https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0518-4/

熊谷隆志さんの最新プランツ・ハンティングで向かった先とその成果

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタイリストとしてだけでなくさまざまな分野で活躍し、オーシャンズ世代の先頭を突っ走る熊谷隆志さん。そんな彼が10年ほど前からハマっているのが植物だ。

今回は、熊谷さんが「植物の先生」と呼ぶある人のもとへと向かった。

「熊谷隆志のお洒落で悪いか!」を最初から読む

やめられない、とまらない、プランツ・トーク!

植物にハマった10年ほど前から親しくしているフルヤプランツの小川聡さん。横浜にある広大なファーム、フルヤプランツには、好奇心が強い彼が見つけたさまざまな植物たちが元気に生育している。それらに囲まれながら、ふたりの植物トークがスタート。

フルヤプランツのオフィスがあるエリアには温室があり、エアプランツなども。その隣にはまもなくアトリエが竣工する予定。この日、数ある植物の中から購入したのは、ワイルドオリーブ。そして折れていたミモザの枝をちゃっかりいただいて帰りました。
右が小川聡くん。ネサーンスやウィンダンシーもさりげなく着こなしてくれるお洒落な男です。

熊谷 僕は植栽の仕事もしているけれどプロではないから、何かあると小川くんに相談するよね。

小川 海外で面白い植物を見つけると写真を送ってくれますよね。

熊谷 するとすぐに種を取り寄せて育て始めたりする。僕がカリフォルニアからペッパーツリーの写真を送ったら、すぐに買い付けていたしね。そういうところがフレキシブルでいい。

小川 僕も日々、植物を探しているんですが、いいなと思うものが熊谷さんとリンクすると確信が持てるんです。

熊谷 小川くんは、世の中のクリエイターが今どんなものを好むか的確に捉えているよね。褒めすぎかな?(笑)

小川 植物でも何でも、熊谷さんはセンスがいいから勉強になります。熊谷さん、いろいろな植物流行らせましたよね。オーストラリア植物とか。

熊谷 初めて紹介したのは10年くらい前だけど、ようやく最近、一般的になった気がする。

小川 今の流れは、熊谷さんが植物に興味を持ち始めた頃に予言したとおり。

熊谷 植物の流行ってアートやファッションと似ていて、大きなブームが来ると同時にパンクも生まれる。オーストラリア植物に対しての宿根草とか。そういう話が小川くんとはできる。

小川 いつか一緒に植物探しの旅に行きたいですね。スペインとか。

熊谷 いいね。イギリスとかオランダにも行きたいね。プランツ・ハンティングは夢が広がるね。


熊谷さんが気になった個性派プランツがこちら!

「今気になっている」というプランツを紹介。どれもが個性的で、楽しくもかわいいルックスを備えたものばかり。
※このページに掲載されている植物のお問い合わせ先はすべてフルヤプランツまで。

サボテン

実は多肉植物にはあまり興味がないのだが、サボテンは例外で好き。


アロウカリア アロウカーナ

「モンキーパズル」とも呼ばれる。このくらいの大きさだとベンツ1台分くらいかなあ。


メラレウカ スノーインサマー

オーストラリアで初めて見たときに感動した植物。


ミモザ

こんなに巨大なミモザも、日本ではなかなかお目にかかれません。



オモリカトウヒ ブルーンズ

暴れん坊のクリスマスツリー。針葉樹っていいよね。18万円


サイカス デパオエンシス

沖縄とか東南アジアに生えている植物。フォルムがきれい。15万円


ロドコマ カペンシス

南アフリカの植物。アジアにはない独特なフォルムで植栽のアクセントにもなる。6万円


ワイルドオリーブ

地中海沿いに生えているオリーブの原種。これ、今回買って帰りました。5万円


カナダトウヒ ペンジュラ

僕は「シザーハンズ」、小川くんは「怪獣系」と呼んでいるクリスマスツリーの仲間。10万円


岩石サボテン

何ともいえないユニークなフォルム。多肉植物好きにおすすめです。1万4000円


ユッカ リギダ

メキシコの植物。玄関の横とかに植えると格好良いです。50万円


ブラジルバンブー

南米原産の竹。日本の竹より細くて絵になります。4万5000円


コロラドモミ

葉がシルバーブルーで、触ると柑橘系のいい香りがする。12万円


レプトスペルマム カッパーグロー

葉が赤くなるタイプのティーツリー。窓から見えるところに植えると気持ちがいい。3万5000円


アガベ フェロックス バリエガータ

地面に植えると3mくらいになる超大型の植物。35万円


1万2000坪の敷地にひしめく多彩な植物たち

東京から30分。横浜の市街地にあるフルヤプランツは、低木植物や多肉から大木まで、1000種類以上もの植物が揃うパラダイス。植物の生産、卸、輸出入のほか、ガーデンアクセサリーの販売やガーデンデザインのコンサルティングも手掛けており、植物のことで迷ったらぜひ。

フルヤプランツ
住所:神奈川県横浜市神奈川区菅田町666-4
営業:一般客は第3土曜10:00〜16:00のみ 日曜・祝日定休
www.furuya-plants.com

植物と触れ合うだけで、日常が豊かになる。今回、熊谷さんが紹介してくれたさまざまな植物を見て、きっと欲しくなった人もいるはず。せひ時間のあるときにフルヤプランツへ!


熊谷隆志(くまがいたかし)
1970年生まれ。渡仏し、’94年スタイリストとして活動開始。’98年以降はフォトグラファーとしても活躍。東京・原宿にあるセレクトショップCPCMのディレクターを務め、ファッションからクラフト、ワークショップなどのモノ・コトを通して、本質的なウェルビーイングを提案している。東京・駒沢ではパーソナルショップ、ウィンダンシーを運営。また、グリーンライフにも造詣が深く、趣味はサーフィン。


熊谷隆志=写真 町田あゆみ=文・編集

このエントリーをはてなブックマークに追加
デザイン&メンテ性が抜群!プロ推薦の“男の多肉植物”とは?
2017.09.28 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
自分だけの”小さなオアシス”作り。多肉植物プランテーション入門
2017.09.27 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
「テンカラ」で始まる、熊谷隆志さんの洒落た“釣りバカ日誌”
2018.01.12 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
40男の一人旅。熊谷隆志、「死の谷」と呼ばれるアメリカ・デスバレーへ
2018.03.12 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
ヘビロテできる!着回しできる!期待に応える服。応えない服。
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21