https://oceans.tokyo.jp/lifestyle/2018-0112-3/

「テンカラ」で始まる、熊谷隆志さんの洒落た“釣りバカ日誌”

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタイリストとしてだけでなくさまざまな分野で活躍し、オーシャンズ世代の先頭を突っ走る熊谷隆志さん。今回彼が訪れたのは、北海道・旭川。お目当ては、伝統的なジャパニーズ・フライフィッシング「テンカラ」である。

「熊谷隆志のお洒落で悪いか!」を最初から読む

男のロマンが詰まった「テンカラ」の美学とは?

テンカラをこよなく愛するネペンテスのチームに同行したのは、今回で2回目。
厳寒の旭川で、熊谷さんは1日10時間、竿を投げ続けた。

右からネペンテス代表の清水慶三さん、「サウス2 ウエスト8」ディレクター永岡要さん、スタイリスト岡部文彦さん、熊谷さん、ネペンテスのクリエイティブ・ディレクター青柳徳郎さん。

「テンカラは餌を使わず、毛鉤を水面に落として魚を釣ります。ニジマス、ヤマメ、イワナ……。初心者の僕がうわー、美味しそうーと言ったらみんなドン引き。彼らは釣った魚をそっと水に戻し、しばらく呼吸させてから放流するんです。まるで救急隊員のように、丁寧に、プロフェッショナルに。40〜50代の屈強な男たちが、太い指で器用に毛鉤を巻き、美しいキャストで黙々と魚を釣る。しばらくすると次のスポットへ向かって無言で歩く。とにかくすべてがクール。これぞ男のロマン! とシビれましたね」。

はたして4日間で熊谷さんの釣果は……たったの3匹。しかし最後に30㎝強の大物を釣りあげたときには、感動して涙がこぼれたとか。

旭川では15カ所くらいのポイントを移動。ランチにラーメンを食べる以外は、朝から日が暮れるまで魚を釣る。
ファッション界のレジェンドである清水さんは、熊谷さんにとっても憧れの大人。4日間一緒に釣りをしながらいろいろな話が聞けて、本当にうれしかった。といってもファッションの話ではなく、ほとんど釣りと酒の話だけど(笑)。

熊谷さんの釣果。その全記録
シンプルだけど奥深い「テンカラ」の魅力に触れ、虜になった熊谷さん。今回の戦績は3匹。ただ、最後に感涙のドラマが!

[1st Fish]

初日に釣った1尾目。よ〜く見てくださいね(笑)。


[2nd Fish]

2尾目は「あ、来る!」と感じてシュッと引いてスパーンと釣れた。爽快!


[3rd Fish]

最終日に釣れた30.5㎝のニジマス。こう見えて頰に涙がつたっています。

ロマン溢れる「テンカラ」にはこんなアイテムがおすすめ!

ネペンテスが展開するブランド「サウス2 ウエスト8」。その根底にあるクラシックなヘビーデューティー&アイビー精神は、テンカラをはじめとするアウトドアアイテムにも存分に反映されている。機能が優れているだけでなくファッションアイテムとしても存在感たっぷりだ。


ベスト

3万2000円/サウス2 ウエスト8  011-280-7577

釣竿が2本収納可能なロッドホルダーやポケットが充実したテンカラベスト。


ランディングネット

3万3000円/サウス2 ウエスト8  011-280-7577

「ワイズカスタム」とコラボしたハンドメイド。タイダイの美しい色に注目。


パーカ

4万3000円/サウス2 ウエスト8  011-280-7577

フードと袖が着脱可能なテンカラパーカは、立体ポケットにより収納力も抜群。


ロッド

3万9000円/サウス2 ウエスト8  011-280-7577

老舗釣竿メーカー、櫻井釣漁具とコラボしたテンカラロッド“金剛”3.6m。まさに伝統の美術工芸的ロッド。


ブーツ

3万7400円/コーカーズ(サウス2 ウエスト8  011-280-7577)

釣りのための機能とスタイリッシュなデザインを両立させたハッチバック ウェーディングブーツ。川の状況に応じてソール交換が可能。

[ショップデータ]
South2 West8
住所:北海道札幌市中央区南2条西8-2-1
電話番号:011-280-7577
営業時間:11:00〜20:00
www.south2west8.com

熊谷さんの好きな白樺、黙々と釣りをする男たち、そして厳しい寒さに抱かれながら、テンカラにますますハマっていったもようを、釣りバカ日誌的にお届けした今回。最近はすっかりテンカラ・ロスの毎日を過ごしているんだとか。大の大人をここまでのめり込ませるテンカラ。一度経験してみれば、皆さんもハマるかも。


熊谷隆志(くまがいたかし)

1970年生まれ。渡仏し、’94年スタイリストとして活動開始。’98年以降はフォトグラファーとしても活躍。東京・原宿にあるセレクトショップCPCMのディレクターを務め、ファッションからクラフト、ワークショップなどのモノ・コトを通して、本質的なウェルビーイングを提案している。東京・駒沢ではパーソナルショップ、ウィンダンシーを運営。また、グリーンライフにも造詣が深く、趣味はサーフィン。


熊谷隆志=写真

このエントリーをはてなブックマークに追加
いざ、フィッシングデビュー。竿のこと、餌のこと…達人に学ぶ「基本のキ」
2017.09.19 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
サーフィンの次は釣り!? ファッションで海と街はもっと仲良くなる!
2017.08.27 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
一生の悦びを味見する。初心者こそ「海上釣り堀」で開眼すべし!
2017.09.14 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
今年の⽯垣島は「まったり」よりも「思いっきり」が絶対に楽しい!そのワケとは?
2017.04.14 / 熊谷隆志のお洒落で悪いか!
2018年2月号特集
デニムはサイズ感が命!トップスとのバランスが絶妙な好例
2018.01.20
上下デニムをマーシー風に。潮っ気たっぷりのマリンスタイル
2018.01.20
親娘で着られるダメージ&色落ちデニムのお手本コーディネート
2018.01.20
デニムスタイルは、重心を変えれば印象が変わる。
2018.01.20
ニット×デニムのベーシックスタイルを自分らしく着こなすコツ
2018.01.20
キメキメのトップスに抜け感を。パンツをあえて”いなたく”履く
2018.01.19
シルエットにこだわるなら、レディスのパンツという選択肢!
2018.01.19
挑戦したい”Aライン”。ボリューミーなボトムスをトップスで締めて。
2018.01.19
カットオフでチノパンを新鮮に!ソックスをあえて出すのがポイント
2018.01.19
オーバーサイズのパンツ。レングスの仕上げでここまで締まる
2018.01.18
スラックスはあえてのくるぶし丈。統一感のある色使いにセンスが光る
2018.01.18
”チラ見せ”ソックスでセンス良く。BMXブランドへのこだわりも◎
2018.01.18