https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0603-3/

目指せ親子セッション! 家族の想い出を奏でる“ウクレレ入門”

このエントリーをはてなブックマークに追加

O父CHANSとレジャー【ウクレレ編】 Vol.2
弾けば、一瞬で南国の雰囲気に。ソファに置いておくだけでも十分絵になる。そんな魅惑の楽器・ウクレレを親子で趣味にしてみるのって、きっと楽しい。でも、どんなふうに楽しめば? 親子でのウクレレ入門のポイントを教えてもらった。

「O父CHANSとレジャー【ウクレレ編】」を最初から読む

一筋縄じゃいかないけれど、ホッとひと息つきながら楽しめる。親子で始めるなら、そんな趣味がいい。打ってつけなのがウクレレだ。ハワイアンにルーツを持つ弦楽器は、気張らず、マイペースに楽しむことを醍醐味とする。

だが、いざ親子でデビューしようと思っても、何から手をつけるべきかサッパリ……。そこで、全国で子供向けのウクレレワークショップを開催したり、スクール運営もしているシンガーソングライター・Lina Lina(リナリナ)さんに、親子ウクレレの楽しみ方を教えてもらった。

目標は親子でのセッション。ふたりの“デビュー曲”を決める

「まずは『親子でこれを弾きたい!』という曲を選びます。最初の目標は、それを親子でセッションすることからはじめましょう」(Lina Linaさん、以下同)。

いわば、親子の“デビュー曲”を決めるということだ。ハワイアンなイメージのあるウクレレだが、演奏できる曲は多岐にわたる。童謡からヒットソング、ジャズまで、豊富なアレンジラインナップを揃えているのだ。

「おすすめは『ハッピーバースデー』。せっかくだから家族の想い出にしたいじゃないですか。家族の誕生日に演奏することをゴールにしてみましょう」。

ろうそくの灯りに照らされて、父子で弾き語るハッピーバースデー。贈られた家族は確かに、このうえない幸せを感じるはず。誕生日に限らず、誰かを喜ばせる日の演奏を目標にしたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
大人を本気にさせるレジャーを求めて。〜ブッシュクラフト〜
2018.08.10
郷愁に浸るか、子育てに役立てるか。マンガ『アニウッド大通り』
2018.08.01 / 大人のCOMIC TRIP
親子のキャンプスタイルは、チェア&テーブルが左右する!
2018.07.22 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
ランタン、寝袋……。キャンプの夜は、ギア選びでこんなに快適に!
2018.07.15 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
無地Tにデニムで決める。シンプルでかっこいい代表例
2018.08.15
ストライプに黒で合わせたカジュアルコーデ。トートの柄もいい
2018.08.15
ショーツから足元まで、う〜んなんとも涼やか!
2018.08.15
夏の男と一目でわかる。青×カモ柄って合うんだね
2018.08.14
ブランドならではのトートの素材感。これ、大人の選び方
2018.08.14
全身黒? いや足元に「白」。かっこいいとしか言えない!
2018.08.13
カメラをアクセがわりに。アメカジにそれは反則かも?
2018.08.13
上から順に黒白……。このまとめ方、お見事!
2018.08.13
黒系の色ながら表情豊か。バッグが絶妙アクセント
2018.08.13
白の無地Tとミラーサングラスがベストマッチのシンプルスタイル
2018.08.12
オーバーオールを今っぽく。こんなにお洒落でかっこいい!
2018.08.12
ビッグシルエットをメガネで締める。知的に着こなすミリタリー
2018.08.11