https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0120-6-2/

ダジャレも出オチもあり⁉︎ 関西ローカルのプロダクトは“むちゃオモロい”

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本全国、津々浦々。多士済々な47都道府県から発信されるさまざまなグッドプロダクト。ローカルの個性を活かしたとびきりセンスの光るアイテムをオーシャンズがセレクトした“オールジャパン”カタログは、1月24日(水)発売の「オーシャンズ」3月号の特集だ。
ここでは、本誌に先駆けてその内容をお届け。8回連載の第5回は【関西版】!

>47都道府県のグッドアイテムカタログ一覧はコチラ


【滋賀】生まれるのは琵琶湖ほどに大きなアイデア!

有名ブランドの製造所や研究所が多い滋賀県。例えばサントリーのウイスキー醸造所や、高級基礎化粧品ブランド「SK-Ⅱ」の工場など。これらが集まる理由は、きれいな水資源や環境があることに加え、雄大な自然が想像力を豊かにしてくれるから? それを証明するいい服、発見!

「ナンガ」のダウンジャケット

伊吹山の麓、米原市で創業70年を超える「羽毛商品」メーカーの高機能ダウン。アウトドアギアの製作を礎に、昨今はファッションウェアも展開。デザインがとびきり都会的なこんなやつも、ナンガクオリティなのだ。 3万5500円/ナンガ 0749-55-1016


「ビワコットン」のTシャツ

ネーミングからして滋賀感満点のカットソーブランド。江戸時代から続くステテコ製造の技術を用いてTシャツ生地を開発。天然コットン100%で風通しも良く、シャリっとした肌触りでストレッチ感も兼備。 4900円/カイタックファミリー 03-5722-3681


【京都】揺るぎないスタイルには新しもの好きの側面も

1000年以上も日本の首都だったゆえ、歴史や伝統が一番のプライオリティ!? 目新しいものに「おいでやす」的な先進性も見せるが、そこには京都アイデンティティがいつだって健在。「スターバックス」だって、世界で初めて入り口にのれんを掛けたり、畳敷きの家屋にしちゃうぐらいだからね。

「レインメーカー」のコート

1688年創業の西陣織の老舗「細尾」の生地を使用したバルカラーコート。大胆なテキスタイル使いは、トップモードブランドも顔負けのクリエイション。舶来物に飽きた洋服好き諸君、どうだねこいつは?  21万8800円/レインメーカー 075-708-2280


「ジョジョ」のゴム草履

京都・祗園で履物をつくり続ける「ない藤」が、伝統技術を駆使してつくったモダンな草履。花緒には足先の角度に合わせて変形する特殊なゴムを使用し、長時間履いても疲れにくい快適なフィット感を実現。 2万3000円〜/祗園ない藤 075-541-7110


【奈良】ゆったりマイペースに進む、悠久の地

古代日本の豊かな文化の名残りがある奈良には、古寺や遺跡が多く、国宝とされている建造物数は日本最多。悠久の時を感じさせる土地では、現代も静かな時間がゆったりと流れていくため、住む人々の性質ものんびり。鹿は多いけれど人間は少なく、落ち着いた雰囲気が魅力。

「デナリ」のあぐら椅子

畳職人の技術による、柔らかい八代い草を使ったあぐら椅子。あぐらをかくときや正座で足がしびれやすかったり、猫背が気になる人にオススメ。腰枕や肘置きに使ってもいい、使う人の暮らしに寄り添ってくれる良品だ。4500円/デナリ 0745-43-8774


「ロトト」のソックス

全国一の靴下の産地、奈良県広陵町でつくられる、驚くほど上質なソックス。こだわりの編み機と糸、そして何より重要な編み立て職人が丁寧に紡ぐソックスは、一生買い替え続けたくなる消耗品なのだ。 [右]2100円、[左]2000円/ジャーミネイション 06-6585-9660


【大阪】「タイム・イズ・マネー」だけど休みも必要なわけで

とにかく“せっかち”といわれる大阪人。そのおかげで、スーパーマーケット、駅の自動改札機、硬貨一括投入式券売機、列車接近表示システム……などが世の中に誕生したというから、ありがたいのではあるけれど。彼らの完全スイッチオフはぐっすり眠っているときだけ、ということで。

