見せれば、クリーンな装いでも……
2018.09.18
テイストの異なるアイテムを思いきってマッチアップ
2018.09.16
白シャツでチルがサマになる、モノ選びと小さなテクニック
2018.09.14
ほっこりニットで”ゆるカジ”は簡単に手に入る !?
2018.09.12
このままキャンプに行けるスタイルも色みでシックに
2018.09.10
動きやすく、シンプルで。 なら、スパイスもお忘れなく
2018.09.08
トップスとボトムスにメリハリを。夏の軍モノの最適解、ここにあり
2018.09.06
「左右対照」というユニークさ。腕時計へのこだわりも際立つ
2018.09.05
大人のモード系のお手本。若い人には出せない、このカッコ良さ
2018.09.04
スポーティなコーデにスポーティな腕時計。こだわりが随所に
2018.09.04
無駄のないシンプルさ。腕時計を大人らしいアクセントに
2018.09.04