オトーチャンのドコイコ手帖 Vol.3
2018.05.31
LEISURE

巨大公園にある日本一大きなトランポリンで雲に乗った気分になる!

次の週末、どこ行く? 何する? 子供からの質問に、そこのオトーチャン、どう答える? 答えに窮するのならばこの連載を参考に。オトーチャンの面目躍如にひと役立ちます、日本全国アソビ場レビュー。どこに行くか、まずは3つの見出しから探してみて!

☑「跳ねる」というより「飛ぶ」感覚のエアトランポリン
☑公園の面積は東京ドーム65個分。野生の動物にも会えるかも?
☑さらにBBQもアスレチックもサイクリングも楽しめる!


国営武蔵丘陵森林公園
住所:埼玉県比企郡滑川町山田1920
電話番号:0493-57-2111
開園:9:30~17:00
年末年始休園(12月31日、1月1日)
www.shinrinkoen.jp/


 

丘を整備して造られた、自然豊かな巨大公園

国営武蔵丘陵森林公園は、東京ドーム約65個分もの敷地を持つ日本初の国営公園。埼玉県の丘陵地を整備して造られた公園内には、50種類のカラフルな遊具で遊べる「キッズドーム」や、約6000㎡の広さを持つ「ドッグラン」など、たくさんの屋外レクリエーション施設のほか、バーベキューやサイクリングも楽しめるスポットになっている。

広大な公園内には、季節の花や虫はもちろん、ウサギやタヌキなど、さまざまな動植物が生息しているので、首都圏でも自然を感じられる場所なのだ。そんな遊び場や鑑賞スポットがたくさんある国営武蔵丘陵森林公園のなかから、今の時季に特にオススメしたい3つの人気エリアをご紹介!

雲に乗った気分になれる、日本一デカいエアトランポリン!

まずはこの公園最大の目玉である「ぽんぽこマウンテン」。約1000㎡の山すべてがエアトランポリンになっていて、そのサイズは日本一。テニスコート4面分がすべてトランポリンだと考えれば、その大きさがわかるはず。

この巨大な遊具なら、子供が思いっきり身体を動かせて大はしゃぎ間違いなし。この広さなら、たくさんの人で賑わっていても思う存分楽しめる。

エアトランポリンは空気で動く仕組みになっているので、バネで動く一般的なトランポリンとはまた違った感覚で遊ぶことができる。

真っ白なトランポリンはまるで雲のよう。雲に乗った気分で、家族と一緒に空高くジャンプ! 隣には小さい子供用のトランポリンもあるので安心だ。大人も遊べるが、混雑時は入場制限がかかることもあるのでご注意を。子供の遊びに付き合っているうちに、自分の運動不足も解消できるかも?

ぽんぽこマウンテン内へのカメラの持ち込みは禁止なので、少し離れたところから撮影しよう。

 

木製の遊具で雑木林を元気に冒険!

外に出るのが楽しくなり過ごしやすくなった今の陽気には、一周約1時間のアスレチックコースがオススメ。雑木林の地形を活かしたコース内には全24種類の木製遊具があり、ブランコや滑り台などスタンダードなものから、「ターザンかっしゃ」などアスレチックならではの遊具も。子供から大人まで楽しめるので、家族で一緒に挑戦してみたい。

 

子供はじゃぶじゃぶ、大人はのんびり? 暑さ吹き飛ぶ水遊び場

今日は暑い! なんて日は、冒険コースに隣接する巨大な「じゃぶじゃぶ池」で水遊び。水深は5~30cmと浅めなので、小さな子供も安心だ。周りには樹木があり、子供たちが遊んでいる間は、大人は日陰でゆっくりできるのもうれしいところ。といっても、結局は一緒に遊ぶことになりそうだけど……。オープン期間は例年4月下旬〜9月中旬。

ぜひ、アクティブに遊びたい休日の候補に入れてみて。

POW-DER=文

# ドコイコ手帖# 休日# 公園# 遊び場
更に読み込む