「りころ」のしみ抜きキット

つまみ洗いする時間がもったいない!! いざという場面でささっと汚れを落としたい! というせっかちさん必携のキット。食べこぼし汚れ用、メイク・油汚れ用、血液の汚れ用、ドイツ製天然豚毛ブラシがセットに。 3500円/木村石鹸工業 0120-117-883


「ヘルス」のうでまくら

思わずこれを抱えて「なんでやねん」とツッコミを入れたい衝動に駆られるダジャレ感満点の雑貨。アンゴラウール生地製のこいつは、長さ85cmで抱き枕やクッションとして使えて、寝心地&包容力抜群なのだ。 1万5000円/セイン 03-6421-7463


【和歌山】海外からの移住や自営業が多い勇者の地

山地には世界遺産の高野山や熊野三山が、太平洋側にはビーチリゾートの白浜があり、海に山にカルチャーが生きる旅の穴場スポット。ビール醸造所「ボイジャー ブルーイング」や倉庫カフェ「ラブラックカフェ」など、若手による個性派クリエイティブで海岸線が楽しくなってきた!

「ループウィラー」のスウェットシャツ

和歌山で今も稼働する、200台の貴重な吊り編み機を使って編まれるスウェット。コンピュータ制御された機械で編むよりも、温もりがあって柔らかく、風合いが長持ちするというさまざまな魅力が。 1万6200円/ループウィラー 千駄ヶ谷 03-5414-2350


「山利」×「スタンダードカリフォルニア」のTシャツ

160年以上続く、窯あげしらすの山利が、東京・恵比寿の人気店に別注したTシャツ。背中のシャレたメッセージがしらすへの溢れる想いを物語っているじゃないか。ちなみに山利のしらすはふわふわで極上の旨さ! 6300円/山利 www.shop-yamari.info


【兵庫】西洋文化を見て育ったハイカラ気質は今もなお

幕末の開港から西洋文化の道をひた走り、それが学校教育にも浸透する神戸。例えば神戸市内の96%の学校が校舎内でも土足だとか。上履きがないことも、ゴルフと映画が日本で最初に上陸した場所であることも、市民は幼少期からハイカラ気質なため、特別に思っていない。

「ダディ」の姫路レザーベルト

老舗の革小物製造メーカー、三竹産業のオリジナルブランド「ダディ」が、日本最大の皮革産地、兵庫・姫路市のタンナーと共同開発。粗野なルックスは、経年変化の楽しみとデニムスタイルの格上げを約束する。 8800円/アナックショップ 03-3845-5287


「マスリョーシカ」の枡セット

鏡開きに使われる「こも樽」をつくる岸本吉二商店は、オリジナルの枡も人気。大中小のサイズが重なる仕組みで、その名も「マスリョーシカ」。日の出から日の入りまでをデザインした焼印も楽しい。 2200円[3個セット]/岸本吉二商店 06-6421-4454

このエントリーをはてなブックマークに追加
関西でしか買えないスゴイ服 〜OCEANS WEST AtoZ〜
2018.01.28
これは欲しい! 九州と沖縄のユニークなデザインプロダクツ
2018.01.23
“知ってるつもり”の四国を深掘りしたら、ザクザク出てきた新銘品!
2018.01.22
イチロー愛用品から極上デニムまで眠る中国エリアで掘ったグッドプロダクト
2018.01.21
この夏、試したい! こなれた印象をつくる”Tシャツまくり”
2018.06.11
カラー合わせの”爽やか巻き”。品良くまとめたマリンスタイル
2018.06.09
夏の主役にふさわしいのは、”大胆&技あり”のこんなボーダー
2018.06.07
ガバッ!解放的なジップ全開放。あえての適当さも夏らしい。
2018.06.05
嫌みのないシンプル&カジュアルなブラックスタイル
2018.06.03
モノトーンに白Tをチラ見せして、印象にメリハリを
2018.06.01
Tシャツ以上シャツ未満。ヘンリーネックをさらりと
2018.05.29
オーバーサイズと太パンツ。軽やかに旬の着こなし
2018.05.27
ストライプを大人カジュアルに。黒ショーツでシックにキメる
2018.05.25
ニットを羽織る。ユルさを適度に引き締めるこんなテク
2018.05.25
グリーンアロハとチノパンの好相性。Tシャツをインして落ち着きをプラス
2018.05.23
アウター代わりのビッグサイズのシャツ。黒ローファーで引き締めて
2018.05.21