https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0603-3/

目指せ親子セッション! 家族の想い出を奏でる“ウクレレ入門”

このエントリーをはてなブックマークに追加

O父CHANSとレジャー【ウクレレ編】 Vol.2
弾けば、一瞬で南国の雰囲気に。ソファに置いておくだけでも十分絵になる。そんな魅惑の楽器・ウクレレを親子で趣味にしてみるのって、きっと楽しい。でも、どんなふうに楽しめば? 親子でのウクレレ入門のポイントを教えてもらった。

「O父CHANSとレジャー【ウクレレ編】」を最初から読む

一筋縄じゃいかないけれど、ホッとひと息つきながら楽しめる。親子で始めるなら、そんな趣味がいい。打ってつけなのがウクレレだ。ハワイアンにルーツを持つ弦楽器は、気張らず、マイペースに楽しむことを醍醐味とする。

だが、いざ親子でデビューしようと思っても、何から手をつけるべきかサッパリ……。そこで、全国で子供向けのウクレレワークショップを開催したり、スクール運営もしているシンガーソングライター・Lina Lina(リナリナ)さんに、親子ウクレレの楽しみ方を教えてもらった。

目標は親子でのセッション。ふたりの“デビュー曲”を決める

「まずは『親子でこれを弾きたい!』という曲を選びます。最初の目標は、それを親子でセッションすることからはじめましょう」(Lina Linaさん、以下同)。

いわば、親子の“デビュー曲”を決めるということだ。ハワイアンなイメージのあるウクレレだが、演奏できる曲は多岐にわたる。童謡からヒットソング、ジャズまで、豊富なアレンジラインナップを揃えているのだ。

「おすすめは『ハッピーバースデー』。せっかくだから家族の想い出にしたいじゃないですか。家族の誕生日に演奏することをゴールにしてみましょう」。

ろうそくの灯りに照らされて、父子で弾き語るハッピーバースデー。贈られた家族は確かに、このうえない幸せを感じるはず。誕生日に限らず、誰かを喜ばせる日の演奏を目標にしたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
父が傷つく“子供の言動”。そこには「理想のオトーチャン」になるヒントがあった
2019.04.10 / 隣のオッサンは青いか?
キャンプ場の朝
じつは朝が一番楽しい? スノーキャンプ、雪の結晶観察とグルメの贅沢
2019.02.04 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
ラクトアイス
極寒キャンプで挑戦! 一晩かけて作る、男の本格ラクトアイス
2019.02.03 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
焙煎は真剣勝負。“1粒”にこだわった猿田彦珈琲のレジ横ブレンド
2019.02.03 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
アウトドアなアクセントで脱・スタンダード
2019.04.09
ライダーズが男クサくなりすぎないコーディネイトには理由がある
2019.04.07
ビッグサイズを味方につける方法をまだ知らない人へ
2019.04.05
シンプルな無地のようで実はしっかり遊んでいる !?
2019.04.03
ラクが一番ならば、スポーツブランドの黒を
2019.04.01
フィールドジャケットをタフに着ない術とは
2019.03.30
サーファーらしいチョイスを都会的に着たいなら色使いに目を向ける
2019.03.28
あるとないとじゃ大違い!小物が利くってこういうこと
2019.03.20
タフなアウターの意外な一面を見つけてみよう
2019.03.19
シックにまとめるために。NYでの常套手段とは
2019.03.18
ヘアカラーまでハマっている 上品なコントラスト
2019.03.17
渋カジスタイルがサマになっている理由
2019.03.16