https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0612-6/

妻の彼氏は「夫公認」。セックスレス夫婦がたどり着いた、家族のカタチ

このエントリーをはてなブックマークに追加

十人十色の夫婦関係 Vol.5
夫婦のカタチは人それぞれ。その数だけ、異なる幸せがある。たとえ一般的なスタイルと一線を画すものであっても、当人たちが納得していればそれでいいのだ。当連載では、ステレオタイプな「理想の家族」の型にはまらず、独自のスタイルを持つ夫婦を取材。異色ながらも円満な結婚生活を通じ、多様な幸せの在り方を探る。

「十人十色の夫婦関係」をはじめから読む

妻は「親友」恋愛の対象ではない

今回お話を伺ったのは結婚9年目の若狭夫妻。夫の朋広さん(45歳)、妻の美香さん(37歳)の間には3歳と6歳の女の子がいる。

マジメそうな朋広さんと、快活そうな美香さん。バランスのとれたいい夫婦に見えるが、じつはかなり特殊な事情を抱えている。妻の美香さんには、夫公認の彼氏がいるのだ。しかも、その彼氏のたくちゃん(24歳)も、家族ともども同居しているというからさらにぶっ飛んでいる。世間一般の感覚からすると、相当いびつに思えるその関係。はたして、ちゃんと幸せなのだろうか? 夫婦のホンネを聞いた。

朋広さんと美香さん(と、たくちゃん)は、複数人と同時交際する、いわゆる「ポリアモリー」な関係を築く夫婦としてメディアにも幾度か出演している。だが、朋広さんによれば一般的なポリアモリーの定義とも、少し違うようだ。

朋広さん「ポリアモリーはパートナー合意のもと『複数の人と恋愛関係、性愛関係を築くこと』を指すようですが、美香は複数恋愛をしているわけではありません。彼女が恋愛しているのは彼氏のたくちゃんで、僕に対して恋愛感情は抱いていないんです」。

それを夫自身が堂々と言ってしまえるのも凄い話だ。しかしなぜ、自分以外の男性を愛する妻と、それでもまだ一緒にいるのだろうか?

朋広さん「僕と妻は恋愛こそしていませんが、大切な家族のメンバーです。そもそも、私自身があまりべたべたする恋愛は得意ではなくて、妻や恋人に対しても親友みたいなつながりを求めてしまう。セックスも苦手なんです。でも、妻は逆に、ある程度のスキンシップは必要で、その部分を彼氏に担ってもらっている。互いに愛情表現の方法が違うだけで、一緒にいたいという気持ちはあるんです」。

では、一方の妻にとって、夫はどういう存在なのか?

美香さん「家族であり、チームメイトです。でも、今は恋愛の対象ではない。だから、夫にも恋人を作ってほしいと思っています」。

このエントリーをはてなブックマークに追加
フェアな関係を望み、選んだ「事実婚」。自分らしい”結婚”を実現した夫婦【後編】
2018.12.26 / 十人十色の夫婦関係
フェアな関係を望み、選んだ「事実婚」。自分らしい”結婚”を実現した夫婦【前編】
2018.12.25 / 十人十色の夫婦関係
月に一度しか会わない「月イチ婚夫婦」。別居こそ円満の秘訣?
2018.09.21 / 十人十色の夫婦関係
妻は最高のビジネスパートナー。魚屋夫婦ユニットが円満でいられるワケ
2018.08.16 / 十人十色の夫婦関係
ガッチリ体型にフィットするコートでタフ&エレガンスに!
2018.12.26
明るい赤のブルゾンとシャツ
ビビッドなレッドが 取り入れやすくなる方法論
2018.12.21
清潔感が漂う男の理由はネイビー、もうひとつは……
2018.12.18
ストリートな装いがミルキーホワイトでマイルドに
2018.12.15
海っぽさと、陽気なイエローでチルなムードを纏う
2018.12.12
キャメルで際立つ、優しい装いと父親像!?
2018.12.09
日焼けしたブラウンレザーに見いだすタフなムード
2018.12.06
デニムブルーはやはり男らしさのエッセンスである
2018.12.04
大人の貫禄とモスグリーンの親和性に大いに納得
2018.12.02
表情豊かに黒を着たいから シルエットを工夫する
2018.11.29
爽快な細身ブリーチが、年相応にはけるヒミツが知りたいか?
2018.11.24
オールタイムベストな軍モノ×デニムを新鮮に
2018.11.21