37.5歳から旅立つ、マネークエスト Vol.4
2018.06.02
LIFE STYLE

マネーRPGの攻略術!運用効率をさらに高める、ふたつのしくみ

37.5歳から旅立つ、マネークエスト Vol.4
誰が言ったか知らないが「人生はゲームみたいなものだ」という名言がある。確かに、人生なんて、リアルなRPGみたいなものかもしれない。実際、RPGも人生も、お金は大事だし……。この連載では、人生に困らないだけの「お金」を手にする方法を身につけるためにクリアしなければいけないミッションを「マネーRPG」と命名。マネー賢者の元へと修行に赴き、お金に困らないためのスキルを身につけていく。37.5歳、まだまだ遅くない。いざ、旅立ちのとき!

「37.5歳から旅立つ、マネークエスト」をはじめから読む

貯蓄の次なるステップは「お金に働いてもらうこと」。前回は、初心者が投資を行う時の第一選択として、安定的に利益を上げるための必要条件、①分散投資、②低コスト、③積立、④長期投資を備えた「投資信託」について、マネー賢者・ファイナンシャルプランナーのカンさんに教えてもらった。

十分強力な武器を得たように思ったが、この武器を使うなら、魔法の呪文よろしく、「さらに効率よくお金を殖やすための仕組みを知っておくべき」だとカンさんは言う。そう、今回のミッション4は「資産運用時にさらに得するための方法」についてだ。

 

「iDeCo」と「積立NISA」を利用して節税

カンさんによると、「③の積立と④の長期投資をやるにあたり、ぜひ活用したいテクニックがある」とのこと。それが、ミッション2で触れた「iDeCo」。そして、これから解説する「NISA」「積立NISA」だ。

「iDeCo」とは、私的年金である「個人型確定拠出年金」のこと。年間に決まった額で自らが選んだ投資商品を購入し、将来受け取る年金は控除の対象となる。ミッション2では「iDeCo」を活用した積立定期預金をオススメされたが、マネーRPGのレベルが上がったら、積立投資信託の購入を視野に入れたほうがいいという。

「積み立てた掛金は、全額が所得控除の対象となり、所得税と住民税が軽減されることは、ミッション2でも説明しました。積立投資信託の場合、これに加えて積立期間中の運用益や分配金が非課税になります。ただし、60歳までお金を引き出せないことは覚えておきましょう」とカンさん。

「NISA」は、少額投資非課税制度の愛称。「NISA」では年間120万円まで株や投資信託などの金融商品を最長5年まで購入可能。この間、利益や分配金に税金が掛からなくなる。積立だけでなく、120万円分の投資信託を一括購入することもできる。普通に投資信託を購入すれば、利益や分配金には約20%の税金がかかるので、かなりお得だ。

さらにカンさんがオススメするのが「積立NISA」。

「積立NISAは、購入できる金額は年間40万円までと少額ですが、非課税期間は20年間と長いので長期投資に向いています。もちろん、途中で解約も可能です。ただし、NISAと違って、積立でしか購入ができません。購入できる金融商品は、金融庁が定めた条件をクリアした投資信託のみなので、初心者には安心材料になるでしょう」。

ちなみに、「NISA」と「積立NISA」は選択制なので、どちらかしか選ぶことができない。長期での資産運用を考えているなら、「積立NISA」のほうがオススメだ。

NEXT PAGE /

40歳から夫婦ふたりで資産運用、65歳で5000万円!?

銀行の積立定期預金、iDeCo、積立NISAと、さまざまなマネーツールが出てきたが、いったいどうやって使いこなすべきなのか。カンさんは「すべてを活用すればいい」と語る。

「例えば、手取り30万円の25%を貯蓄・資産運用に回すとしたら、その金額は7万5000円になります。銀行の積立定期預金には2万円。iDeCoには企業年金制度がない会社員が投資できる上限金額の2万3000円。残り3万2000円は積立NISAでいいのではないでしょうか」。

ちなみに、積立定期預金以外の5万5000万円には、複利効果(ミッション3参照)が期待できる。月5万5000円を年利3%の複利で20年間積み立てると約1773万円。これに月2万円、20年間の積立定期預金の480万円を加えると約2253万円となる。夫婦2人なら約4500万円だ。20年という数字は「積立NISA」の非課税期間をもとにしたもの。もし、40〜65歳の25年間なら5000万円を超える。

30代後半のマネー初心者でも、貯蓄を仕組み化して、iDeCoや積立NISAなどを活用して投資信託で運用すれば、定年までにかなりの額を貯められることがわかった。これならば、どうにかマネーRPGもクリアできそうだ。しかし、まだまだ、マネーの旅は終わらない。ミッション5では、さらなる金融商品の制覇に出かけよう。

【今回のマネー賢者】
カン・チュンド
晋陽FPオフィス代表。資産運用に特化したコンサルティングを手がける。自所セミナー回数は200回を超え、東京証券取引所、野村證券、松井証券、SBI証券など多数の講演実績を持つ。日本経済新聞、週刊ダイヤモンドなどへのメディア出演も多数。著書に「毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術」(明日香出版社)など。

コージー林田=取材・文

# マネークエスト# 投資# 運用
更に読み込む